屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 大和市深見東にてケラバ破風板が経年劣化により破損、ケイカル板.....

大和市深見東にてケラバ破風板が経年劣化により破損、ケイカル板で補修致しました

更新日:2019年6月26日

大和市深見東にお住まいのS様より、屋根の破風部分が剥がれてしまった事がきっかけで調査の依頼を頂きました。

お伺いし現地で確認すると、剥がれていた破風板は「ケラバ」と呼ばれる部分に設置されていた破風板でした。

ケラバとは、切妻屋根や片流れ屋根などに見られ、外壁から出ている屋根部分の雨樋が設置されていない部分をケラバといいます。

どんな状態か梯子を架けて近くで見ることにします。

 

屋根の雨仕舞とぶるかる為経年劣化で雨水を吸ってしまう事があります

ケラバ部分の破風板が剥がれて下地が雨水を吸っているのが分かります

 

梯子を架けて真横から見たケラバの破損箇所です。剥がれていたのは化粧破風で下地はそのままでしたが雨水を吸っているのか表面が黒ずんでしまっています。

このままですと雨が降ると下地に水が回って内部に侵入し外壁からの雨漏りにもつながってしまうため補修が必要です。

 

バールを使って残っている化粧破風を撤去します

工具を用いて剥がす準備をします まずはケラバに残っている化粧破風板を撤去します

 

今回破損したのは軒先側の一部です。ただ、写真のように残っている箇所はそのまま使えない為に、新たな破風板を設置するところまでバールを使って撤去しておきます。

今回この化粧破風に使われていたのは外壁と同じサイディングが使われていました。化粧破風の上から下地に向かって釘を打ち込んで固定していた為釘も一緒に抜いておきます。

 

ハンマーを使って下地へ新たな破風を設置 新たに設置する破風板はケイカル板を使用。目地にはコーキングを打ちこの後外壁塗装と同様に下塗り、仕上げ二回塗りを行いました

 

下地に新たな化粧破風板を設置している様子です。下地まで変えるほどではなく、まだ釘を打ち込んでも効いてくれましたので、そのまま新しい破風板としてケイカル板をを設置しました。

このあと継ぎ目にはコーキングをし、外壁塗装同様に下塗り、仕上げに二回塗りを致しました。

 

ケラバは日当たり具合の調整や外壁が紫外線や雨水で劣化するのを防いでくれたりと建物には大切な役目を果たしています。

最近デザイン重視でケラバをあまり必要としないような住宅もあります。ケラバの雨仕舞がしっかりとしていなく外壁へ雨だれが発生し黒く筋が出来ているような汚れが目立つお住まいも見かける様になりました。

長くお住まいになるには屋根の造りは重要です。棟や軒、ケラバなどの破損が見られた場合はすぐに補修しませんと先々雨漏りに繋がりますので注意したほうがいいでしょう。

実は今回はケラバも含めての屋根の総点検をさせて頂き、スレート屋根に傷みが多く出ていたため雨漏りする前に屋根カバー工事を行う事となっておりました。

ですので足場があった為に安全に補修ができました。破風板だけの補修にも足場設置は必要です。

屋根に関してのご相談は街の屋根やさんへお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
 多くのお住まいに採用されている化粧スレート屋根材、その特徴や正しいメンテナンス方法を知っているという方も多くなったように見受けられます。スレートに限らず屋根材が劣化もしくは破損することで雨漏りが起きる可能性が非常に高くなりますが、雨漏りを起こす意外な部位として『ケラバ』が挙げられます。&…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。 【動画で…続きを読む
屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法
屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法
 屋根で傷みやすい部分は天を向いている上面ではなく、むしろ側面です。屋根材は基本的に日光に晒されること、雨に打たれること、霜が降りること、雪が降り積もること、暴風に煽られることを想定して設計されています。  屋根の形状によっても違いますが、破風板や鼻隠し、ケラバと呼ばれる部分は雨にも打たれますし、風…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      大和市のその他のブログ

      2020/10/23 大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした

       大和市大和南にお住まいのK様より、最近の台風や強風時だと思うが屋根から木材が落ちて庭先に置いてある。自宅の物かどうかも分からない状態なので一度屋根調査をして、もし自宅の物であれば修理を依頼したいとのご相談を頂きました。 K様邸は築20年以上経過されておりましたが、今までに足場を架けての外装リフォー...続きを読む

      2020/10/8 大和市下鶴間にて強風の影響で経年劣化していた軒樋が破損し庭先に落ちてしまっておりました

       大和市下鶴間にお住まいのN様より、ここ数字の強風で雨樋が壊れて庭に落ちてしまっているので、一度見に来てほしいと点検調査のご依頼がございました。 N様のお住まいは綺麗な青緑瓦が使われている屋根でしたが、今までに屋根に関するメンテナンスは一度もされていないそうです。現地に伺いどの部分が壊れてしまってい...続きを読む

      2020/10/2 大和市福田にて台風シーズンの強風被害、貫板の腐食による棟板金の飛散は棟板金交換工事で備えましょう

       大和市福田にお住まいのM様より「数日前の強風が吹いた日に屋根から板が落ちてきた。屋根の状態が気になるので調査をしてほしい。」と街の屋根やさんへご相談がございました。 さっそく屋根点検調査に訪問させて頂き、お住まいの事をお伺いしていると築25年近く経過しているが外装のリフォームは何もしていないとの事...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      大和市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)

      その他の施工事例一覧→

      屋根補修工事を行った現場ブログ

      2021/04/22 横浜市港北区大倉山にて強風の影響でポリカ波板が割れて飛散、飛散しなかった部分も固定が緩くなっている時は全部交換しておきましょう

       横浜市港北区大倉山にお住まいのS様より、庭ある庇のポリカ波板が強風の影響でいつのまにか数枚なくなってしまっていた。中古で購入した時からあった為に何年経っているか不明な為に一度点検調査をして必要な工事が何かを教えてほしいとご相談を頂きました。 お住まいの築年数は30年近く経過しているとの事でしたが、...続きを読む

      2021/04/7 横浜市港南区下永谷でスレート屋根の調査、板金が外れてスレートが破損しておりました

       スレートは割れる屋根材です。スレートを長持ちさせるためには、定期的に塗装でのメンテナンスが必要になります。横浜市港南区下永谷にお住いになられているI様より「家の屋根が破損した」とお困りのご相談がございました。メンテナンスを行うタイミングが遅れると、より不具合が起こりやすくなります。実際にスレート屋...続きを読む

      2021/04/2 高座郡寒川町岡田にて令和元年房総半島台風で棟瓦が倒壊し、平部の瓦も破損していました

       台風などの自然災害でお住まいが破損してしまった場合には、素早く応急処置を行い、その後適切な補修工事を行う事が大切です。応急処置は、被害の拡大化や二次災害を防ぐことが出来ますので、必ず行うようにしましょう。 高座郡寒川町岡田にお住まいのお客様邸は、令和元年房総半島台風による被害を受けてしまったようで...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根補修工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS
      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      26年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる