屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 大和市上草柳にて経年劣化で腐食してしまった貫板の影響で棟板金.....

大和市上草柳にて経年劣化で腐食してしまった貫板の影響で棟板金が飛散、棟板金交換工事が必要です

更新日:2020年6月7日

 大和市上草柳にお住まいのT様よりご相談がございました。とある朝、玄関を出ると屋根の一部と思われる物が落ちているとの事でした。ただし、自宅の物かどうかは目視で分からないので一度屋根点検調査をしてほしいとの事でした。さっそく現地に伺い落ちていた屋根の一部と思われる物は何かを調査致しました。

 

飛散していた棟板金には釘がそのまま残っており危険です

飛散した棟板金

 

 現地に伺いすぐに分かりましたのが写真の「棟板金」です。屋根の雨仕舞として一番高い箇所や、斜めに降っている屋根材同士がぶつかる箇所に設置されている役物となります。素材はガルバリウム鋼板が採用されており、腐食しにくいのですが内部にあります貫板が先に傷んでしまい飛散してしまう事が非常に多いのです。

 貫板は野地板に向けて打ちこまれている下地木です。板金を貫板に被せて釘で側面から打ち込まれています。その釘が今回残ったまま棟板金と一緒に飛散しております。これがもし通行人や近隣のお住まいに飛散してしまっていたらと思うと背筋が凍ります。このような棟板金の飛散は、棟板金自体が錆が酷く回っていない限りは下地である貫板の劣化が原因である事がほとんどです。雨漏りです。では屋根にあがり、見てみる事に致します。

 

見慣れていませんと異常無しと思われるかもしれませんが棟板金が飛散していました

大棟の板金が飛散 テレビアンテナの足にひかっかって残っている板金もありました

 

 屋根に上がりますとすぐに分かりました。まず庭先に落ちていたのはこちらのT様邸の棟板金であること。大棟の板金がありませんでした。築30年以上経っているとの事でしたので何回か化粧スレートへ塗装のメンテナンスをしていたのでしょう、色が違う事が確認できました。しかし、今回飛散した棟板金は塗装でのメンテナンスでは何も変わりません。屋根工事として、ある程度の年数が経過しましたら棟板金は交換する必要がございます。理由は、下地が腐食している事が多いからです。経年で隙間が生まれますとそこから内部へ雨水が入り込み貫板が腐食してしまうのです。

 

片面にしか貫板がありません 下地木の腐食は塗装工事は何の意味もありません

 

 こちらが下地木である貫板を間近で見た様子です。雨水を吸った影響で黒ずんでおり固定する為に打たれている釘の頭も錆が酷く出てしまっております。築年数がある程度経過しますと、立地や環境にもよりますが貫板が腐食している事があります。それは実際に屋根にあがり棟板金が浮いていないか、釘が抜けそうになっていないか確認しなければなりません。今回は飛散してしまったのが自宅の物と分かった為に、T様には棟板金交換工事のご提案をさせて頂きご用命頂きました。

 私達、街の屋根やさんではただ直すのではなくしっかりと何故こうなったのか原因をきちんとお伝えしてご提案をさせて頂いております。屋根工事は専門の街の屋根やさんへ是非おまかせください。

 現在コロナウィルスの影響でご不安な日々を過ごされている方も多いと思われますが、もし自宅が同じような劣化があり修繕が必要とわかっていながら待っているとお住まいが傷むだけです。そのために街の屋根屋さんではできる限り対策を講じお困りになられているお客様宅へお伺いさせて頂いております。詳しくは「新型コロナウィルス対策について」をご覧ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      大和市のその他のブログ

      2021/07/17 大和市福田にて棟板金交換工事に伴い遮熱塗料サーモアイSiで屋根塗装!

       夏は室内の温度が高いため、エアコンを使用する頻度も多くなると思います。テレワークやお家時間が増えた現在では、電気代が掛かりお悩みの方もいらっしゃるでしょう。暑さ対策として、遮熱塗料を使用した屋根塗装を行うのも一つの手です。 大和市福田にお住まいのお客様は棟板金交換工事に伴い、遮熱塗料を使用した屋根...続きを読む

      2020/10/23 大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした

       大和市大和南にお住まいのK様より、最近の台風や強風時だと思うが屋根から木材が落ちて庭先に置いてある。自宅の物かどうかも分からない状態なので一度屋根調査をして、もし自宅の物であれば修理を依頼したいとのご相談を頂きました。 K様邸は築20年以上経過されておりましたが、今までに足場を架けての外装リフォー...続きを読む

      2020/10/8 大和市下鶴間にて強風の影響で経年劣化していた軒樋が破損し庭先に落ちてしまっておりました

       大和市下鶴間にお住まいのN様より、ここ数字の強風で雨樋が壊れて庭に落ちてしまっているので、一度見に来てほしいと点検調査のご依頼がございました。 N様のお住まいは綺麗な青緑瓦が使われている屋根でしたが、今までに屋根に関するメンテナンスは一度もされていないそうです。現地に伺いどの部分が壊れてしまってい...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      大和市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)

      その他の施工事例一覧→

      棟板金交換を行った現場ブログ

      2021/07/25 茅ヶ崎市高田で隅棟の棟板金が飛散し、屋根全体で釘の浮きが発生していました

       茅ヶ崎市高田にお住いのN様は、以前の強風で棟板金が飛ばされてしまったことがきっかけとなり、街の屋根やさんへ補修のお問い合わせを頂きました。棟板金の不具合は雨漏りなどの被害に繋がる可能性がありますので、気がつきましたら早めの補修を検討しなければなりません。まずは棟板金の状態を確認するため、調査へお伺...続きを読む

      2021/07/18 川崎市多摩区菅で下地の劣化によって釘が浮いた棟板金は交換工事が必要です

       川崎市多摩区菅で屋根の調査をおこないました。 お問合せのきっかけは近所で工事をしている業者から『棟板金の釘が抜けているので直ぐに直した方が良い』と言われた事でした。 その業者は屋根に上ってはいませんでしたので、屋根の状況を確認するために梯子を架けて調査していきます。屋根の状態を調べます  スレート...続きを読む

      2021/07/17 大和市福田にて棟板金交換工事に伴い遮熱塗料サーモアイSiで屋根塗装!

       夏は室内の温度が高いため、エアコンを使用する頻度も多くなると思います。テレワークやお家時間が増えた現在では、電気代が掛かりお悩みの方もいらっしゃるでしょう。暑さ対策として、遮熱塗料を使用した屋根塗装を行うのも一つの手です。 大和市福田にお住まいのお客様は棟板金交換工事に伴い、遮熱塗料を使用した屋根...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟板金交換を行った施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      18年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる