屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 和小屋?洋小屋?屋根を支える小屋組の構造と特徴についてご紹介.....

和小屋?洋小屋?屋根を支える小屋組の構造と特徴についてご紹介

更新日:2021年1月23日

 屋根の構造として欠かせない小屋組ですが、実は和小屋と洋小屋があります。言葉を聞いてわかると思いますが、和小屋が日本の伝統的な小屋組みに対し、洋小屋は欧米の住宅構造から取り入れた小屋組みになります。小屋組みに大きな差はないと思われがちですが、構成自体が違う為得意な場面がわかれます。そこで今回はまず小屋組みに関するおさらいと和小屋・洋小屋の違い、特徴をご紹介いたします。

 
和小屋について

小屋組とは?

  小屋組とは木造住宅における屋根の骨組みで、柱や梁に力を伝達させながら屋根の重みを支える役割があります。木造住宅にとって雨漏りは最大の弱点、雨仕舞を徹底させるためにも屋根には勾配(傾斜)を付けることが基本となっており、小屋組は屋根にとって欠かせない役割を果たしているのです。

 

屋根の勾配

急勾配屋根 緩勾配屋根

  屋根の勾配はお住まいによって異なりますが、〇寸と図面に表記されています。基本は4寸程度ですが、数字が小さくなるほど傾斜が緩い緩勾配、数字が大きくなるほど傾斜が急な急勾配と判断されます。小屋組みはこの勾配を保つために欠かせません。屋根勾配によっては屋根材の傷み方や雨漏りリスクも異なりますので、建築時に勾配に視点を置くことも重要です。

 

  ちなみに4寸勾配程の屋根はどの屋根材メーカーも基本にしていますので使用できない屋根材はほとんどありません。2~3寸勾配は水捌けが悪くなり雨漏りのリスクが高まる可能性がありますので、水捌けが良い屋根材しか使用できません。一方急勾配屋根は排水性が非常に良い為、屋根材が破損しない限りメリットが多い形状と言われています。しかし急になればなるほど施工も難しくなるため、メンテナンスごとに屋根足場が必要になったり屋根面積が広い為施工費用が高くなる可能性がありますので、あらかじめ注意が必要です。

 

  勾配に関しては立面図や矩計図でも確認できますが、4/10というように表記されています。この場合は4寸を示しており、〇/10の〇部分の数字を参考にして頂ければと思います。

 

和小屋と洋小屋の違い

  日本伝統の構造というだけあり、ほとんどのお住まいの小屋組には和小屋が採用されています。和小屋の基本は梁と束で母屋を支える構造をしています。棟に対して垂直にある束が荷重を受け梁に伝達、梁が曲がることで力が柱に伝わり全体に荷重を分散させ屋根を支える構造です。曲げモーメント等の難しい言葉で説明されていることもありますが、一般的に見たことがある小屋組が和小屋と思って頂いて問題有りません。

 

  一方洋小屋というのは「トラス」と呼ばれる三角形を基本として構成される構造を取り入れており、束と母屋にあわせて斜めに「方杖」と呼ばれる斜め材を取り入れています。和小屋と較べ、短い部材も何個もつなぎ合わせて構成されるため長い部材に荷重がかからずに済みます。ただしそれらは地上で組んでから桁上まで上げねばならない為、クレーンの搬入やある程度のスペースが必要になります。

 
トラス構造 トラスとは

  構造はさておき大きな特徴の違いは、和小屋が6m未満での構造に適している一方、洋小屋は広いスパンでの施工も可能の為、6m以上の施工も可能です。ただし一般住宅で広いスパンでの施工が必要になるケースが少ない為、やはりどちらかというと和小屋が採用されることが多いのです。

 
束 斜め材の役割

 
▼束
2階の梁の上や1階の床下などに立てる短い柱のことで、2階の梁の上の束は「小屋束」と呼ばれます。屋根組の母屋を支え屋根にかかる負荷を梁に伝え力を分散させる役目があります。

▼母屋
屋根頂部にある棟木と平行して設置されており、垂木を支える部材です。垂木は野地板を支えその上に屋根材が葺かれますので、高い強度が求められます。

▼方杖(ほうづえ)
 柱と梁などの横架材との内角に取り付ける突っ張りの斜め材です。上からの力も横からの力にも耐えうるための強度を持ちます。

 

小屋組の重要性

屋根構造の基本 野地板内部の腐食には注意

  今回和小屋・洋小屋の違いについてご紹介させて頂きましたが、どちらの構造を採用しているとしても、基本は屋根の骨組みですので非常に重要な部分に変わりありません。仮に経年劣化や屋根材の破損によって雨漏りを起こすようなことがあれば小屋組の木材自体が腐食や劣化を引き起こしかねませんので、定期点検と適切なメンテナンスは必要不可欠です。屋根葺き替え工事の際には屋根の下地となる野地板は交換や増し張り補強も可能ですが、よっぽどのことが無い限り、束や梁の交換等を行うことはありませんので被害が生じる前の対策をしっかり講じましょう。私たち街の屋根やさんは点検・お見積りを無料にて承っております。屋根工事の際に屋根材のみの補修で済む場合と、構造から補修し直す必要があるかは状況によって異なります。新型コロナウイルスを徹底した上でお伺いさせて頂きますし、オンライン相談も承っておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

 

 記事内に記載されている金額は2021年01月28日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係
屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係
 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。 屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる