屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 雨漏りを防ぐタスペーサー|横浜市港北区

雨漏りを防ぐタスペーサー|横浜市港北区

更新日:2018年7月15日

本日は港北区N様宅での屋根塗装の途中、タスペーサーを差し込む工程に入りましたのでその様子をお伝えいたします。

ちょうど足場を架け、養生シートを張り、高圧洗浄が終わってさぁこれから塗装に入る。その前に行う作業です。

台風時や大雨など、想定外の雨が降った時などに屋根材の下に雨水が入り込んでしまいます。この内部に構造上どうしても入ってしまう雨水を排出させるために、塗装後にカッターで屋根材の間に隙間を作る作業を縁切りと呼んでいました。雨水が中に入って留まってしまい下地を腐食させてしまったり、雨漏りの原因になるのを防ぐ重要な工程になります。しかし、手作業でカッターを使っての作業のために時間と手間がかかる事や、ミスが起きてせっかく塗装した表面を傷つけてしまうなどがありました。今はその縁切りの変わりに、このタスペーサーを塗装する前に予め屋根材の間に入れておくことによって隙間、雨水の排出する道を作ってあげられる様になっています。

一枚のスレート屋根材に2つ差し込んでいきます。時間を短縮できるというメリットはコストも抑えられるという事になり、なにより塗装した面を傷つけなくてすむという利点があります。

今ではほとんどのスレート屋根塗装現場では使われていると思います。ただし、もう既に屋根材に隙間が出来てしまっており差し込んでも落ちてしまう所などには意味がないので、必ずしも入れていないと駄目というわけでも御座いません。なぜこれが必要なのかをしっかり説明してくれる業者を選びましょう。

この様に幅910mmの間に2つのタスペーサーを入れ込んでいきます。屋根材が白くなっているところは、元々は汚れやコケが付着していた場所ですが、高圧洗浄により流されキレイになり素地が出ている所になります。これから本格的な塗装が始まります。

 

タスペーサーは今では上記に書いたように時間短縮によるコスト削減や、人的ミスで屋根を痛める事もないことなどメリットがあり、今では当たり前の様に使われています。

しかし、全ての屋根に使われるかというとそうではなく、すでに経年劣化で屋根材が反って隙間がかなり空いてしまっている所には使えない為、必ず塗装する時に使われるかというとそうではありません。街の屋根やさんでは使わない時、なぜ使わないかのご説明もしっかりお客様にはお伝えしております。

 

現場調査時から、先を見据えての様々なご提案ができる街の屋根やさんではどんな屋根にも対応しております。

築年数が経ってこれから塗装を考えていらっしゃるなど、ご相談も親身になって承っております。ご連絡お待ちしております。

(フリーダイヤル 0120-989-936)

 記事内に記載されている金額は2018年07月15日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

横浜市港北区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市港北区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市港北区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

超重要!スレート屋根に必須のタスペーサーで雨漏りを防止
超重要!スレート屋根に必須のタスペーサーで雨漏りを防止
 スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根を塗装すると雨漏りを起こすことがあるといったら貴方は信じられますか。スレート屋根の屋根塗装後には塗り替えによって狭くなったり、塞がれてしまった排水経路をしっかりと機能するようにしなければなりません。それが縁切りと呼ばれる作業で、現在では屋根材の重なり部分に挟…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      横浜市港北区のその他のブログ

      2022/07/22 横浜市港北区新吉田町でパラペット付きの瓦棒葺きの屋根を調査しました

      パラペット付きの瓦棒屋根 横浜市港北区新吉田町の低層マンションを管理している会社様より、築20年以上が経過したので屋根の状態を点検してほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 屋根は瓦棒葺きと言われる葺き方がされていました。瓦棒葺きは雨水の通り道に繋ぎ目がない葺き方であるため、...続きを読む

      2022/07/8 横浜市港北区藤塚で風災の被害に遭った瓦屋根を調査しました

      オシャレな瓦屋根 横浜市港北区藤塚にお住まいのお客様から、先日の強風でご近所様から飛来物があり瓦が割れてしまったとお問合せをいただきました。瓦屋根と聞いていたのでよくある和瓦の屋根を想像していましたが、現場にお伺いすると南欧風デザインのオシャレな瓦が使われていました。通常の瓦は㎡当たりの重さが60k...続きを読む

      2022/07/6 横浜市港北区綱島東にて築15年のグリシェイドNEOを使用したスレート屋根の調査を行いました

      グリシェイドNEOのスレート屋根 横浜市港北区綱島東にてグリシェイドNEOの屋根材が葺かれているお住いの調査を行いました。グリシェイドNEOとは2001年から販売されたアスベスト無しで作られたスレート屋根材のことを言います。現在は廃盤となっております。 グリシェイドNEOは塗装メンテナンスができない...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港北区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約20年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる