屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 横浜市南区六ッ川で笠木の調査、手摺の柱と笠木の隙間は雨漏りの.....

横浜市南区六ッ川で笠木の調査、手摺の柱と笠木の隙間は雨漏りの危険性があります

更新日:2021年1月20日

 雨漏りは建物の色々な箇所から発生する危険性があります。屋根からと思われている方も多いようで、もちろん屋根から発生する雨漏りが件数的には一番多いですが、屋根以外からの発生する可能性のある箇所も注意しておかなくてはなりません。横浜市南区六ッ川にお住いになられているT様のお宅でも雨漏りに繋がりそうな箇所がありました。それはバルコニーの手摺と笠木の部分でした。冬が到来してから新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数や重症者数が激増しております。街の屋根やさんでは、マスク着用やこまめな消毒、こまめなうがいなどの対策を行い続けており、zoomでの打合せも行うことが可能です。

バルコニーの手摺と笠木 バルコニー手摺の柱と笠木の取合い

 

バルコニーにある手摺と笠木の取合いは雨漏りに繋がる危険性があります

手摺の立っている笠木は雨漏りに注意 笠木が板金で出来ている場合は特にメンテナンスが必要になります

 バルコニーの手摺壁の上端には、雨水の侵入を防ぐために笠木と呼ばれる部材が被せられております。この笠木に手摺が建てられているタイプがございます。手摺が建てられているタイプは、手摺の柱が笠木に刺さるよう固定されてあります。最初は問題ないのですが、この手摺に布団を干すのに日々の中で荷重をかけたりすることが多いようで、風による風圧も受け続ける環境にあります。使用年数の経過に伴って徐々に不安定になってくることが最近になって分かって参りました。

 

手摺が以前と比べて少しでもグラグラしていたら調査や点検を依頼しましょう

バルコニー手摺の柱と笠木に出来る隙間

 横浜市南区六ッ川T様のお宅では、手摺が少しグラグラとしており手摺の柱と笠木の取合いに隙間が出来てしまっておりました。この隙間に雨水が侵入すると雨漏りに繋がる危険性があり、手摺の柱と笠木の取合いに出来る隙間が原因で雨漏りしているお宅の実在します。笠木がアルミ製ではなく板金で造られている笠木の中に多く発生しております。横浜市南区六ッ川T様のお宅では、笠木と手摺を新設する工事をおすすめいたします。私達、街の屋根やさんでは、屋根と同じ役割を担っている笠木の改修やメンテナンスも承っております。笠木の改修やメンテナンスは、街の屋根やさんにお任せください。

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年01月20日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り
意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り
お住まいの天敵である雨漏り。雨漏りというと「屋根から」というイメージをお持ちの方が大半だと思いますが、実はベランダやバルコニーから、さらには笠木が原因となり雨漏りが発生することが意外に多いということをご存じでしたでしょうか?建物から外面に張り出した形で存在しているベランダやバルコニーの手すり壁に天を…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市南区のその他のブログ

      2022/08/29 横浜市南区中里でセキスイかわらUで葺かれた屋根を調査しました

      セキスイかわらUで葺かれた屋根  横浜市南区中里にお住まいのお客様よりご自宅の屋根の調査をしてほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根はセキスイかわらUで葺かれた屋根で、表面の劣化・ヒビ割れが酷い状態でした。かわらUは1990年ごろからノンアスベスト製品としてリニューアルした製...続きを読む

      2022/08/7 横浜市南区永田東にて棟板金が一部飛散しまったお住いの調査に伺いました

      棟板金が一部飛散している 横浜市南区永田東にて棟板金が一部飛散しているお住いの現地調査を行いました。調査時は雨が降った直後で屋根が濡れている状況でしたのでドローンでの調査を行いました。 屋根全体を見てみますとお客様のお住まいはスレート屋根材で寄棟屋根でした。寄棟屋根の隅棟と呼ばれる箇所が一か所、大棟...続きを読む

      2022/07/27 横浜市南区永田山王台にて樹脂製の貫板を用いた棟板金交換を実施

       横浜市南区永田山王台にお住いのお客様より「棟板金が浮いているようだとの指摘があったので見て欲しい」とのご依頼をいただき現地調査へ伺いました。これから台風シーズンに向かいますので、このような指摘があった場合、心配になられる方も多いと思います。しかし、不安を煽るような指摘や、契約を急がせるような場合は...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市南区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根新設
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      19年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック

      その他の施工事例一覧→

      その他の工事を行った現場ブログ

      2022/09/27 横浜市港北区鳥山町で屋根の不具合を指摘されたお住まいを調査してきました

      指摘を受けた屋根 横浜市港北区鳥山町にお住まいのお客様より、突然訪問してきた業者さんから、「太陽光パネルが外れそうになっているから屋根ごと修理したほうがいい」と指摘を受けたので、本当かどうか見てほしいとご相談をいただき、現地調査にお伺いしてきました。 指摘を受けた太陽光パネルを調査  太陽...続きを読む

      2022/09/8 海老名市大谷南にて瓦の破損について調査 軽微な補修も早めが大切です

       海老名市大谷南にお住いのお客様より「瓦がズレているので見てほしい」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。瓦は、50年以上耐用年数があるものが多く、割れない限りメンテナンスがいらないというようなイメージが強いかもしれません。今回は、瓦特有の部分修理や、メンテナンスが必要な部分について、点検結果と...続きを読む

      2022/08/31 藤沢市菖蒲沢にて落下したケラバ瓦を調査

       藤沢市菖蒲沢にお住いのお客様より「以前の強風で瓦が落下したため直したい」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。強風による被害の場合は、ご加入中の火災保険の適用対象になります。ただし、原状回復ための工事代が20万円以上が対象など、保険のタイプにより異なるため注意が必要です。台風などに備え、火災保...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根新設
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト
      施工内容
      その他の工事
      築年数
      約40年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製板金0.35mm厚

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる