庇の読み方や設置場所を解説!室内環境・内装においても大きなメリットがあります!

HOME > ブログ > 庇の読み方や設置場所を解説!室内環境・内装においても大きなメ.....

庇の読み方や設置場所を解説!室内環境・内装においても大きなメリットがあります!

更新日:2024年02月29日

 」は多くのお住まいに設置されていますが、読み方や設置場所が分からない方も多いと思います(>_<)
 ですが、庇は設置場所はもちろん、室内の環境や内装の機能・保護において非常に大きな役割を担っています!

 今回は庇の読み方・設置場所・役割と併せて、庇に必要なメンテナンスを詳しくご紹介致します(^^)/

 

庇の読み方と役割・注意点

窓の上に設置された庇 玄関上部に設置された庇

 庇は「ひさし」と読み、窓や玄関などの上に独立して設置される小さな屋根を指します!
 よくと間違えられることもありますが、軒は屋根が外壁から飛び出している部分であり屋根と一体になっています。
 間違えない様に注意しましょうね(^^♪

 庇は日差しや雨、雪などが窓や玄関に直接吹き付ける事を防止して設置個所の汚損を低減させます(#^^#)
 さらに、そうした汚損は部材の劣化促進の原因にもなりますので、間接的にメンテナンスコストを削減しているとも言えます!

 また、窓に設置された庇は直射日光を遮ることで室内の過度な温度上昇を防ぎ、内装の日焼けなどを防止する効果も持っています。

一般的に庇の勾配は小さい

 ただし、庇はお住まいの中でも雨漏りの原因になりやすいという特徴も持っています。

 庇は屋根と比較しても勾配が少ない場合が多く、排水性に優れているとは言えません。
 外壁の取り合い部分のシーリングや、庇上面部の下地材である防水紙(ルーフィング)に傷みが生じる事で雨漏り被害に繋がってしまう事が多いです(>_<) 

 上記の様な被害を未然に防ぐ為にも、外壁と併せて庇の定期的な点検・メンテナンスを行いましょう!

庇に必要なメンテナンスとは?

庇の塗装メンテナンスの様子 庇の塗装工事の様子

 庇に必要なメンテナンスとしてまず挙げられるのが、塗装メンテナンスです!
 一般的なお住まいの庇の上面に使用される部材は多くの場合ガルバリウム鋼板などの金属素材で、横板となる鼻隠しや軒天などに木材が使用されている場合もあります。

 こうした金属素材・木材は塗膜によって防水性が付与されており、塗膜の劣化は防水性の低下から金属素材の錆の発生や木材の腐食を招きます😰

 どちらも進行する事で、穴あき隙間を招く事から雨漏りに繋がってしまう事もありますので、定期的に塗装メンテナンスを行って防水性を維持しましょう(#^^#)

 また、庇上面の板金に著しい錆の腐食・穴あきが発生している場合には「カバー工法」、下地が著しく劣化している場合は「張替え工事」劣化の進行具合によって工事規模・費用も大きくなります(>_<)

 定期的な点検・メンテナンスを行う事は、結果的にメンテナンスコスト・手間を抑える事に繋がります!

庇の読み方や設置場所を解説!まとめ

 庇は窓や玄関上部に設置されることで、設置場所の汚損やそれによる劣化進行を低減させます(#^^#)
 さらに、室内への直射日光の差し込みを防ぐ事から、室内温度の過度な上昇を抑え内装の日焼けも防止する効果を持っています!

 そのことから、庇は設置場所の保護だけでは無く、室内の快適性向上・内装の保護の役割もになっているお住まいにとって重要な構造と言えます😊

 ただし、庇は勾配が少ない事から劣化進行によって雨漏りを生じさせやすいデメリットがあります😰
 また、不具合の放置は被害や修繕工事の規模を拡大させ、結果的にメンテナンスコストを大きくしてしまう事に繋がります。

 定期的な点検・塗装メンテナンスを施す事で庇の状態を健全に保ち、上記の様な被害を未然に防ぎましょう!

 私達、街の屋根やさんは屋根工事の専門業者ではありますが、庇の塗装・カバー工法・張替えなどの工事実績も豊富です。
 庇の点検・メンテナンスをご検討されている方がおられましたら、点検~お見積りの作成まで無料にて承っておりますのでお気軽にご相談下さい(^^)/
 

 記事内に記載されている金額は2024年02月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法
 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。  最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けて…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      その他の工事を行った現場ブログ

      2024/07/3 軒が短い家のデメリット|軒の場所・役割と併せて軒ゼロ住宅の注意点をご紹介!

       「軒」は屋根が外壁から飛び出した部分を指し、お住まいや生活を守る重要な役割を担っています。 その為、軒が短い家や最近流行している「軒ゼロ住宅」の場合には、注意が必要です。 今回は軒の場所・役割と併せて、軒ゼロ住宅の注意点を詳しくご紹介いたします。軒の場所・役割とは? 冒頭でもお伝え致しました通り、...続きを読む

      2024/06/29 SGL鋼板とGL鋼板の違いとは?SGL鋼板がGL鋼板よりも優れているポイントをご紹介!

       近年、金属屋根材の主流となっているのがGL鋼板(ガルバリウム鋼板)です! 一昔前に主流とされていた「トタン」よりも耐久性に優れ、なによりも金属素材でありながら錆に非常に強いという大きな特徴を持っています(#^^#) しかし、現在ではガルバリウム鋼板をさらに改良した金属素材SGL鋼板(エスジーエル鋼...続きを読む

      2024/06/6 コロニアルNEOが塗装出来ない理由とは?高圧洗浄はノンアスベスト屋根材が損傷する原因になります!

       現在、最も普及している屋根材と言えば「スレート屋根材」ですが、導入コスト・軽量性に優れる屋根材である一方で約10年に1度を目安に塗装メンテナンスによって塗膜の保護機能を回復させる必要があります。 しかし、スレート屋根材の中には「塗装が出来ない・しても意味がない」とされるものも存在しますǶ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      約20年
      使用材料
      オートンイクシード

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!