屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 屋根の台風対策は早いに越したことはありません|川崎市多摩区

屋根の台風対策は早いに越したことはありません|川崎市多摩区

更新日:2018年4月7日

昨日から強風が続いていて、建物に影響が出ている所が多くなっている様です。台風並みの強風だったので、屋根の板金が飛んでしまった建物もありました。川崎市多摩区の建物も何だか分からないけど、屋根の上で大きな音がバタバタとしているというお問合せがありました。風が強いと梯子を架けるのは危険なのですが、風が止んだタイミングを見計らって屋根に上りました。大きな音の原因は棟板金が折れ曲がって屋根に叩きつけられていた事で、今にもちぎれて飛んでしまいそうでした。このままでは危険なので、仮で固定をしておきました。棟板金は貫板(ぬきいた)という木を屋根に打ち付けた後に、棟板金を上から被せて横から貫板に釘で固定しているのですが、築年数が経過すると木が痩せてしまい釘が抜けてしまう事がありますし、雨水が回って貫板が腐ってしまう事もあります。浮き気味になってしまうと風が下から吹き込んで持ち上げてしまうので、下地の状態を板金の固定をしっかとおこなわなければなりません。台風シーズンはまだ先ですが、屋根の台風対策は早いに越したことはありませんので、被害が広がる前にしっかり直しましょう!

大きな音の原因

大きな音の原因は、棟板金が折れ曲がっていて強風に煽られて屋根にバンバン当たっていた音でした。屋根の上には抜けた釘が何本も転がっていて、以前から釘が抜けていた可能性が高そうです。

貫板(ぬきいた)という棟板金の下地の木は腐ってはいませんでしたが、痩せている様です。板金もちぎれそうになっていたので、このままにしていたら飛んでしまっていたかもしれません。この貫板の上に棟板金を被せて横から釘で固定をするのですが、強風に煽られて抜けていました。屋根は瓦棒葺きで瓦棒の上に貫板を乗せるので、下に隙間があり下から煽られる可能性が高い納まりになっています。

仮養生で飛散は防ぎました

このままに出来ませんので、折れ曲がった棟板金を元に戻してからビスで固定します。貫板に固定するのですが場所によってはビスも効かない所がありました。

折れ曲がってちぎれそうな部分は養生テープでとりあえず雨水が入らない様にしました。飛びそうな部分はこの一か所でしたが、他の部分も釘が抜けている所が結構あり、飛んでしまう可能性が高いと思います。台風シーズンはまだ先ですが、今回の様な強風が吹く事もありますし、屋根の台風対策は早いに越したことはありませんので、被害が大きくなる前に早めに直していきましょう!

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せください。

 記事内に記載されている金額は2018年04月07日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      川崎市多摩区のその他のブログ

      2021/07/20 川崎市多摩区登戸で雨漏りしているスレート屋根の葺き替え工事が始まりました

       川崎市多摩区登戸で屋根葺き替え工事が始まりました。 雨漏りしていて先日散水試験で雨漏りの原因になっている部分が特定出来ましたので、その部分を直す為に葺き替え工事をおこなう事になりました。 屋根の谷間部分が劣化していて水をかけると直ぐに小屋裏に水が垂れてきました。スレート葺き屋根の場合、谷板金の回り...続きを読む

      2021/07/18 川崎市多摩区菅で下地の劣化によって釘が浮いた棟板金は交換工事が必要です

       川崎市多摩区菅で屋根の調査をおこないました。 お問合せのきっかけは近所で工事をしている業者から『棟板金の釘が抜けているので直ぐに直した方が良い』と言われた事でした。 その業者は屋根に上ってはいませんでしたので、屋根の状況を確認するために梯子を架けて調査していきます。屋根の状態を調べます  スレート...続きを読む

      2021/06/29 川崎市多摩区登戸で雨漏り原因調査の為に散水試験をおこないました

       川崎市多摩区登戸で雨漏りにお困りの建物の調査をおこないました。 天井に雨漏りの跡が有り原因を調査するための散水試験をおこなっております。雨漏りはどこから雨水が入り込んだのかを特定する事が重要で、雨が降った状態を再現する為に原因と想定できる部分に水をかけて浸入箇所を特定する作業を散水試験と言います。...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      川崎市多摩区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      築29年
      使用材料
      コロニアルクアッド

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる