屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 霧除けや破風の凹んだ板金は直すことが可能です|横浜市青葉区

霧除けや破風の凹んだ板金は直すことが可能です|横浜市青葉区

更新日:2017年10月13日

霧除けや破風が板金で仕上がっているお宅があります。昔は木に塗装して仕上げているお宅が多かったですが、板金で仕上げてあるお宅が増えてきました。横浜市青葉区A様のお宅より、「霧除けの板金が凹んでしまった」とお悩みのご相談がありました。板金の凹みは交換をすることで元通りになります。

 

【凹んだ板金は交換が可能】

凹んだ板金 凹んだ板金取り外し

初回の調査でお伺いすると、横浜市青葉区A様のお宅にある霧除けは、上の画像のように凹んでしまっておりました。板金は1度凹んでしまうと元には戻りません。なので交換することで元に戻ります。今回の凹んでいた箇所は全面でしたので、全面のみを交換します。既存の板金と同じものを探して、同じもを用意しました。今回は霧除けの板金ですが、破風に取り付けてある板金も同じように直すことが可能です。作業としては、まず既存の凹んだ板金を外してしまいます。

 

新しい板金の加工 新しい板金の取付け

既存の板金を外したら、新しく用意した板金を既存の形状に合わせて加工します。特に両端は側面の板金と合わせなくてならないので、加工が細かくなります。現場での加工が難しい形状の場合は、あらかじめ工場で加工してから持ち込みます。新しい板金の加工が終わると、実際に取り付けていきます。上にある屋根の板金との間にハメ込むように合わせていきます。合わせた状態で釘を打って固定します。

 

 

【劣化した板金も交換が可能】

凹んだ板金を交換

霧除けの凹んだ板金を交換しました。ご覧の通り、綺麗に元通りとなりました。さっきまで凹んでいたとは全く感じませんね。破風の板金の凹みにも同じように交換することができます。また築年数の経過により、「板金の表面を綺麗にしたい」や「綺麗にしたいけど塗装で塗りたくない」という場合にも最適です。既存の板金の取り外しが困難な造りをしているお宅もありますが、その場合は板金を綺麗にカバーすることが可能です。「凹んで盛り上がってしまった部分は、カバーして浮き出てこないのか?」という不安があると思いますが、その部分だけカットしてからカバーをすることで解消できます。横浜市青葉区A様のお宅の、「霧除けの板金が凹んでしまった」というお悩みを解決することが出来ました。まちの屋根やさんでは、霧除けや破風の板金以外も対応しております。板金でお悩みの方は、街の屋根やさんにお任せ下さい。

 

フリーダイヤル0120-989-936まで。

 記事内に記載されている金額は2017年10月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市青葉区のその他のブログ

      2022/07/29 横浜市青葉区桂台でひび割れしやすいコロニアルNEOの屋根を点検しました

      ノンアスベストの代表的な「コロニアルNEO」 横浜市青葉区桂台にお住まいのお客様から、築年数が約15年程となり点検をしたことがないので状態を確認してほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。早速屋根に登ったところ、屋根材にはコロニアルNEOという屋根材が使われていました。 ...続きを読む

      2022/07/26 横浜市青葉区奈良町で釉薬瓦の屋根を調査しました

      釉薬瓦の点検 使われていた屋根材は釉薬瓦という焼き物の瓦です。築50年ほどとのことでしたが、屋根材自体は非常に鮮やかな青色を保っています。それもそのはず、焼き物の瓦は塗装ではなく陶器と同じ仕上げになっているため、色褪せることはありません。そのため瓦はメンテナンスが不要と思われがちですが、塗装が不要な...続きを読む

      2022/07/2 横浜市青葉区鴨志田町にて調査した屋根はアスベスト入りのスレート屋根でした

      古くなったスレート屋根 横浜市青葉区鴨志田町にお住まいのお客様より、10年ほど前に屋根は塗装しているが、そろそろ劣化具合など点検の時期かと思うので見てほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 屋根材にはニューコロニアルという屋根材が使われており、これはクボタという会社が昔作っていた...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市青葉区のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる