屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/17更新】

  台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

HOME > 支店長ブログ

支店長ブログ

2018/08/24 横浜市緑区で台風によりカーポートの屋根が破損、火災保険を使い補修のご提案
横浜市緑区で台風によりカーポートの屋根が破損、火災保険を使い補修のご提案

   横浜市緑区のお客様から、先日の台風でカーポートの屋根の一部が破損し、割れてしまっているとの事がきっかけでお問合せを頂きました。 本日はその時の現場調査に伺ってきた様子をお伝え致します。 伺った際、建物は築40年程経っており、カーポートはいつ設置したか分からないとの事でした。だいたい15年前位かなと最後にお聞きしました。 よく支柱などにメーカー名や型番などが記し...続きを読む

2018/08/22 横浜市旭区で倒れた鬼瓦を棟瓦取り直し工事で元に戻します
横浜市旭区で倒れた鬼瓦を棟瓦取り直し工事で元に戻します

   築年数が経過すると、瓦屋根もいろいろな不具合が発生してきます。瓦屋根の不具合と言えば、漆喰の劣化や瓦の割れ・飛散などが代表的ですが、台風や強風の影響により鬼瓦が倒れてしまうこともあります。瓦屋根には、いろいろな名称の瓦が使用されておりますが、いろいろな瓦の中でも瓦を立たせて固定しているのは鬼瓦だけではないでしょうか。鬼瓦は鬼瓦の裏側に銅線を括り付けて、その銅線を棟瓦の内部で固定...続きを読む

2018/08/21 横浜市戸塚区で築30年の瓦棒葺き(トタン)屋根を調査、錆の酷さから全面改修のご提案
横浜市戸塚区で築30年の瓦棒葺き(トタン)屋根を調査、錆の酷さから全面改修のご提案

   本日は横浜市戸塚区にお住いのI様より、増築部分の瓦棒葺き(トタン)屋根の調査依頼を頂きました。I様宅は3階建ての鉄筋コンクリート造です。一階と二階部分は貸しており、I様は3階部分に住んでおります。建物自体の築は50年程、二階陸屋根部分に増築したのは30年前程になるそうです。 今回ご依頼を頂いたのは増築部分のトタン屋根の錆びが酷い事もあり、改善したいとのご相談になりま...続きを読む

2018/08/18 横浜市中区で行った瓦屋根の谷板金塗装は意外な盲点?
横浜市中区で行った瓦屋根の谷板金塗装は意外な盲点?

   スレート屋根を塗装する場合はスレート部分はもちろんのこと、棟板金や谷板金、ケラバ水切りなどの板金を加工されて造られているところも一緒に塗ります。日本瓦や洋瓦などを使用している瓦屋根はどうでしょうか。日本瓦や洋瓦などの瓦屋根の場合、棟に関しては棟用の瓦が使用されておりますが、谷に関しては板金をしています。日本瓦や洋瓦などの瓦屋根はそのまま使用し続けても、塗装せずに長期間維持するこ...続きを読む

2018/08/17 横浜市旭区で軒樋の調査、交換のため止まり(とまり)に記載された品番で同製品を確認
横浜市旭区で軒樋の調査、交換のため止まり(とまり)に記載された品番で同製品を確認

   屋根と付属する形であるのが雨樋です。雨樋は大きく分けて軒樋と竪樋がありますが、軒先に対して取付けられている軒樋の方が何かとお困りになることが多いようです。現にお困りになられているお宅へ調査にお伺いしてみると、軒樋でお困りになられていることの方が圧倒的に多いです。雨樋の中でも特に軒樋は、風や雪、大雨の影響を受けやすく、年間を通してどの季節でもお困りになりやすいです。横浜市旭区のS...続きを読む

2018/08/17 横浜市神奈川区にて、玄関廻りの擁壁笠木にガルバリウム鋼板を使ったカバー工事を行いました
横浜市神奈川区にて、玄関廻りの擁壁笠木にガルバリウム鋼板を使ったカバー工事を行いました

   本日は横浜市神奈川区S様宅で行いました、擁壁笠木のカバー工事の様子をお伝えいたします。S様宅の擁壁にはステンレス製の笠木が施工されております。築は20年程で、笠木に関しては当時のまま、点検やメンテナンスは行ったことが無いとの事でした。先月、その笠木の角部分にトラックの荷台がぶつかり、部分的な修理を行ったのですが、その際、下地の木部の劣化が窺え、全体的にメンテナンスが必要な旨をお...続きを読む

2018/08/12 川崎市中原区にて雨樋の部分補修、軒樋亀裂部分の交換と集水マスの詰まりを解消いたしました
川崎市中原区にて雨樋の部分補修、軒樋亀裂部分の交換と集水マスの詰まりを解消いたしました

   本日は川崎市中原区H様宅で行いました、雨樋の部分補修工事の様子をお伝えいたします。H様宅は築20年、現在に至るまで建物のメンテナンスは行ったことが無いそうで、屋根や外壁の劣化状況も気になるところです。今回は、雨樋のコーナー部分の亀裂と、集水マス・エルボーの詰まりの解消の為の補修工事のみのご依頼です。建物自体に関しては、2,3年後に売却も考えているそうで、全体的に手入れをするかど...続きを読む

2018/08/11 横浜市泉区にて屋根葺き替え、新規屋根材はコロニアルクアッドで色はミッドナイトブルー
横浜市泉区にて屋根葺き替え、新規屋根材はコロニアルクアッドで色はミッドナイトブルー

   本日は横浜市泉区U様宅で行われました、屋根葺き替え工事からコロニアル(スレート)葺きの様子をお伝えいたします。先日は下葺き工事までの工程をお伝えいたしました。本日は新規屋根材を葺いていきます。まず、谷部分の板金施工からです。谷部分は雨水が一番流れる箇所でもあり、雨漏りの原因となりやすい箇所でもございます。施工は特に慎重に、その場の屋根に合った規格に沿って板金を加工・施工いたしま...続きを読む

2018/08/10 横浜市青葉区で台風によりベルックス製トップライト(天窓)から室内へ雨漏り、その原因とは?
横浜市青葉区で台風によりベルックス製トップライト(天窓)から室内へ雨漏り、その原因とは?

   本日は横浜市青葉区のお宅より先日の台風でトップライト(天窓)より雨漏りしているのがわかったので点検調査をしてほしいとのご依頼を受け、お伺い致しました。 屋根裏など、既に雨漏りが進んでいてもわからない所とは違い、今回はいやでも目に入ってしまう室内への雨漏りです。 まずは屋根に上がってみる前に室内から調査を始めます。 【そもそもトップライトって何年もつものなんだろうか...続きを読む

2018/08/10 軒先にある雨樋は雨水を受けれる位置に付いてないと漏れます|横浜市南区
軒先にある雨樋は雨水を受けれる位置に付いてないと漏れます|横浜市南区

   雨量の多い時期や台風シーズンでは、雨樋でお悩み・お困りの方が多くなります。屋根を伝う雨量が多いければ多いほど、雨樋の不具合に気づきやすくなるからです。雨樋の不具合といえば、ひび割れや接続部分から抜けてしまうことによる水漏れ、雨樋が外に向かって開いてしまって正しく雨水を受けることが出来なくなることによる水漏れなどがあります。また台風シーズンであれば、外れたり飛ばされたりることもあ...続きを読む

2018/08/7 横浜市泉区でコロニアルによる屋根葺き替え工事、野地板、防水紙の下葺きまでの工程です
横浜市泉区でコロニアルによる屋根葺き替え工事、野地板、防水紙の下葺きまでの工程です

   本日は横浜市泉区U様宅で行われました、コロニアルによる屋根葺き替え工事から、野地板、防水紙の下葺きまでの工程をお伝えいたします。 U様宅は築30年、屋根に関しては20年程前に塗装によるメンテナンスは行ったそうですが、それから現在に至るまでは手を付けてきていないとの事です。数年前から屋根裏に雨染みが見つかり、室内に漏るまでには至っていないそうですが、屋根が傷んでいるのではと...続きを読む

2018/08/6 横浜市保土ヶ谷区で雨漏り補修、出窓霧除け部分を板金(ガルバリウム鋼板)でカバーいたします
横浜市保土ヶ谷区で雨漏り補修、出窓霧除け部分を板金(ガルバリウム鋼板)でカバーいたします

   本日は横浜市保土ヶ谷区S様宅で行いました、出窓霧除け部分のカバー工事の様子をお伝えいたします。S様宅では以前からキッチン出窓部分の天井から雨漏りがございました。通常の雨では漏れの確認は出来ない様ですが、強風を伴った雨(台風など)の時に水漏れが確認できるそうです。事前の調査の結果、築が古いことや、外壁に施されたラップサイディングの施工不備などの原因も考えられる状況でした。今回はS...続きを読む

2018/08/4 遮熱塗料サーモアイを使う横浜市緑区の屋根外壁塗装の現場にて
遮熱塗料サーモアイを使う横浜市緑区の屋根外壁塗装の現場にて

   スレート屋根塗装施工中の現場から。今回日本ペイント、遮熱効果が抜群のサーモアイシリーズを使うのですが、塗装の工程で一つ大事なところがあります。 縁切り(えんきり)と呼ばれていまして、塗装した後に何かしらの原因で屋根材の裏に雨水が入り込んでしまっても大丈夫なように、カッター等で切り込みを入れて雨水が留まらない様逃げ道を作る作業です。現在では時間や手間やコストの面、せっかくキ...続きを読む

2018/08/4 横須賀市で屋根点検・既存の屋根(下地)を活かしてカバー工法、錆に強いガルバリウム鋼板がお勧めです
横須賀市で屋根点検・既存の屋根(下地)を活かしてカバー工法、錆に強いガルバリウム鋼板がお勧めです

   本日は横須賀市にお住まいのM様より、「築30年、屋根に関しては初めてのメンテナンスにつき、可能であればカバー工法を行いたいのですが、」とのご相談を頂きました。メンテナンスを行うに従い、M様ご自信でも方法を模索しているとのことです。築年数から下地の状況を考慮に入れ、防水紙の交換は必須との判断にて、屋根に関しては葺き替えるか、カバーを行う工事が妥当であるとお考えの様です。 ...続きを読む

2018/08/4 横浜市緑区築15年スレート屋根を塗装する前に棟板金をビスで補強
横浜市緑区築15年スレート屋根を塗装する前に棟板金をビスで補強

   本日は築15年、現在弊社で屋根外壁塗装中の現場より、本格的に下塗りからの塗装を始める前に、現場調査時にわかっていた棟板金の補強の様子をお伝え致します。 15年でそんなに棟板金の釘って抜けるもの?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、早い所では10年も経ちますと、よく現場調査でありますのが釘が抜けて飛んでなくなってしまっていたり、指で触るだけで回転するところなど、補強や...続きを読む

2018/08/3 横浜市西区で使用できる屋根材が限られる低勾配な屋根を立平葺きへ葺き替え
横浜市西区で使用できる屋根材が限られる低勾配な屋根を立平葺きへ葺き替え

   ご自宅の築年数が長くなっていくと、色々なところに手入れが必要となります。実は屋根も手入れが必要になります。屋根カバー工事や屋根葺き替え工事、瓦屋根では葺き直し工事など、既存の屋根材や屋根の状態によって様々な手入れの仕方があります。屋根は棟から軒先に向かって斜めになっている屋根が多いのですが、その斜めの角度がご自宅によってそれぞれ違います。急勾配の屋根もあれば、比較的緩い低勾配な...続きを読む

2018/08/3 横浜市中区で雨樋点検・50年程前から使用の軒樋半月、劣化状況を確認します
横浜市中区で雨樋点検・50年程前から使用の軒樋半月、劣化状況を確認します

   本日は横浜市中区A様より、雨樋の点検調査のご依頼を頂きました。A様は築50年は経っている平屋の建物にお住まいです。2年ほど前に屋根の修理工事を行ったそうですが、雨樋に関しては現在に至るまで手を付けていないそうです。当時、屋根工事と併せて交換をお考えの様でしたが、ご予算の都合上、見送ることにしたそうです。 さすがに屋根は直したばかりとの事もあり、状態は良好です。し...続きを読む

2018/08/1 棟板金よりもスレート屋根が心配でした|横浜市泉区
棟板金よりもスレート屋根が心配でした|横浜市泉区

   訪問業者に指摘された棟板金の調査にお伺い致しましたお宅で、棟板金は指摘された問題は見つからず、ご報告し安心頂けましたが、気になったのは実は棟板金よりも、調査の為にあがったスレート屋根自体でした。築年数は20年以上とお伺いしていましたが、表面の劣化が顕著で、板金を交換したとしても屋根材自体がもう耐用年数を超えているかもしれないと思うほどでした。 ご覧ください。表面...続きを読む

2018/08/1 大使館の屋根補修工事もお任せください!点検・お見積り無料で行っております
大使館の屋根補修工事もお任せください!点検・お見積り無料で行っております

   イタリア大使館の方より「大使館の敷地にある倉庫の屋根の交換をお願いしたいのですが、お見積りをお願いできますでしょうか?」とのご相談を先日頂きました。 大使館からの屋根のお問い合わせというのは、もちろん初めてです。 お話を伺うと、大使館内での工事は行ってもらえるか、点検やお見積りは無料で行ってくれるか、などいくつかの質問をいただきました。...続きを読む

2018/07/30 棟板金の痛みはよく訪問業者に指摘されます|横浜市泉区
棟板金の痛みはよく訪問業者に指摘されます|横浜市泉区

   近隣で工事をしているものですが、とチャイムを鳴らし訪問してくる業者がいます。今回はとりあえずは見てもらったものの、いきなり来た訪問業者ということもあり、弊社にもしっかり点検して現状を知りたいとの事で点検のご依頼がありましたので、その時の様子をお伝えいたします。 遠目から見て棟板金が飛びそうだ、浮いているなどはっきり言えるものなのかどうか。調べてみましょう。 ...続きを読む

2018/07/29 庇はポリカーボネートのメンテナンスだけにあらず|横浜市西区
庇はポリカーボネートのメンテナンスだけにあらず|横浜市西区

   庇やご自宅の外部に建てられているルーフの屋根材として、ポリカーボネートを使用していることが多くなって参りました。ポリカーボネートは透明性が高く燃えにくく、耐候性や耐久性に優れているため、ガラスやアクリルを使用する場面で代わりに使用されることが多くなって参りました。そんな庇やご自宅の外部に建てられているルーフに使用されるポリカーボネートですが、ポリカーボネート自体に問題は無くても...続きを読む

2018/07/29 屋根塗装の現場から|横浜市青葉区
屋根塗装の現場から|横浜市青葉区

   本日は屋根外壁塗装工事の屋根塗装、下塗りまでの途中の工程の様子をお伝え致します。 このお宅の屋根はスレート屋根で築20年程です。縁切がされていなく、スレートの重なり部に雨水が染み込んで黒染みができています。染み込んだ雨水が結露や寒暖差の影響を受けて収縮膨張を繰り返した結果でたひび割れも見えます。表面も塗膜が薄れ雨水の流れ道で白く道ができています。 今日は高圧洗浄後の...続きを読む

2018/07/28 台風が過ぎ去ったあとに化粧スレートが割れている|横浜市港北区
台風が過ぎ去ったあとに化粧スレートが割れている|横浜市港北区

   台風は建物の色々なところに傷跡を残していきます。特に屋根は被害を受けやすいです。棟板金の飛散や瓦の落下は台風が通過するたびにお悩み・お困りのご相談があります。建てられている周囲の環境にもより、全く台風により被害が起こらないところもありますが、台風による被害が頻繁に起こるところもあります。台風が過ぎ去ったあとでもあまり気付き難いのが、化粧スレート屋根です。もともとが平らな形状をし...続きを読む

2018/07/28 縁切りをしていないスレート屋根とは|横浜市泉区
縁切りをしていないスレート屋根とは|横浜市泉区

   本日は築20年経つスレート屋根の調査にお伺い致しました。お問合せのきっかけとしては、近所で工事をしているものですが、お宅の屋根の傷みが気になったものでと、訪問してきます。よくある手口です。 不安感を煽ることを言うのでお客様も困ってしまい、弊社にきちんと点検してほしいという問い合わせは非常に多いです。注意しましょう。直さなくてもいいところまで直す事になるケースが多いようです...続きを読む

2018/07/28 横浜市港北区|急勾配屋根、棟板金交換・屋根塗装工事
横浜市港北区|急勾配屋根、棟板金交換・屋根塗装工事

   本日は横浜市港北区O様宅で行われました、棟板金交換・屋根塗装工事の様子をお伝えいたします。O様宅は築25年、今回が2度目の塗装によるメンテナンスになります。当初は屋根の塗装のみのご要望でしたが、調査の段階で棟板金の浮きや釘浮きなども確認できる状況でした。また、O様宅の屋根は勾配がきつく、一部、屋根用の足場も必要と判断でき、複雑な足場の設置も考慮に入れれば、この期に屋根全体をしっ...続きを読む

2018/07/26 近くで工事をしていると言う業者さんに言われた棟板金の浮きを調査しました|横浜市泉区
近くで工事をしていると言う業者さんに言われた棟板金の浮きを調査しました|横浜市泉区

   本日は、近くと言っても少し離れた建築現場の業者さんに棟板金の浮きを指摘され、それがきっかけでお問合せを受けました泉区K様宅に調査に伺いました。 屋根に上がって直接みれないと、言われただけですと不安です。しっかり屋根に上がって調査していきます。 確かに屋根に上がり大棟を近くで見てみますと、指が軽く入るくらいの隙間ができており、簡単に動いてしまう状態でした。 ...続きを読む

2018/07/25 雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区
雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区

   外壁より内側に樋がある場合、それを箱樋と呼んだりします。箱のような形の樋をしており、雨水がそこに溜まるようになっているのですが、屋根材に板金を使用した箱樋形状の屋根で雨漏りは発生しました。横浜市中区E様より、「暫く使用してない部屋の天井が急に落ちてきた」とお悩み・お困りのご相談がありました。     【最近の集中豪雨も天敵】 先ほど申...続きを読む

2018/07/23 築20年のスレート屋根の傷みとは|横浜市青葉区
築20年のスレート屋根の傷みとは|横浜市青葉区

   築20年、そろそろ色々な所に劣化が見られたとの事がきっかけだったようです。建物自体には10年程前に一度外壁は塗装したとのことでしたが、また10年経ちサイディング外壁のコーキングも気になるとの事で屋根も含めての調査のご依頼を受けましたのでその時の様子をお伝えいたします。屋根は片流れが複合しているような形状でした。 全体的に色褪せがひどく、スレート屋根の今回の建物は...続きを読む

2018/07/23 塩害によるアスファルトシングルの劣化|横浜市金沢区
塩害によるアスファルトシングルの劣化|横浜市金沢区

   海に近いところや潮風の影響があるところでは、塩害というのが付いて回ります。それは屋根材にも言えることです。塩の影響により屋根材の表面は、潮風の影響を受けないところ比べると劣化の進行が早くなる傾向があります。建物に関して言えば、立地の環境によっても劣化の進行に違いが出てくることもあります。潮風を直接受けてしまう建物と、沿岸部に建っているが周囲の建物に隠れている建物とでは、劣化の進...続きを読む

2018/07/23 横浜市港北区|築12年での屋根材の劣化状況・ニチハ パミール
横浜市港北区|築12年での屋根材の劣化状況・ニチハ パミール

   本日は横浜市港北区にお住いのY様より、「屋根の様子がおかしいので調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。Y様がたまたま遠くからご自宅を眺めた際に、屋根の表面が全体的に浮いている様に見えたそうです。直接屋根に上って確認をする訳にもいかず、メンテナンスを踏まえ、点検調査のご依頼を下さった経緯にございます。 築は12程で、現在に至るまで雨漏りなどの不具合は無く、全体的なメ...続きを読む

お問い合わせバナー