横浜市瀬谷区下瀬谷で塗膜の劣化してきたスレート屋根のメンテナンス、塗り替えることでより長持ちします

HOME > 施工事例 > 横浜市瀬谷区下瀬谷で塗膜の劣化してきたスレート屋根のメンテナ.....

横浜市瀬谷区下瀬谷で塗膜の劣化してきたスレート屋根のメンテナンス、塗り替えることでより長持ちします

更新日:2021年03月26日

【施工前】

【施工後】

施工内容屋根塗装

築年数22年

平米数234.6㎡

施工期間7日間

使用材料ファインパーフェクトベスト

保証8年間

ハウスメーカーハウスメーカー不明

足場アイコンアパートアイコン屋根塗装

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 スレートは一般住宅によく使用されておりますが、アパートの屋根にも使用されていることが多い屋根材です。アパートの屋根は一般住宅の屋根と比べてメンテナンスの頻度が低い傾向がありますが、その分傷んでいる状態にあります。比較的スレートは塗装をすることでより長持ちするようになりますが、塗装したその塗膜がまた劣化したり傷んできたするようになります。その場合は再び塗装する必要があります。塗り替えはタイミングが大切で、スレートが傷み過ぎる前に屋根塗装しておく必要があります。塗装を行うことでスレートの表面に新しく紫外線や雨風から護る層が造られますが、スレート自体の傷みが回復することはございません。なので塗り替えはタイミングが大切とうことになります。
 横浜市瀬谷区下瀬谷にあるこちらのアパートは、これまでに屋根をメンテナンスしておりませんでした。アスベストが含まれているスレートであるためひび割れや亀裂は殆ど見られませんでしたが、表面から傷み始めておりました。歩いてみるとスレートの表面がザラザラして砂っぽい感じがしておりました。これはスレートの表面に元々あった紫外線や雨風から護る層が剥がれ出している証拠です。苔も非常に多く付着しており美観としても損なわれている印象を受けました。
 今後も現在使用しているスレートを長持ちさせて使用していきたいとのご希望により、屋根塗装工事を行ってメンテナンスを行う運びとなりました。
 亀裂やひび割れが極端に多くなく、傷み方もボロボロとしていない場合は、塗装でのメンテナンスが可能なことが多いです。スレートを使用した屋根の場合は、使用し始めて10年くらいが経過した時点で点検・調査をしてみてください。傷み過ぎる前に塗装を行えばより長持ちしやすくなります。
 横浜市瀬谷区下瀬谷のこちらのアパートで行う屋根塗装工事で使用する塗料は、日本ペイントさんのファインパーフェクトベストです。ファインパーフェクトベストはターペン可溶2液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候屋根用塗料という正式名の塗料です。
 徐々に暖かくなってまあいりましたが、新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数が変異種の影響もあり再び増加しております。街の屋根やさんでは、マスク着用や手指のこまめな消毒やうがい、ソーシャルディスタンス、zoomを使用した打合せなどの対策を引き続き行って参ります。
 スレートは一般住宅によく使用されておりますが、アパートの屋根にも使用されていることが多い屋根材です。アパートの屋根は一般住宅の屋根と比べてメンテナンスの頻度が低い傾向がありますが、その分傷んでいる状態にあります。比較的スレートは塗装をすることでより長持ちするようになりますが、塗装したその塗膜がまた劣化したり傷んできたするようになります。その場合は再び塗装する必要があります。塗り替えはタイミングが大切で、スレートが傷み過ぎる前に屋根塗装しておく必要があります。塗装を行うことでスレートの表面に新しく紫外線や雨風から護る層が造られますが、スレート自体の傷みが回復することはございません。なので塗り替えはタイミングが大切とうことになります。
 横浜市瀬谷区下瀬谷にあるこちらのアパートは、これまでに屋根をメンテナンスしておりませんでした。アスベストが含まれているスレートであるためひび割れや亀裂は殆ど見られませんでしたが、表面から傷み始めておりました。歩いてみるとスレートの表面がザラザラして砂っぽい感じがしておりました。これはスレートの表面に元々あった紫外線や雨風から護る層が剥がれ出している証拠です。苔も非常に多く付着しており美観としても損なわれている印象を受けました。
 今後も現在使用しているスレートを長持ちさせて使用していきたいとのご希望により、屋根塗装工事を行ってメンテナンスを行う運びとなりました。
 亀裂やひび割れが極端に多くなく、傷み方もボロボロとしていない場合は、塗装でのメンテナンスが可能なことが多いです。スレートを使用した屋根の場合は、使用し始めて10年くらいが経過した時点で点検・調査をしてみてください。傷み過ぎる前に塗装を行えばより長持ちしやすくなります。
 横浜市瀬谷区下瀬谷のこちらのアパートで行う屋根塗装工事で使用する塗料は、日本ペイントさんのファインパーフェクトベストです。ファインパーフェクトベストはターペン可溶2液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候屋根用塗料という正式名の塗料です。
 徐々に暖かくなってまあいりましたが、新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数が変異種の影響もあり再び増加しております。街の屋根やさんでは、マスク着用や手指のこまめな消毒やうがい、ソーシャルディスタンス、zoomを使用した打合せなどの対策を引き続き行って参ります。


担当:佐々木


【施工の様子】

アパートの屋根を洗浄 アパートのスレート屋根を高圧洗浄機で洗浄

 建物の外部に面している部分は、普段から紫外線や雨風に晒されていることでホコリや汚れが付着しております。高圧洗浄機を使用して苔や汚れ、そして表面の脆弱な部分を洗い落としていきます。

 既存の表面加工が弱くなっている箇所もありますし苔の付着がある部分もございますので、水圧を利用して剥がしていきます。軒先などの付着した苔や汚れは、ワイヤーブラシや真鍮ブラシなどを使用して落としていきます。

 

ベスコロフィーHGで下塗り 真っ白になるまでスレートを下塗り

 スレートが乾燥してから実際に塗りの工程に入っていきます。どんどん白くなっていくのが見えますがこれは下塗りと呼ばれる段階です。スレート屋根塗装では塗料の取扱説明書通りに行っていきますが、ほとんどの塗料は3回塗る工程となっております。洗浄やケレンといった下準備が終わって初めて塗りの工程に入っていきます。

 今回使用する日本ペイントさんのファインパーフェクトベストも、下塗り材1回、上塗り材で2回塗で計3回塗る工程です。屋根は一度下塗り材を塗ることで真っ白になります。既存の明るい緑色が見えなくなるまで塗り込んでいきます。

 

タスペーサー差し込み スレートの上下の隙間にタスペーサーを差し込む

 縁切りやタスペーサーは工程として必要な作業です。塗料の取扱説明にも記載されている作業です。スレート屋根は強風や大雨などの想定外の雨が降ったときに、構造上屋根材の下に入り込みます。入り込んだ雨水を排出するための出口を造る作業となります。

 縁切りやタスペーサーの差し込みを行うことで、スレートとスレートの合わさって部分に雨水が溜まりづらくなり、スレートの傷みの進行を遅らせることに繋がります。

 

下塗りの乾燥 下塗りとタスペーサー差し込み

 下塗りが乾燥してから次の中塗りの工程に入りま前に一旦屋根全体を確認します。下塗りは塗装対象物と上塗り材の間にを取り持つ役割があります。下塗り中も確認しながら塗りますが、塗られていない箇所が無いか、スレートの素地が見えていないかの確認を行います。このときは足場材も浮かせて乾燥させます。

 

コーキングで亀裂を補修 コーキングでひび割れを補修

 アスベストが含まれているスレートは、アスベストが含まれていないスレートと比べて割れずらい傾向がございますが、多少の割れは発生しいてることがあります。スレートが多少割れていてもスレート屋根は2枚構造で造られているため、直接的な雨漏りの心配はございません。亀裂やひび割れは直ることはありませんが、コーキング埋めてから塗装するようにしております。

 

ファインパーフェクトベストで中塗り ファインパーフェクトベストでのJブラックで中塗り

 下塗り材の乾燥を確認してから中塗りを行って参ります。上塗り材は日本ペイントさんのファインパーフェクトベストです。ターペン可溶2液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候屋根用塗料と呼ばれる塗料の種類となります。

 ラジカル制御形の塗料は、シリコングレードよりも耐用年数が長いのにシリコングレードと価格の差があまり無いことで需要が高まってきております。中塗りは下塗りで使用している塗料の白色が全く見えなくなるまで塗っていきます。

 

 

ァインパーフェクトベストで上塗り ファインパーフェクトベストでのJブラックで上塗り

 上塗り材は塗り重ねる度に艶が増していきます。実際に同じ色でも中塗りの仕上がりと上塗りの仕上がりでは艶感が全く違います。ファインパーフェクトベストは中塗りしてから上塗りするまでに最低でも3時間以上は間を開けなくてはなりません。中塗りした塗料が乾燥していることを確認した後で再びファインパーフェクトベストで上塗りしていきます。

 屋根塗料は基本的に艶の種類がありません。それは屋根塗料にとって艶があって反射させることが重要だからです。下塗りベスコロフィラーHGを使用していることもあって中塗りをした段階でもビカビカになります。上塗りが乾燥した状態を見てみると、しっかりと反射してくれているのがよく分かります。

 

 

 

【完成】

屋根塗装の仕上がり確認

 太陽が沈みかけていても艶を感じるほどの艶感になりました。横浜市瀬谷区下瀬谷のアパート屋根塗装工事が完成いたしました。以前の苔が付着してオレンジ色していた屋根とは思えない仕上がりになりました。仕上がりも蘇りましたが、スレートの表面も蘇っております。

 今回使用したの色はJブラックという色で、近くで見るとブラックよりも少しだけ青が入った色をしております。アパートの屋根ということで屋根の広さも大きくて黒い屋根になると一層存在感がありました。建物を色で主張させないであれば、ブラックやブラウンは周囲の屋根の色に同化しやすい色です。オーナー様も大変ご満足しておりました。

 

 

【ドローンで撮影】

仕上がりをドローンで撮影

 仕上がった屋根をドローンを使用して撮影してみます。屋根の上から撮る写真も良いですが、こうやって屋根全体を撮ってみるとより工事を行った感じが分かると思います。ドローンでの点検は、屋根全体を上空から捉えることが可能なため、「屋根の状態が一目で把握せきるため分かりやすい」とお客様からもご好評いただいております。

 ドローンで撮影してみると、周囲との屋根の大きさの違いがよく分かりますね。黒い色をしておりますが、反射の影響で遠目から見ると白っぽく見えます。屋根は普段から見えるところではございませんので、外壁のように日々確認が出来ません。気が付くと傷んでしまっていて塗装では手遅れということも考えられますので、また屋根のメンテナンスを行っていない建物をお持ちでしたらまずは街の屋根やさんにご相談ください。

 この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 記事内に記載されている金額は2021年03月26日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

横浜市瀬谷区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    防水工事

  • 工事種類

    その他塗装

関連動画をチェック!

屋根塗装が雨漏りを引き起こす!?スレート屋根の方は必見!【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復

 前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。断熱塗料・遮熱塗料 夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる断熱塗料は夏の冷房と冬の暖房、二つの季節の光熱費を削減してく…続きを読む

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。建物にとって…続きを読む
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多い…続きを読む
 国内で最も一般的に使われているスレート(化粧スレート)屋根材の寿命は、通常は新築後20~30年ほどですが、定期的なメンテナンスは新築から7~10年ごとに必要とされます。 これまでに何千ものスレート屋根を調査・点検してきた経験から、スレート屋根の劣化や問題を見逃さないためのチェックポイントや、メンテ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根塗装,棟板金交換
      築年数
      約20年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト チョコレート

      施工内容
      屋根塗装,棟板金交換
      築年数
      20年以上
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト ライトグレー

      横浜市瀬谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      雨樋工事,雨漏り修理
      築年数
      20年以上
      使用材料
      ネオアルカディアAC120F


      施工内容
      屋根補修工事,屋根葺き直し,横暖ルーフ
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS


      同じ工事のブログ一覧

      遮熱塗料とは?仕組みやメリットを詳しくご紹介!

      2024/05/18 遮熱塗料とは?仕組みやメリットを詳しくご紹介!NEW

       夏の暑さ対策と言えば、エアコンや扇風機を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。  ですが、昨今では電気代の高騰も気になりますよね(>_<)  そこで、おすすめなのが遮熱塗料を使用した屋根塗装による暑さ対策です!  今回は、遮熱塗料の仕組みやメリットを詳しくご紹介させていた...続きを読む

      アスファルトシングル屋根材とは?|特徴や塗装メンテナンス時の注意点をご紹介!

      2024/05/16 アスファルトシングル屋根材とは?|特徴や塗装メンテナンス時の注意点をご紹介!

       現在、日本国内で最も使用されているのは「スレート屋根材」です!  また、日本の伝統的な屋根材である「瓦」や、近年注目を集めいている「金属屋根材」など屋根材の種類・特徴は様々です😊  そうした中、日本国内ではまだまだ普及していない屋根材も存在します。  それが、「アスファル...続きを読む

      屋根塗装のDIYをおすすめしない理由とは?|屋根塗装メンテナンスの目的や足場の重要性をご紹介!

      2024/05/15 屋根塗装のDIYをおすすめしない理由とは?|屋根塗装メンテナンスの目的や足場の重要性をご紹介!

       スレート屋根やガルバリウム鋼板屋根、一部の瓦屋根に共通して必要となるメンテナンスが「屋根塗装メンテナンス」です!  ですが、屋根のリフォーム方法として比較手軽な塗装メンテナンスに掛かる費用も、手頃な金額とは言えません(>_<)  その為、中には工事費用の削減の為にご自身で屋根塗...続きを読む

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

                                 

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!