横浜市港北区篠原町にてドーム型トップライトの点検調査、破損している場合は雨漏りする前に交換しましょう

HOME > ブログ > 横浜市港北区篠原町にてドーム型トップライトの点検調査、破損し.....

横浜市港北区篠原町にてドーム型トップライトの点検調査、破損している場合は雨漏りする前に交換しましょう

更新日:2023年02月15日

 横浜市港北区篠原町にお住まいのH様より、陸屋根にあるドーム型の天窓がかなり前から破損していた。最近強風や雨が降るときに雨漏りしないか心配になってきたので、一度見に来てほしいとご相談を頂きました。築30年程経過しているとの事でした。さっそく現地にお伺いし状態を確認しどのような対応ができるか点検致しました。

 街の屋根やさんでは引き続き必要な対策を講じて新型コロナウィルス感染拡大防止に努めてまいります。

 

陸屋根には三か所ドーム型トップライトが取り付けてありました

陸屋根のお住まい 三か所ドーム型トップライトが取り付けてありました

 

 現地にお伺いし、気になるトップライトを見てみる事にします。室内を通らせて頂き屋上に出ますと、ドーム型トップライトが三か所も取り付けられておりました。見る限り、表の乳白色のカバー部分が破損しており、養生をしてあることが確認できました。室内にはまだ雨漏りしていないとの事ですが、破損具合や築30年経過している事を考えると、気づかないだけで既に雨漏りしている可能性がございました。

 

破損部は養生しても意味をなさない場合がありますので注意しましょう

カバーが破損したら交換が必要です

 

 こちらが破損が一番ひどかった箇所になります。乳白のカバー部分がほぼ破損して割れてしまっております。また、外側に出ているアルミ枠にボルトで固定しているのですが、ボルト周辺にはコーキングが塗られておりました。ここからの漏水は防げる可能性もありますが、経年劣化によるトップライト本体の歪みでも室内へ雨漏りすることがございます。

 ここまで破損が拡がっている場合は、カバーだけでも交換の必要性がございます。

 

シーリングも紫外線や風雨などの影響で劣化します 室内から見上げるとクロスが染みていました

 

 最後に室内から一番破損が酷い部分を見上げてみます。写真では伝わりにくいのですが雨水を吸ってクロスが少し膨らんでしまっております。雨漏りしておりました。まだ網入り摺りガラスがあるおかげで大きな雨漏りにはなっていませんが、お住まいが傷んでしまっている事には変わりありません。今回は現地にて実測をし、カバーだけの交換が可能だったため、本体ではなくカバー交換工事のご提案をさせて頂きました。

 私たち、街の屋根やさんでは戸建て住宅だけではなく集合住宅や工場などでもよく見られるドーム型トップライトの施工実績も豊富にございます。天窓やドーム型トップライトでお困りの場合は街の屋根やさんへお任せください。

 

 

 記事内に記載されている金額は2023年02月15日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

横浜市港北区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    外壁塗装, 屋根塗装

  • 工事種類

    雨樋交換, 雨漏り修理

  • 工事種類

    その他の工事

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


横浜市港北区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市港北区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市港北区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

天窓の交換、メンテナンスで雨漏りなどのお困り事を全て解決致します!
@media only screen and (max-width: 767px) {.ykorangecheck520 {width:7%;}} ※窓枠のコーキング充填や水切りの交換、天窓周辺の清掃といったメンテナンスの価格となります。  「天窓からの雨漏りで悩んでいる」  「天窓のある部屋…続きを読む
街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!
 弊社では無料で屋根の点検を行っております。  屋根は日々、私たちの生活を守る重要な役割を果たしています。  風雨にさらされ、砂埃に晒され、紫外線に曝され、雨に打たれ、夏は猛暑、冬は厳寒… 実は屋根は日々相当な負担を受けているのです。  雨漏りや損傷など、修理が必要になる前にプロによる点検を受け、…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市港北区のその他のブログ

      2024/03/1 横浜市港北区日吉本町で屋根裏の点検を行いました

      雨漏りをしていないか心配なので見て欲しい 横浜市港北区日吉本町にお住まいのお客様から、特に問題はないと思うが、築年数も経過していて雨漏りなど起こしていないか確認をしてほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 屋根に目立った以上はなさそうでした まずは屋根を確認させていただ...続きを読む

      2024/02/21 横浜市港北区篠原町にて経年劣化により下屋根棟板金が飛散、下地も腐食している時は棟板金交換工事を行いましょう

       とある日、帰宅してみたら玄関廻りに金属の板が落ちていたので、自宅の物かどうかもわからないが心配なので一度点検をしてほしいと、横浜市港北区篠原町にお住まいのI様より街の屋根やさんへお問合せがございました。築20年以上経過し、塗装でのメンテナンスは一度行っているとの事でした。  現地にてまず...続きを読む

      2024/02/18 横浜市港北区師岡町に、後付けバルコニーの屋根を修理したいお客様の調査に伺いました!

        こんにちは! 街の屋根やさんです(=゚ω゚)ノ  今回は強風によって2階バルコニーの屋根が飛ばされてしまい、火災保険で直したいのでその見積もりが欲しいとご連絡をいただき調査に来ました。  それでは早速調査開始です! 欠落した屋根  まずは玄関口か...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港北区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      20年以上
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト ライトグレー
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約20年
      使用材料
      ディートレーディング エコグラーニ ツィードグレー

      その他の施工事例一覧→

      その他の工事を行った現場ブログ

      2024/05/23 軒天工事が必要になる理由|軒天に良く使用される「ケイカル板」の特徴とは?

       屋根が外壁から飛び出している部分を「軒」と呼び、それを見上げた際の天板が「軒天」です。 屋根工事と言えば「屋根塗装」など、屋根材のメンテナンスを想像する方が多いのではないでしょうか。 しかし、軒天も屋根材同様、劣化が著しく進行・不具合が生じた場合にはメンテナンスを必要とします(>_<)...続きを読む

      2024/05/22 ベランダ笠木からの雨漏りに注意!笠木の役割や雨漏りリスクが高い理由とは!?

       ベランダの外周にある立ち上がり壁は「パラペット」と呼ばれ、落下による事故や雨水が外壁に流れ出てしまうことを防止する役割を担っています! しかし、パラペットは強い雨風に常に晒されており、特にパラペットの上部は雨が打ち付ける場所でもあります。 そこで、パラペット上部に備え付けられているのが「笠木」とい...続きを読む

      2024/05/19 カーポート屋根におすすめな「ポリカーボネート」とは?特徴・メリットと併せてデメリットを徹底解説

       一昔前、カーポート屋根やベランダ波板屋根材の主流と言えば「塩化ビニール(塩ビ)」でした。 しかし、塩ビは経年劣化が進行しやすく、熱や紫外線の影響を受けやすい特徴を抱えています(>_<) そうした中、最近になってカーポート屋根・ベランダ波板屋根材の主流となっているのが「ポリカーボネート」...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      25年前後
      使用材料
      FUJIOKA ヨーロピアン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!