屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市南区を襲った台風の猛威、ケラバ水切りが飛ばされた

横浜市南区を襲った台風の猛威、ケラバ水切りが飛ばされた

更新日:2018年10月7日

 皆さん、突然ですが屋根の部位をすべて説明することができますか?恐らくご自身の住宅に使用されている屋根材が何かはわかるかと思いますが、谷板金があるのか、瓦であれば棟が何段積みなのかという事までは知らないという方が多いでしょう。瓦の場合も板金を使用する部位が存在しますが、専用の瓦で保護する場所が多いです。

 対して近年多く使用されている化粧スレートは、屋根面はもちろん屋根材で保護していますが、屋根材では保護できない細かな部分に関しては錆びにくい板金を使用しています。棟は台風被害等で最も被害を受けやすい為認知されている部分ではありますが、ではケラバの水切りといわれてどこを指しているかがわかる方は少ないと思います。そこで今回はケラバ水切りの場所と注意したい点、そしてメンテナンス方法についてご紹介したいと思います。

ケラバの役割と特徴

 過去にも毎年何回も台風が神奈川県上空を通過しておりますが、今回の台風24号の破壊力は並外れたものがあったようです。屋根における被害では、普段あまり起こることのない現象もありましたので、台風24号がすごい破壊力であったのだと感じることが出来ました。風の影響では棟板金が飛ばされたり、瓦屋根の棟が倒壊したり、カーポートやベランダの屋根材が割れたりというのがよく起こる現象です。横浜市南区F様のお宅より「屋根が飛んだ 見に来て欲しい」とのお困りのご相談があり調査にお伺いしました。

1.あまり飛ばされないものまで飛ばしていた

横浜市南区を襲った台風の猛威、ケラバ水切りが飛ばされた1

 「屋根が飛んだ」とのことでしたの屋根全体を見て回りました。しかし屋根の平らな部分に設置された屋根材に異常はありませんでした。しかし、赤い矢印のついたところにはケラバ水切りという部材が取り付けてあるはずですが、手前側には取付けてあるのに赤い矢印のところにありません。ケラバは屋根材の下に入り込んでいる部材なのでなかなか外れたりすることがないので、まさかと思いつつ敷地内やお隣様のフェンス沿いなども含めて見て回りました。

2.被害を物語る形跡

横浜市南区を襲った台風の猛威、ケラバ水切りが飛ばされた2 横浜市南区を襲った台風の猛威、ケラバ水切りが飛ばされた3

 駐車場の脇に金属製の細長いものが落ちていることに気が付きました。これは間違いなく先ほどの赤い矢印のところに取付けてあったケラバ用の部材です。反対側のケラバを見てみると、ケラバ水切りが大きく膨らんでいるところがありました。これも台風の猛威により膨らんでしまったようです。横浜市南区を襲った台風の猛威は凄まじかったようです。街の屋根やさんでは屋根に関わること全般に対応可能です。屋根のことなら街の屋根やさん横浜店にお任せ下さい。

3.ケラバ水切りとは?

 屋根の部位というのは屋根材の形状によってあるものとないものが存在します。屋根材はどんな屋根形状でも使用されますよね?棟板金も統一されている形かと思いきや、片流れ屋根の場合は2面以上ある屋根の棟とは異なる形でしっかり保護しています。しかし残りの部位は屋根形状によって大きく異なります。

ケラバ水切りの役割 強風で飛散してしまったケラバ水切り

 今回ご紹介したいケラバ水切りは雨樋がついていない面(切妻屋根の妻側)がある化粧スレートや金属屋根材の場合に取り付けられています。ケラバ水切りは屋根の端から雨水が浸入しないよう保護するためにありますので、劣化したり破損してしまえば雨水が屋根内部に吹き込み、下地を腐食させてしまう恐れがあります。

ケラバが破損する原因は?

 屋根下地を守るという大事な役割を担うケラバ水切りは強風の影響を受けやすい傾向があります。瓦でいうケラバ瓦も固定が弱いと強風で一気に外れ飛散してしまうことがありますが、ケラバ水切りの役目も一切変わりません。

ケラバ瓦の破損 ケラバ瓦飛散による腐食

 ケラバ水切りが破損していない場合も下地が傷んでいるケースがままあります。屋根材下部には屋根材等に問題がなくても雨水が入る可能性が十分にあります。通常は防水紙が雨水の浸入を防いでいるため雨漏りが起きませんが、雨水が入るということは空気中に漂う埃や小さなごみが入る可能性もあるのです。すると、屋根材下部に埃が入り込み滞留し、雨水を吸水します。このようなことが起こっても雨漏りには至りませんが、ケラバ水切りの場所で同様のことが起きると、防水紙の更に下「野地板」が腐食してしまうことがあります。

ケラバ水切り部分の腐食 ケラバ水切りの補修

葺き替え工事の際に通常濡れるはずのない野地板が濡れ黒ずんでいることがあります。これはまさにケラバ水切り部分で埃が滞留し、入り込んだ雨水がオーバーフローを起こしてしまったという証拠なのです。
野地板が腐食してしまうと合板が撓み、屋根全体の歪みを起こす可能性があります。屋根葺き替え工事の際に野地板の増し張り補強で済むような築年数であっても、野地板の劣化が著しい場合張替になり、工期・費用ともに掛かる可能性がありますので十分に注意しましょう。

ケラバ水切りの補修方法

ケラバ水切りの浮き・破損ケラバ水切り取り付けの様子

 ケラバ水切りの釘が抜けかかり浮いてしまっている、ケラバが強風で外れてしまったといった場合には屋根下地の腐食防止のためにも早急な補修が必要です。外れかかっている場合には抜けにくいビスでの増し打ち補強で改善されますが、板金が変形してしまっている場合には交換が必要です。補強や交換、いずれにしてもケラバ水切りは高い場所の端にありますので足場仮設が必要不可欠になります。雨樋等も補修・交換工事自体はそれほどの費用がかかるわけでもありませんが足場仮設費用があるだけで支出がかさんでしまいます。

 ケラバ水切りも同様に、ケラバ水切りの為だけに足場を仮設するのは少し勿体ない為、屋根や外壁も同時にメンテナンスをしていくよう検討しましょう。

 またもし台風でケラバ水切りが破損してしまった場合、火災保険や共済を申請し補修することも可能です。この際は足場仮設費用も請求できますので補修に最適なタイミングともいえます。

6.ケラバ水切りに関するまとめ

ケラバ水切りの補修後

 ケラバ水切りは屋根材だけでなく屋根下地の腐食も防ぐ大事な役割を担っています。ただ少しの劣化や変形だけでほこり・ゴミが入り込み、吹き込んだ雨水を滞留させ劣化を促す可能性がありますのでしっかり定期点検を心がけ、必要に応じたメンテナンスに取り組んでいきましょう。

台風等の強風時はお住まいの状態が心配になるかと思いますが、高所且つ風が強い時は大変危険です。風が収まってから屋根に精通した専門家に点検を依頼しましょう。私たち街の屋根やさんは点検・お見積りを無料にて承っておりますので、屋根が心配な方はお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

野地板は屋根材と防水紙の下の超重要部分、張り替えと増し張りでより強く
野地板は屋根材と防水紙の下の超重要部分、張り替えと増し張りでより強く
 屋根の最重要部分でありながら、それほど目にする機会もなく、耳にすることもないのが野地板です。表面の屋根材、その下の防水紙、その下にあるのが野地板で、防水紙や屋根材の土台となっていることを考えれば、かなり重要な部分であることはお分かりになると思います。 また、メンテナンスしにくい部分であり、手を入れ…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
 多くのお住まいに採用されている化粧スレート屋根材、その特徴や正しいメンテナンス方法を知っているという方も多くなったように見受けられます。スレートに限らず屋根材が劣化もしくは破損することで雨漏りが起きる可能性が非常に高くなりますが、雨漏りを起こす意外な部位として『ケラバ』が挙げられます。&…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市南区のその他のブログ

      2021/07/10 横浜市南区庚町で雨漏り発生、原因不明な雨漏りは原因を特定することか始めましょう

       強い雨や降っている時間が長い雨が発生したときには雨漏りが発生する建物が増える傾向がございます。横浜市南区庚町にお住いになられているY様のお宅より「外壁にひび割れが起こって雨漏りしている」とお困りのご相談がございました。先日の強くて降っている時間が長かった雨のときに雨漏りが発生したそうです。まずは現...続きを読む

      2021/06/13 横浜市南区末吉町で室内に雨漏り発生、原因は傷んでしまった扉まわりの木材にありました

       雨漏りが発生すると屋根からではないかと疑いたくなる方が多いようですが、雨漏りは建物外部のどこからでも発生する可能性があります。私達、街の屋根やさんでは、原因不明の雨漏りに対して、調査結果が屋根では無かったとしてもその先も対応することが可能ですのでご安心ください。今回は横浜市南区末吉町にありますビル...続きを読む

      2021/06/11 築20年の横浜市南区別所のお住まいのスレート屋根は、劣化により割れのほか、苔やカビの繁殖もありました

       横浜市南区別所にお住まいのH様は、築20年で屋根のメンテナンスをご検討中とのことで、街の屋根やさんにお問い合わせくださいました。現地にお伺いし、お話を聞くと外壁の塗り替えは数年前に行っているものの、屋根はこれまでメンテナンスは一度もされていないとのことでした。   調査のため、...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市南区のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      19年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック
      施工内容
      屋根新設
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト

      その他の施工事例一覧→

      その他の工事を行った現場ブログ

      2021/07/18 横浜市青葉区美しが丘西にてモニエル瓦の点検調査、現在手に入らない為強風によりズレたモニエル瓦が落下してしまう前に簡易補修致しました

       横浜市青葉区美しが丘西にお住まいのT様より、近所で工事をしていて気になったという業者から屋根瓦がずれているんじゃないかと指摘をされ心配になられて、私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。築10年以上は経っているとの事でしたが、屋根に関しては瓦という事から特になにもしなくていいと思われていたそうで...続きを読む

      2021/05/17 横浜市栄区鍛冶ヶ谷にて庇が腐食し、雨漏りが発生しておりました

       お家のメンテナンスといえば屋根や外壁を思い浮かべるかもしれませんが、実は窓や玄関上に設けられた庇も大事にしなければならない部分です。横浜市栄区鍛冶ヶ谷にお住いのH様より、「玄関の庇が崩れ落ちてきそうなので、一度見てほしい」とのご相談をいただき、現場へお伺いさせていただきました。築30年以上が経過し...続きを読む

      2021/04/23 横浜市磯子区森で笠木の点検、アルミ笠木の継ぎ目のコーキングが傷んでおりました

       ベランダやバルコニーには笠木と呼ばれる手摺壁の上に被せる部材があります。マンションやアパートにあるパラペットの天端にも使用されておりますが、この笠木から雨漏りが発生する危険性があるのです。横浜市磯子区森にお住いになられているT様のお宅の建物調査では、この笠木に傷んでいる箇所がございました。笠木には...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!