屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > 支店長ブログ

支店長ブログ

2018/07/9 天井を見上げると雨染みがあるかもしれない|横浜市保土ヶ谷区
天井を見上げると雨染みがあるかもしれない|横浜市保土ヶ谷区

   雨水が室内に滴ることで雨漏りに気づくことが多いようですが、滴ってこなくても雨漏りが発生していることはよくあります。お住まいになられていても、建物のことばかり気にしていることは難しいと思います。屋根で起こる不具合は雨漏りに繋がる危険性が高く、気が付かないうちに被害が広がり大きな工事となってしまうことも少なくありません。特に今の時期は、台風や集中豪雨により不具合があると雨漏りに直結...続きを読む

2018/07/9 築40年一度も手をかけていない雨樋|横浜市旭区
築40年一度も手をかけていない雨樋|横浜市旭区

   本日は大雨時に雨樋の歪みが気になったとの事がきっかけで、調査に伺いましたのでその様子をお伝えいたします。 築40年とのことで、おそらくですが既に既存雨樋は廃盤になっており、歪んだ部分だけの交換ができないかもしれないという事や、部分補修ができたとしても、築年数から雨樋を支える吊り金具が劣化し、本来の吊り角度を維持できていなくなり、雨樋を部分交換や補修をできたとしても補修が意...続きを読む

2018/07/9 横浜市港北区|漆喰の劣化、棟の歪み・棟瓦取り直し工事の様子
横浜市港北区|漆喰の劣化、棟の歪み・棟瓦取り直し工事の様子

   本日は横浜市港北区N様宅で行われました、棟瓦取り直し工事の様子をお伝いえたします。前回は棟・熨斗部分の撤去を行い、瓦に付いたコーキング材の処理作業の様子をお伝えいたしました。今回は棟取り直しの流れをお伝えいたします。 まず、既存の棟・熨斗の撤去を行い、土台の役割を担っていた土や漆喰をきれいに取り除きます。新たな土台造りとしては南蛮漆喰を使用します。南蛮漆喰は漆喰...続きを読む

2018/07/8 築40年ガルバリウム鋼板の陸屋根調査|川崎市多摩区
築40年ガルバリウム鋼板の陸屋根調査|川崎市多摩区

   本日はパナホームで建てられた築40年の陸屋根をリフォームしたいが、雨漏りの原因特定と、どのような工法がいいかとのご相談を受け調査にお伺いいたしました。 40年前のパナホームと言えば、フラットな陸屋根を使い、フロアを細かく分けて部屋数を多く取るスタイルをメインにしていました。 現在は内装を変えて継続してお住まいの方が多いようです。 この度も同じく内装も含めてリフ...続きを読む

2018/07/8 台風や大雨の被害に遭う前にポリカーボネートの張り替え|横浜市西区
台風や大雨の被害に遭う前にポリカーボネートの張り替え|横浜市西区

   長年使用している駐車場や庭先のポリカーボネート。紫外線に強く耐候性にも優れているとは言えど、日々の風圧や大雨により劣化は進行していきます。これからは台風や大雨が発生する時期になりますが、この時期はポリカーボネートに穴が空いたり、割れて飛ばされたりすることがよく起こる時期でもあります。建物の屋根と同様に、駐車場や庭先のポリカーボネートも屋根としてメンテナンスが必要なタイミングが出...続きを読む

2018/07/7 積水化学エスロンΣ(シグマ)90雨樋の調査|横浜市港北区
積水化学エスロンΣ(シグマ)90雨樋の調査|横浜市港北区

   本日は既に着工となり、これから屋根外壁塗装に入る港北区のお宅より、雨樋調査の様子をお伝えいたします。 屋根外壁の現地調査の際に、雨樋の事もお伺いした時「そういえば雨のときバシャバシャ水が落ちてる音がする」と仰られていました。 足場を架けた際、さらに詳しく調査し原因特定と補修をするとのお話になっていましたので、さっそく調べてみます。 端から見てみますと...続きを読む

2018/07/7 横浜市緑区|トップライトからの雨漏り、考えられる原因は!?
横浜市緑区|トップライトからの雨漏り、考えられる原因は!?

   本日は横浜市緑区にお住いのN様より「最近の雨で、トップライト付近から雨漏りが確認されるようになったので調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。N様宅は築15年、実は去年に屋根・外壁の塗装工事を行ったばかりだそうで、その時は屋根やトップライトについては特に不具合を指摘されたこともなく、雨漏りも起こしたことが無かったそうです。 室内から雨漏りが起こる箇所、軌道を確...続きを読む

2018/07/6 棟瓦取り直しは瓦屋根の定期的なメンテナンスとして必要|横浜市港北区
棟瓦取り直しは瓦屋根の定期的なメンテナンスとして必要|横浜市港北区

   瓦屋根と言えば、和瓦や洋瓦といくつか種類がありますが、瓦自体は耐久性が高く長持ちする屋根材です。しかし、瓦と瓦の間には隙間がどうしても出来てしまい、特に棟及び棟周辺には漆器やセメントなどが詰められております。棟の内部には土や泥が詰まっており、外部に面したところに漆喰やセメントが使用されております。稀にですが、棟の内部も外部に面したところにもセメントが使用されている屋根もあります...続きを読む

2018/07/6 軒天のはがれは雨漏りのサイン|横浜市瀬谷区
軒天のはがれは雨漏りのサイン|横浜市瀬谷区

   本日は内装を含め家全体をリフォーム中のお客様より、外回りで軒天のはがれがあるので補修できるか知りたいとの事がきっかけで調査依頼を賜りました。 お客様自身も屋根含め色々やり替えないといけないという事はわかっているが、予算的な事も考えできるところから補修して住めるようにしていきたいとこ事でした。 梯子をかける前に下から見てみますと、確かに軒先角部が半分以上剥がれ垂木など...続きを読む

2018/07/5 築40年初めての雨樋点検調査|横浜市鶴見区
築40年初めての雨樋点検調査|横浜市鶴見区

   本日は、下野に置かれているエアコン室外機のドレンホースからの排水が雨樋に留まってしまい、溢れてしまうという事がきっかけでお問合せを頂きましたお宅へ調査にお伺い致しましたのでその様子をご紹介致します。 一度も補修などを行ったことはないという事で見てみましたが、ちょうど雨樋がルーバーと呼ばれる化粧カバーと鼻隠しの中に納まっており、外側からは雨樋が直接は見えない様になっておりま...続きを読む

2018/07/4 台風シーズンでの屋根被害は棟板金に関わる被害が多い|横浜市都筑区
台風シーズンでの屋根被害は棟板金に関わる被害が多い|横浜市都筑区

   今年も台風シーズンが到来しました。これから建物は強風や大雨の影響を受ける時期ということになります。建物の中でも屋根は特に強風や大雨の被害を受けやすいところです。屋根の中でも棟は特に影響を受けやすく、台風シーズンでの屋根被害は棟板金に関わる被害が多いです。棟板金は釘で固定されているので、固定が弱まってくると棟板金が風で飛ばされてしまいます。飛ばされた棟板金は、近隣の建物に当たった...続きを読む

2018/07/3 横浜市保土ヶ谷区|雨漏りの原因は一箇所とは限りません
横浜市保土ヶ谷区|雨漏りの原因は一箇所とは限りません

   本日は横浜市保土ヶ谷区のS様宅より、雨漏り調査の様子をお伝えいたします。S様宅では以前から台所の出窓部分からの雨漏りに悩まされておりました。通常の雨では漏れは確認されないのですが、大雨や強風を伴う雨などの時に、ポタポタと水漏れが確認できるそうです。 水漏れが確認できる箇所の外側は、出窓の庇部分になります。通常の雨では漏らないことを考えれば、出窓と外壁の取り合い部...続きを読む

2018/07/2 横浜市保土ヶ谷区|屋根調査・軒天の剥がれ、漆喰の劣化
横浜市保土ヶ谷区|屋根調査・軒天の剥がれ、漆喰の劣化

   本日は横浜市保土ヶ谷区にお住いのK様より、屋根の点検調査のご依頼を頂きました。K様宅は築40年以上は経っている建物で、今まで増改築を繰り返し、ご自身では塗装などのメンテナンスも行ってきたそうです。今回、ご自身で屋根に上ることなどが難しくなってきたとの事もあり、現状で気になるところの補修を目的とした調査のご依頼を下さいました。 今回、K様のご要望といたしましては、瓦...続きを読む

2018/07/1 劣化した棟板金の傷み具合|横浜市港南区
劣化した棟板金の傷み具合|横浜市港南区

   今回は築年数が経ったお宅の棟板金の調査に伺いました。 最近弊社への棟板金についてのお問合せの中に「近所で工事をやってるものですが。」などで話しかけられ、不安になり調査依頼を頂くといった事が多いです。 実際そんな離れたところから細かく分かるかは疑問ですが、言われてしまうと不安になるのも当然です。正しい情報なのか確認の為にも調査致します。 棟板金は、屋根の...続きを読む

2018/06/30 築35年経過したスレート屋根の状態|横浜市青葉区
築35年経過したスレート屋根の状態|横浜市青葉区

   本日は中古物件を購入されこれから住むために外構を含めリフォーム中、屋根の調査のご依頼を受けましたので、点検調査にお伺い致しました。 軒天には屋根が原因かはまだ分かりませんが、どこかしらかの雨漏りの影響からか、雨染みが多数見受けられました。 昨日気象庁から梅雨明けが発表されました。関東甲信地方の6月の梅雨明けは観測史上初めての事だそうです。 今までで最も早かった...続きを読む

2018/06/30 横浜市旭区|瓦屋根、点検調査・漆喰詰め直しのご提案
横浜市旭区|瓦屋根、点検調査・漆喰詰め直しのご提案

   本日は横浜市旭区にお住いのI様より、屋根の点検調査のご依頼を頂きました。先日、別の業者さんに屋根の調査を行ってもらったところ、漆喰の劣化を指摘されそうです。そこで、直すための見積金額が思った以上に高く、金額が妥当かどうかも含め、今回、ご相談を頂きました。まずは実際に屋根の状況を確認いたさいます。 築20年程で、屋根に関してはいまだメンテナンスは行ったことが無いそい...続きを読む

2018/06/29 スレート屋根の汚れが気になる方へ|横浜市瀬谷区
スレート屋根の汚れが気になる方へ|横浜市瀬谷区

   本日はは築年数がかなり経ったお宅のスレート屋根の汚れが気になるとのことがきっかけでお問合せ頂き、調査にお伺いいたしました。 スレートはよく「コロニアル」「カラーベスト」等と呼ばれ、現在一番普及されている屋根材になります。 新築時も特に指定をしなければほぼこのスレートで葺いてあると思います。以前はアスベストが使われておりましたが、2004年以降は環境問題の点から使われ...続きを読む

2018/06/29 横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します
横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します

   本日は横浜市旭区のM様宅より、雨樋補修工事の様子をお伝えいたします。M様宅の雨樋は設置されてから25年ほど経過しております。今まで塗装のメンテナンスは行ったことはあるそうですが、全体的に大分劣化が窺える状況にございます。 この先5,6年後を目途に屋根の葺き替えなども検討しているとの事で、その時に雨樋の交換も視野に入れているとの事です。そんな事もあり、今回は部分的な...続きを読む

2018/06/28 瓦は問題なくても他の要因で雨漏りに繋がります|横浜市中区
瓦は問題なくても他の要因で雨漏りに繋がります|横浜市中区

   瓦は何かあっても一枚から交換できます。他の屋根材と違い瓦自体はメンテナンスがほぼいらないと言われるほど長持ち致します。 ではどこが原因で雨漏りに繋がったりするのでしょうか。 もちろん瓦の割れからの雨漏りもありますが、多くは漆喰が剥がれて棟瓦がズレていたり、雨水が多く集まる谷部に長年ポタポタ落ちる水滴による摩耗によって穴が空いてそこからの雨水の侵入であったり、瓦の隙間...続きを読む

2018/06/27 板金で造られている瓦棒葺き屋根の葺き替えの目安とは|横浜市西区
板金で造られている瓦棒葺き屋根の葺き替えの目安とは|横浜市西区

   瓦棒葺き屋根とは、使用されている材料が板金であることが殆どで、心木という木材に全ての板金を固定して仕上げてあります。この瓦棒葺きは、勾配の緩い屋根にとても有効的で1寸勾配から施工が可能な葺き方です。長く使用していると劣化が進行していろいろなところが傷んできますが、横浜市西区F様のお宅で屋根調査した際にも、代表的なところが傷んでおりました。今回は板金で造られている、この瓦棒葺き屋...続きを読む

2018/06/25 築40年アパート共用部の調査|横浜市港南区
築40年アパート共用部の調査|横浜市港南区

   本日は築40年、一度もリフォームしないままのアパート共用部、廊下や階段の点検調査をご依頼頂きましたので、その様子をお伝え致します。 屋根は一度リフォームしているとの事ですが、専有部を含め、共用部は手をかけてないとの事で、それがきっかけで今回のお問合せとなったようです。 ではさっそく見てみます。 安心して生活していただけるように コンクリートの廊下にはコケ...続きを読む

2018/06/24 廃盤であるエスロンE70の雨樋調査|横浜市旭区
廃盤であるエスロンE70の雨樋調査|横浜市旭区

   本日は雨樋から水が溢れ近隣へご迷惑がかかっているから見に来てほしいとの事がきっかけでご依頼を受け、調査にお伺い致しました。 築年数は30年以上と聞いておりましたので、経年劣化の可能性が大いにあります。 大雨ではない時でも雨樋から雨水が溢れてしまい、漏れた雨水が地面に落ちた時に音が相当響き、うるさく感じるとの事なので、さっそく調査に入ります。 一番酷い...続きを読む

2018/06/24 横浜市港北区|棟瓦取り直し工事・瓦に付いたコーキング材はしっかりと落とします
横浜市港北区|棟瓦取り直し工事・瓦に付いたコーキング材はしっかりと落とします

   本日は横浜市港北区のN様宅で行われました、棟瓦取り直し工事の様子をお伝いえたします。調査のご依頼を下さった経緯は、室内に現れた染みになります。雨漏りが確認された訳ではないそうですが、雨漏りの影響がありそうな箇所の点検と補修のご依頼です。築も古く、全体的なメンテナンスも十数年行われていない様です。ただ、近い将来、建て替え・建て壊しなども検討していることもあり、最低限の補修でのメン...続きを読む

2018/06/23 強風で落下した洋瓦を元に戻してお悩みを解決|横浜市中区
強風で落下した洋瓦を元に戻してお悩みを解決|横浜市中区

   横浜市中区の山手町周辺では、昔から洋館が建ち並んでいたこともあり、洋瓦を使用している屋根のことでお悩みやお困りのご相談をよく受けます。横浜市中区H様より。「落下した洋瓦を元に戻してほしい」とのお困りのご相談がありましたので、調査にお伺いして早速工事に取り掛かりました。     【小さな瓦工事もお任せ下さい!!】 ケラバの一番軒先側に取...続きを読む

2018/06/23 築30年経過した屋根調査|横浜市泉区
築30年経過した屋根調査|横浜市泉区

   本日は築年数30年は超えています屋根の点検でお伺いいたしました。 きっかけはその他外壁等含めまして外観の汚れも気になるとの事で、一度建物全体の調査をしてくれる業者を探されておりました。この度はご縁があり弊社に調査依頼を頂きました。 弊社では建物のことなら何にでも対応致しておりますので、今回の調査に繋がった形です。 さっそく梯子をかけて調査開始です。 ...続きを読む

2018/06/22 メンテナンスをしてない屋根はこうなります|横浜市旭区
メンテナンスをしてない屋根はこうなります|横浜市旭区

   本日は築10年以上経過一度も手をかけていないとの事がきっかけで、外壁を含め調査のご依頼を受けたのでお伺い致しました。 今回は屋根を中心に点検の様子をお伝え致します。 ではさっそく安全を確保し、屋根にあがります。 屋根材はスレートです。全体的に築年数から予想されます、コケなどの汚れが目立ちますが、細かくみるとクラック(ひび割れ)が目立ちます。 ち...続きを読む

2018/06/19 棟板金がない屋根の調査|横浜市港北区
棟板金がない屋根の調査|横浜市港北区

   本日は築年数30年は経っていると思われる家屋の屋根調査に伺いましたので、その様子をご紹介致します。 過去一度もメンテナンス・点検を行っていないという事ですので、築年数から考えますと屋根材の劣化もそうですが、その下にあります防水紙、さらには下地の劣化も考慮しての調査をする必要があります。ではさっそく屋根に上がります。 梯子を架けると負荷で雨樋を破損させていまう...続きを読む

2018/06/19 洋瓦屋根のメンテナンスに棟瓦取り直し工事|横浜市中区
洋瓦屋根のメンテナンスに棟瓦取り直し工事|横浜市中区

   横浜市中区の山手町周辺では、昔から洋館が建ち並んでいたこともあり、外観の風合いを今も大切になさらる方が多い地域柄のようです。屋根に使用されている瓦は洋風の洋瓦が今も多く点在しております。和瓦も同様ですが、瓦屋根も定期的なメンテナンスが必要となり、メンテナンスの有無には調査を行いわないとなりません。横浜市中区山手町E様のお宅より、屋根調査のご依頼がありました。横浜市中区山手町E様...続きを読む

2018/06/19 横浜市都筑区|貫板・棟板金交換工事の様子です
横浜市都筑区|貫板・棟板金交換工事の様子です

   本日は横浜市都筑区にお住いのT様宅で行われました、貫板・棟板金交換工事の様子をお伝えいたします。T様宅では先月の強風で棟板金の一部がめくれ上がる被害がございました。風害として保険の申請を行い、今回、申請が降りたことにより、工事を行う事になりました。 保険では被害を受けた部分の復旧のための金額が支払われます。足場を組み、被害を受けた部分の部分的な交換だけでは勿体な...続きを読む

2018/06/18 空き家リフォームの為の屋根調査|横須賀市
空き家リフォームの為の屋根調査|横須賀市

   本日は空き家リフォームをするが、現在雨漏りしているようなので見てほしいとのお問合せを受けまして現場にお伺い致しました。 築年数がかなり経っているようで、やはり内装も含めリフォームを検討されていらっしゃるようです。さっそく調査に入ります。 まずは原因を特定するためにどこから漏れているのかの確認で室内へ。 こちらは小屋裏に入るところの天井部分ですが、雨水...続きを読む

お問い合わせバナー