人気の平板瓦、その種類とメリット、デメリットをご紹介! | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 人気の平板瓦、その種類とメリット、デメリットをご紹介!

人気の平板瓦、その種類とメリット、デメリットをご紹介!

更新日:2023年11月16日

日本は古くから屋根材として瓦を愛用してきました。

 

現在もなお使用されている瓦ですが、その種類はとても豊富です(^_^)/

 

新築をご検討中のお客様の中には、屋根について調べているうちに、「平板瓦」とか「平瓦」という言葉を目にするかと思います。

 

どのような瓦なのか、「平板瓦」と「平瓦」は同じ種類なのか?と疑問に思われた方もいるかと思います。

 

今回はこの「平板瓦」についてお話したいと思います!

平板瓦とは?

平板瓦 平板瓦

日本で広く使われている、一般的な山と谷の波形状がある瓦に対して、その波形状を廃止してフラットな形状のデザインにしたものを「平板瓦」と呼びます

 

この平板瓦には大きく分けて4種類あります。S形瓦J形瓦M形瓦、そしてF形瓦です。

 

代表的な平板瓦は「F形瓦」で、「F」はFlatのイニシャルからついたとも言われてます。

 

近年瓦屋根の中では一番人気の瓦です(^_^)/

平板瓦は主に4種類

M形瓦

F形瓦が平板瓦という事が分かりました。ではM形瓦はどんな瓦でしょう?

M形瓦は波型の形状の盛り上がりの部分を2つにした形状をした瓦で、別名ふた山瓦とも呼ばれています。

 

形アルファベットのMのように山が二つある事からM形瓦と呼ばれます。

 

ヨーロッパでは古くから使用されたタイプで、ヱビス瓦工業株式会社の「モニエース」や三州野安株式会社の「セラマウント」などもこのM形になります。

 

ヨーロッパの家を思わせるエレガントな仕上がりで人気もあります。

M型瓦 s型

S形瓦

S形瓦は断面が緩いS字のカーブを描いている洋風瓦のことを指します。

 

S形はS字曲線を描くのでS形瓦ともいわれていますが、ヨーロッパ(スペイン)から来たということでSpanishのSから名前がついたともいわれています。

 

赤土色を始めとした温かみのある色合いがよく似合う瓦です。

J型日本瓦 J型瓦または日本瓦

J形瓦

もう一つ、よく聞く瓦でJ形瓦があります。

 

これは和瓦、日本瓦とも呼ばれている、緩やかなカーブを描いた形状の瓦です。

 

Jは「Jananese(日本)」の頭文字をとったと言われています。日本瓦は古くから使用されている屋根材で、粘土瓦とも呼ばれます。

 

作り方は、均一に練り上げた粘土を瓦の形に切り分け乾燥させた後、炉で焼き上げます。

 

最後に空気を遮断し余熱で完全に乾燥させると日本瓦の完成です。

 

それでは平瓦とは?

では一方、平瓦とはどんな瓦でしょう?

 

一般的に平瓦と平板瓦が混同されて表記されていたり同じ物のように言われていますが、実は全くの別物です。

 

平瓦は、お寺や神社に昔から使われてきている瓦の一種で、本瓦葺きと呼ばれる葺き方に使用されます。

 

一般的な日本瓦と違い、神社やお寺で使わられている瓦は、平瓦と呼ばれている平板な瓦と、棟から軒まで伸びた丸瓦の組み合わせで成り立っている屋根です。

 

構成上、丸瓦と平瓦との組み合わせで組まれれるため、どうしても重量が増し、一般住宅ではほとんど使用されていません。

 

一般住宅用に使われないため、ほとんど区別されることなく、平板瓦を平瓦とも呼ばれてしまっているのが現状のようです。

お寺で使用される平瓦

 

平板瓦のメリットとデメリット

メリット

近年人気の平板瓦ですが、一般的な瓦に対して、メリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょう。まずはメリットから紹介します(^_^)/

 

・屋根の面がフラットなので太陽光パネルを載せやすい

・オーバーラップロック構造など、防災性を重視した製品が多く登場したこと

・平米(坪)当たりの瓦の枚数が少なくすむ。施工にかかる費用、工期が低減

・洋風建築でも和風建築でもあうシンプルなデザイン

平板瓦 平板瓦

デメリット

・空気層の厚い屋根に比べて通気性能が劣る

・F形は他の形に比べて直射日光の影響を受けやすく、空気層の厚みが薄いため、屋根から熱が室内に伝わりやすい

・種類が多いが生産終了品も多いため、交換するための瓦が確保できない

 

地震に強いガイドライン工法

高級感、重厚感のある見た目が魅力の瓦屋根ですが、「地震に弱いから…」という理由で瓦屋根にすることを諦めている方はいませんか?

 

従来の瓦屋根は、瓦桟と呼ばれる木材に瓦を引っ掛けているだけなので、強風や地震で瓦の落下や飛散が発生し、瓦屋根は地震に弱いというイメージがつきました。

 

阪神淡路大震災で瓦屋根のお家の多くが倒壊したことを受け、2000年に建築基準法が改正されました。

 

建築基準法改正に対し、瓦業界の団体は2001年に、地震や台風に強い瓦屋根の実現のためにガイドラインを発行しました。

 

このガイドラインに沿って行う施工法を「ガイドライン工法」と呼びます(^_^)/

 

瓦桟に引っ掛けるだけだった工法をガイドライン工法では瓦2枚につき1本の釘を使用して瓦を固定することを最低基準とし、瓦の落下や飛散を防止します

 

屋根の頂点部分である棟も緊結線を使用してしっかり固定します。

 

このガイドライン工法で施行された瓦屋根は、阪神淡路大震災クラスの揺れでも瓦が落下しなかったという心強い実験結果があります!

 

また、2020年9月に国土交通省が「新築の瓦屋根を全固定することを義務化する方針を固めた」と発表しました。

 

詳細はまだ発表されていませんが、瓦屋根の耐震性はどんどん高くなっていくでしょう(^_^)/

 

まとめ

平板瓦

平板瓦は、すでに販売され始めてから約30年程度が経過しており、その見た目の美しさや種類の豊富さ、防災性などから多くの人に愛され、たくさんの種類が作られてきました。

 

それだけ人気になりたくさん製造され分、現在となっては廃盤となってしまっている製品もまた、多く存在します。

 

次から次に人気のデザインが作られては消えていくため、今では古い瓦とまったく同じ種類の瓦を入手することは困難でもあります。

 

台風などで破損してしまった際、まったく同じ瓦でないと、雨漏りがしてしまう、屋根全てを葺き替えないといけない、とご不安に思うかもしれませんが、現在販売されている瓦の中から、似た瓦で部分的に差し替える工事が可能です(差し替えできない種類もあります)。

 

古い瓦が破損してしまったという場合、どのような工事がご提案できるか、まずは屋根の専門家である私達街の屋根やさんにご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2023年11月16日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

屋根葺き替えで雨漏り解決!メリット・デメリットを解説!【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 最近では台風や地震が頻繁に発生し、瓦屋根に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?  重くて堅固な瓦が地に落ちると、まず間違いなくその着地点の物を傷つけ、破壊してしまいます。 自分の敷地内であればまだしも、お隣に被害を及ぼしてしまった場合、問題が複雑化します。  頑丈で重い屋根材故に、適切…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2024/07/18 塗装してはいけない屋根材の見分け方とは?そんな屋根に最適なメンテナンス方法をご紹介!

        家のメンテナンスは、お住まいの寿命を延ばし、快適な生活を維持するために不可欠なものです。その中でも屋根のメンテナンスは特に重要です。屋根は外部環境から家を守る第一の防壁であり、雨風や太陽光、雪などの自然の厳しい条件に常にさらされています。  しかし、全ての屋根材が同じようにメ...続きを読む

      2024/07/17 屋根塗装をしたばかりのスレートが雨漏り!?施工不良「縁切り不足」が雨漏り被害に繋がる理由とは?

       「スレート屋根塗装をしてもらったばかりなのに雨漏りが発生してしまった...(>_<)」 せっかく屋根のメンテナンスを行ったばかりなのに、すぐにトラブルが発生してしまっては残念な気持ちになりますよね... 実は、こうしたケースの場合、屋根塗装メンテナンスの施工不良が原因である可能性があり...続きを読む

      2024/07/17 屋根下地材の役割|「防水紙」「野地板」の重要性を徹底解説!

       屋根と言う言葉を聞いて、多くの方がイメージされるのは「スレート」や「瓦」などの屋根材ではないでしょうか。 しかし、屋根は構造物であり、当たり前ですが屋根材だけで構成されている訳ではありません(>_<) 普段目にする事は出来ませんが、屋根材の下にある「屋根下地材」は非常に重要な役割を担っ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17~18年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドグリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      41年
      使用材料
      オークリッジスーパー オニキスブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!