屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/17更新】

  台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

HOME > 支店長ブログ

支店長ブログ

2018/09/30 横浜市港南区で銅製雨樋の破損を調査、銅や金属製の雨樋もお任せ下さい
横浜市港南区で銅製雨樋の破損を調査、銅や金属製の雨樋もお任せ下さい

   硬質塩ビ製の雨樋が主流となっている昨今ですが、和風な建物にお似合いの銅製雨樋もまだまだ需要はあります。アルミ製やステンレス製の雨樋もありますが、和風な建物にはやっぱり銅製雨樋がお似合いです。銅製雨樋のデザインや形状が、和風な建物に良く似合うように造られているということも理由の一つです。横浜市港南区Y様のお宅より「金属の雨樋が破損してしまい困っている」とのお悩みのご相談がありまし...続きを読む

2018/09/29 横浜市旭区にて築40年の瓦屋根、その漆喰(しっくい)の劣化を調査
横浜市旭区にて築40年の瓦屋根、その漆喰(しっくい)の劣化を調査

   過去に漆喰のお手入れをした記憶があまりないという横浜市旭区のお宅で、先日下野(げや)の熨斗(のし)瓦が道路に落ちてしまったとの事がきっかけで、全体的に屋根の瓦の調査をしてほしいとのご依頼を受けましたので、調査に参りました。 漆喰は瓦と瓦を繋ぎとめる役目を担っておりますが、何も手をかけずにずっといられるかというとそうではありません。寒暖差や日光、紫外線、雨風などあらゆる環境...続きを読む

2018/09/28 横浜市戸塚区の雨漏り調査、原因であるトップライトは交換も撤去処分も可能です
横浜市戸塚区の雨漏り調査、原因であるトップライトは交換も撤去処分も可能です

   「強く雨が降った日に雨漏りしてくる」とお悩みのご相談がありましたのは、横浜市戸塚区T様のお宅からでした。強い雨が降るとかなりの数量が漏ってくるとのことでしたので、ご相談がありましてからすぐにお伺いいたしました。雨漏りが発生している2階のお部屋に通していただくと、雨漏りの原因となってるのは、お部屋の天井にあるトップライトであることが分かりました。明り取りや天窓とも呼ばれるトップラ...続きを読む

2018/09/28 横浜市緑区にて瓦の補修と漆喰(しっくい)の詰め直し工事を行いました
横浜市緑区にて瓦の補修と漆喰(しっくい)の詰め直し工事を行いました

   本日は横浜市緑区のK様宅より、屋根瓦の漆喰(しっくい)補修工事の様子をお伝えいたします。K様宅は築38年の瓦屋根にございます。今回、たまたま近くで工事を行っていたと言う業者さんより、瓦の棟のズレの指摘を受けた事をきっかけに屋根の点検を行っておりました。調査の結果は、指摘をされていた棟のズレなどの異状は特に見受けられず、築年数や下地の状況を考慮に入れるのであれば、屋根全体の改修を...続きを読む

2018/09/26 横浜市西区で屋根調査、台風の時期はベランダやバルコニーの屋根が飛ばされます
横浜市西区で屋根調査、台風の時期はベランダやバルコニーの屋根が飛ばされます

   台風の時期は、何かと屋根に関わる被害が後を絶ちません。特に飛散や倒壊などの屋根から下へ落下する危険性の伴う現象が起こります。ご自宅の屋根も起こりますが、ベランダやバルコニー、駐車場といった造り付けの屋根材も被害にあうことがあります。横浜市西区K様より、「3階のベランダ屋根波板が1部飛散しバタバタしている。」とのお困りのご相談がありましたので、すぐにお伺いいたしました。ベランダや...続きを読む

2018/09/24 横浜市青葉区でニチハパミール調査をし、屋根カバー工法のご提案
横浜市青葉区でニチハパミール調査をし、屋根カバー工法のご提案

   本日はニチハのパミールという屋根材に起きる不具合がどのようなものか、お伝えしようと思います。 こちらは築16年目の屋根の調査のご依頼で上がった時の様子です。上がるまではパミールとは知らずにいました。 【これがミルフィーユ現象】 ごらんのように屋根材がぱりぱりになっており、フランス菓子のミルフィーユのように層が出来てしまっています。 こちらのパミールは19...続きを読む

2018/09/24 横浜市戸塚区にて築30年の屋根調査、これまでの屋根材を活かして屋根カバー工事のご提案
横浜市戸塚区にて築30年の屋根調査、これまでの屋根材を活かして屋根カバー工事のご提案

   本日は横浜市戸塚区O様宅より、屋根の調査のご依頼をいただき伺ってまいりました。O様宅は築30年、5年前に中古で購入された建物になります。購入当時は外壁のメンテナンスは済んでいる事は確認していたそうですが、屋根に関してはいつ頃にメンテナンスが行われたのかはっきりしない状況だったそうです。今回はその屋根についての点検調査のご依頼になります。 「平屋建てのシンプルな切妻屋根」 ...続きを読む

2018/09/23 横浜市神奈川区の現場では棟板金が飛散し二次被害が起きる前にビスで補強
横浜市神奈川区の現場では棟板金が飛散し二次被害が起きる前にビスで補強

   本日は神奈川区S様宅の現場より、工事依頼を頂く前の現場調査時に分かっていた棟板金の浮きを解消すべく、ビスで補強致しましたので、その様子をご紹介いたします。 【板金の捲れや飛散の様子】 こちらは経年で板金も含め屋根全体が傷んでいた今回ご紹介する現場とは別のお宅ですが、台風被害によりこのように棟板金が捲れて裏返っています。 固定するための釘が抜けかかって浮いていた...続きを読む

2018/09/23 横須賀市で棟板金の調査依頼、飛散してると言われた棟板金は問題なし
横須賀市で棟板金の調査依頼、飛散してると言われた棟板金は問題なし

   本日は横須賀市にお住いのW様よりご相談、「ほかの業者さんから棟板金が飛散して下地が見えてる状態なので、すぐに工事を行わないと雨漏りしてしまいます。」との指摘を受けたそうです。しかし屋根には上らず遠目から眺めて説明をされただけで、信憑性に欠けることもあり、改めて調査の依頼を下さったとの事です。実際に現地で説明を受けたという場所から屋根を眺めてみると、棟部分の一部が下がってる様に見...続きを読む

2018/09/22 横浜市都筑区で屋根の棟板金が道路に落下、よくみたら自宅のものだったので調査を依頼
横浜市都筑区で屋根の棟板金が道路に落下、よくみたら自宅のものだったので調査を依頼

   本日は先日の台風21号が過ぎ去った後に自宅前の道路になにやら板が落ちているなぁと思いよくよく屋根を見てみると、うちのじゃないか?と屋根の状態が不安になり調査のご依頼を頂きましたので、その時の様子をお伝えいたします。 今回は特に波板ポリカや棟板金の飛散のお問合せが非常に多く、お困りになられた方が多いと思います。 さっそく調査です。 【まさかウチの棟板金だとは・・・】...続きを読む

2018/09/22 横浜市金沢区で屋根の棟板金を調査、台風の被災は火災保険が適用できます
横浜市金沢区で屋根の棟板金を調査、台風の被災は火災保険が適用できます

   本日は横浜市金沢区にお住いのU様宅より、「先月の台風の影響で棟板金が外れ、屋根にぶら下がっている状況なので処置をしてほしい」とのご相談をいただきました。自然災害(風害・雪害・雹害など)で建物に被害が生じた際、事前に火災保険などに加入している場合は、修理に関して保険を適用することができます。しかし、経年での劣化が原因と判断される場合などは適用外になるケースもございますので、まずは...続きを読む

2018/09/21 川崎市麻生区で築11年目の屋根調査、太陽光パネル周りのスレート材のひび割れが発覚
川崎市麻生区で築11年目の屋根調査、太陽光パネル周りのスレート材のひび割れが発覚

   本日は川崎市麻生区K様宅で行いました屋根の点検調査の様子をお伝えいたします。K様宅は築11年、近隣で同じ時期に建てられた建物のメンテナンスが行われていることに気付き、ご自信の建物でも全体的なメンテナンスを行う時期と感じたそうです。雨漏りなど、特に不具合は感じないものの、屋根に関しては上ることも出来ませんので、11年間ノーメンテナンスの現状は気になるとの事です。 「築11年...続きを読む

2018/09/17 横浜市戸塚区にて錆で変色した瓦棒葺き屋根をコロニアルへ葺き替え
横浜市戸塚区にて錆で変色した瓦棒葺き屋根をコロニアルへ葺き替え

   本日は横浜市戸塚区I様宅にて増築部分の屋根葺き替え工事の様子をお伝えいたします。I様宅は築50年、3階建ての鉄筋コンクリート造です。約30年前に3階部分の一部を増築し、現在は既存の屋根(陸屋根)と瓦棒葺き屋根がくっついた状態になっております。今回は30年前に増築された瓦棒葺き屋根の工事になります。約30年間ノーメンテナンスにより、屋根一面が錆だらけで、既存の陸屋根、防水面にまで...続きを読む

2018/09/16 横浜市旭区での台風被害はTOEX製カーポートにマグマで溶けたような大きなへこみ
横浜市旭区での台風被害はTOEX製カーポートにマグマで溶けたような大きなへこみ

   先日の台風21号でカーポート屋根が破損したので火災保険を使って補修したいとのご依頼を受けそのための調査に伺いました。 今回の台風で弊社には多くの被害による補修のお問合せが大変多く、カーポートの破損、ベランダの波板ポリカが割れた、屋根の一部が飛散している、棟板金が一部なくなっているなど、多くございました。それらも迅速に対応致しました。 【経年劣化も多少は関係していそうなカ...続きを読む

2018/09/14 横浜市都筑区で化粧スレート屋根を調査、塗膜の剥がれた部分が多いののは傷み過ぎている証拠です
横浜市都筑区で化粧スレート屋根を調査、塗膜の剥がれた部分が多いののは傷み過ぎている証拠です

   「屋根をまたメンテナンスしたい」とのことで、横浜市都筑区R様のお宅よりご相談がありました。築40年が経過した建物で、屋根は化粧スレートを使用した屋根でした。化粧スレートは雨水を浸透させないように予め加工されておりますが、それが劣化してくると雨水が表面から浸透して化粧スレートの材料自体の傷みが急速に進行します。化粧スレートのメンテナンスは状態を定期的に確認して、表面から雨水が浸透...続きを読む

2018/09/14 横浜市都筑区にて倉庫の雨樋から水が溢れでてしまう原因を調査しました
横浜市都筑区にて倉庫の雨樋から水が溢れでてしまう原因を調査しました

   本日の現場は、とある会社の倉庫の雨樋から水が溢れており、屋根の波板ポリカから雨漏りしているとのことで、調査のご依頼を頂きました。 どうやら作業車がぶつかってしまったらしく、以前から少し漏れてはいたのがその出来事があって以降酷くなってしまったとの事でした。 さっそく見てみましょう。 【どうやら経年劣化も関係しているようです】 まずは雨樋を見てみます。脚立を...続きを読む

2018/09/13 横浜市栄区築40年木造住宅でリビングへの雨漏り、直しに来たという業者が被害を広めた形跡を見つけました
横浜市栄区築40年木造住宅でリビングへの雨漏り、直しに来たという業者が被害を広めた形跡を見つけました

   室内への雨漏りの原因究明をしてほしいとのご依頼を受け、横浜市栄区のお宅にお伺いした時の様子をお伝えいたします。 元々以前にほかの業者さんになぜ雨漏りしているか点検してほしいと頼んで作業してもらっていたらしく、雨漏りしてクロスも剥がれ雨染みが相当広がっている天井にその業者さんが作った点検口がありました。しかし、これで大丈夫と特に詳しい説明もなく帰った後もまだ雨漏りが止まらず...続きを読む

2018/09/10 横須賀市で屋根カバー工事、使用屋根材はガルバリウム鋼板「OZルーフ182」
横須賀市で屋根カバー工事、使用屋根材はガルバリウム鋼板「OZルーフ182」

   本日は横須賀市M様宅で行われました、屋根カバー工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、一般的には屋根下地(放水紙)の寿命は20年程と言われております。今回はその下地(防水紙)を新たにする目的で、既存の屋根を下地として、上から新たに防水紙を貼り、金属屋根(ガルバリウム鋼板製)を被せるカバー工事を行います。 屋根カバーは既存の屋根の上に新たな屋根材を被せるのです...続きを読む

2018/09/9 川崎市川崎区で屋根の棟板金を調査、板金の釘浮きやコーキングの劣化は交換のサインです
川崎市川崎区で屋根の棟板金を調査、板金の釘浮きやコーキングの劣化は交換のサインです

   本日は川崎市川崎区F様より、とある業者さんより棟板金の浮きの指摘をされたので点検をしてほしいとのご依頼を頂きました。最近多い、通り掛かりの工事業者を名乗っての屋根への指摘です。外観からある程度の築年数や劣化具合の想像はつきますので、すぐに確認が取りづらい屋根の不具合を指摘し、早急な工事を進める手口もある様です。訪問業者さんの指摘にはすぐに従わず、一度は必ず専門業者への点検調査の...続きを読む

2018/09/8 横浜市港北区の築40年の木造住宅、トタン屋根が剥がれたと思っていたら剥がれたのは棟板金でした
横浜市港北区の築40年の木造住宅、トタン屋根が剥がれたと思っていたら剥がれたのは棟板金でした

   本日は台風により屋根が剥がれて今にも落ちそう、点検してほしいとのことで横浜市港北区のお宅に調査にお伺い致しました。 お問合せ時にはトタン屋根が捲れたとの事でしたが、現地について屋根のほうを見上げると確かに何かが浮いています。しかし、見える限りトタン屋根ではなく、化粧スレートの屋根です。しかも軒先の方に捲れているのが確認できます。 寄棟(よせむね)と呼ばれるこちらのお...続きを読む

2018/09/6 横浜市神奈川区で台風被害、消えた鼻隠し(はなかくし)と雨樋エスロンE70の調査
横浜市神奈川区で台風被害、消えた鼻隠し(はなかくし)と雨樋エスロンE70の調査

   本日は台風21号によって雨樋が外れてしまったとの事がきっかけでお問合せを頂きました横浜市神奈川区のお宅に調査に参りました。 今回の台風の影響は凄まじく、様々なところに爪痕を残していきました。 お客様から、お電話口では雨樋を支える金具が外れているだけだから金具を打ち直しすればいけるんじゃないかと言われてましたが、現地に着いたらそうではありませんでした。 【欠けた、と...続きを読む

2018/09/4 横浜市保土ヶ谷区で屋根調査、スレートの一部の破損と棟板金の劣化が気になります
横浜市保土ヶ谷区で屋根調査、スレートの一部の破損と棟板金の劣化が気になります

   本日は横浜市保土ヶ谷区にお住いのA様より、屋根の点検調査のご依頼を頂きました。A様宅では先日、別の業者さんより屋根の不具合を指摘され、点検を行ってもらったそうです。そこで、スレート材の一部に破損が見つかり、屋根全体の修理を進められたそうです。しかし一社だけの判断だと不安な事もあり、今回改めて調査の依頼を下さったとの事です。 築は38年程で、4,5年前に塗装のメンテ...続きを読む

2018/09/3 横浜市瀬谷区で訪問業者に指摘された棟板金の浮きを調査
横浜市瀬谷区で訪問業者に指摘された棟板金の浮きを調査

   築30年は経過している建物にお住まいの横浜市瀬谷区のお宅では、築年数が経っていて外観から見て判断され狙われやすいのか、リフォームの訪問営業している方によく棟板金が浮いている、点検したほうがいいとしつこく言われて困っているとの指摘を受けていのがきっかけで今回どれくらい劣化が進んでいるのかを確かめるために調査のご依頼を頂きました。 【訪問業者はなぜか棟板金の指摘が得意です】 ...続きを読む

2018/09/2 横浜市栄区で屋根の棟板金を調査、釘浮きの原因は下地(貫板)の劣化によるものです
横浜市栄区で屋根の棟板金を調査、釘浮きの原因は下地(貫板)の劣化によるものです

   本日は横浜市栄区にお住いのM様より、「他の業者さんから棟板金の浮きを指摘されたので、改めて調査をしてほしい」とのご依頼を頂きました。M様宅は築30年で4年程前に塗装のメンテナンスは行ったそうです。当時施工を行った業者さんからは、棟板金に関しての不具合は指摘されていなかったそうですが、塗装工事直後に別の業者さんより、棟板金の浮きの指摘を受けたとの事です。当時は工事直後との事もあり...続きを読む

2018/09/1 横浜市栄区で棟瓦の調査、銅線が切れると瓦の倒壊や落下する危険性あり
横浜市栄区で棟瓦の調査、銅線が切れると瓦の倒壊や落下する危険性あり

   瓦屋根にある棟は、熨斗瓦(のしがわら)、冠瓦(かんむりかわら)、鬼瓦(おにがわら)が使用されており、棟の内部に土が詰まっており隙間は漆喰が詰められております。平らな部分に比べて棟に色々な種類の瓦や材料が使われております。なので棟の造りは複雑です。横浜市栄区K様より、「瓦屋根の棟にある銅線がなかったりズレたりしている」とお悩みのご相談がありました。棟にある銅線とは、最終的に棟を束...続きを読む

2018/08/31 横浜市保土ヶ谷区にて築38年の波型化粧スレート(ナショナルニューウェーブ)を使用した屋根の点検を行いました
横浜市保土ヶ谷区にて築38年の波型化粧スレート(ナショナルニューウェーブ)を使用した屋根の点検を行いました

   本日は横浜市保土ヶ谷区にお住まいのT様より、屋根の点検調査のご依頼を頂きました。T様宅では以前から外回り営業のリフォーム業者より、屋根の不具合を指摘されておりました。実際の屋根には上らず、外からの目視で屋根の交換を進められるなど、あまり気にはしていなかったそうですが、入れ違いで別の業者さんが指摘に来るなどもあり、今回、改めて屋根の点検のご依頼をくださいました。 T様...続きを読む

2018/08/28 横浜市港北区の屋根工事、ニチハパミールの傷んだスレート材にも屋根カバー工事は行えます
横浜市港北区の屋根工事、ニチハパミールの傷んだスレート材にも屋根カバー工事は行えます

   本日は横浜市港北区Y様宅で行われました、屋根カバー工事の様子をお伝えいたします。Y様宅の屋根で葺かれている屋根材はニチハのパミールになります。こちらの屋根材は、アスベストの使用を控えたために起こる不具合が問題とされている屋根材です。アスベストは粘着性が高く、強度を保つには優れた素材です。その使用を控えたことにより、層間剥離(ミルフィーユ状に剥がれる現象)やひび割れといった不具合...続きを読む

2018/08/27 横浜市泉区でスレート屋根塗装、雨漏りを防ぐためにも縁切り(えんきり)は必須の工程です
横浜市泉区でスレート屋根塗装、雨漏りを防ぐためにも縁切り(えんきり)は必須の工程です

   本日は横浜市泉区の屋根塗装の現場から、雨水がスレート屋根の裏側に何かしらの原因で入り込んでしまっても大丈夫なように、タスペーサーを使って雨水の流れる隙間を作る作業の様子をお伝えいたします。 昔からよく縁切りと呼ばれており、塗装を行った為にできたスレートの重なり部分の小口(こぐち)の塗膜を皮すきや、カッターなどで切れ目を入れて雨水の通り道をあえて作るものです。現在では効率や...続きを読む

2018/08/26 横浜市港北区の築40年の瓦棒屋根、板金のサビや下地の腐食から屋根葺き替えのご提案
横浜市港北区の築40年の瓦棒屋根、板金のサビや下地の腐食から屋根葺き替えのご提案

   自宅兼工場としてお使いの築40年は経過しているであろう瓦棒葺きトタン屋根の現地調査に参りました。 外部から梯子をかけられないので、1階からの室内階段を一度通り、2階通路に出てから脚立を立て屋根に上がらせていただき現状の調査を致しました。 色々古いのはわかっているが、なかなか屋根にまで気がまわっていなかったと言われるお客様。雨が降るとお隣に雨樋から水が撥ねて鉄砲水みた...続きを読む

2018/08/25 横浜市港北区で設置後3年の波板屋根からバタバタ音、フックボルトで固定し解消
横浜市港北区で設置後3年の波板屋根からバタバタ音、フックボルトで固定し解消

   洗濯物を干す場所を増やしたいのと、作業場にするために屋根が欲しいと2階外通路に約3年前波板屋根を設置したお宅で、波板屋根が固定されておらず強風で煽られて大きな音が出るようになってしまったとのことで、固定し近隣迷惑にもなっていた音を鎮めるために作業致しました。 【なぜ音がするのか】 通路はもう既に波板で塞がれていて上がる所がないため、家屋の2階屋根から波板を見たところ...続きを読む

お問い合わせバナー