屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 茅ヶ崎市堤では台風15号によって和瓦がめくれて波打っているよ.....

茅ヶ崎市堤では台風15号によって和瓦がめくれて波打っているようになってしまっていました

更新日:2019年9月19日

茅ヶ崎市堤にお住まいのH様より、お隣の三階建てにお住まいの方より9月9日の台風後に屋根がずれていると教えてもらったとの事で心配になり屋根の点検調査依頼を頂きました。

築年数が30年はたっているようですが、屋根のメンテナンスはやったからやっていないかわからない程度しか記憶にないとのことでした。

何か破損があったら早めに修繕をしたいとのご要望をお伺いしました。

さっそく屋根にあがり教えてもらったというずれている箇所を調べてみます。

 

瓦を焼く窯の温度によって色味が変わります

大棟の歪みは思ったほどありません 屋根の異常が近隣の方からの指摘で知る事も多い

 

昔は洋風和風にも、瓦を焼く窯の温度差で色が水色から青色まで一枚ごとに色味が変わり変色もほとんどありません。

今でも瓦屋根を見るとこのような青緑色の屋根が多いようです。

ずれていた箇所を捜し歩くと、見つかりました。

 

台風で煽られて横桟からはずれてしまい段差ができるようにずれていた瓦

横桟から外れた桟瓦

 

こちらがどうやら教えてもらったという瓦がずれている所のようですね。確かに横桟とよばれる瓦をひっかけて固定する所からはずれて瓦が何枚もずれて屋根の上に乗っているようになっています。特に割れや欠けもない為に、何枚か周囲の瓦を一度めくって置きなおせば問題ないでしょう。

もし割れていたとしても、化粧スレートや金属屋根と違い、一枚から交換できるメリットもあります。

 

漆喰の剥がれは雨漏りにつながる 瓦をめくって下地の具合を確認

 

他に異常はないか見て回りますと、棟の漆喰が剥がれておりました。漆喰は土台の泥に塗って水が建物内に入らない様に、また瓦同士の接着として重要な役目を担っています。

もし漆喰が剥がれている状態で長い時間が経つとそこから土台が雨水を吸い込んで苔などが生えてしまい、土台が崩れて始めて棟が歪みます。

歪んだ棟の隙間から瓦の裏側に雨水が入り込むようになると雨漏りに繋がってしまいます。瓦と違い漆喰は定期的にメンテナンスを行っておきませんと屋根に崩れ落ちてしまう事もありますので、うちの屋根は瓦だからと思わず定期的に確認しておく必要があります。

写真右は瓦をめくって雨漏りしていないか確認したところです。横桟を固定するのに打ち込んであります釘に錆が見られます。少なからず棟の歪みの影響を受けています。

瓦は長持ちする丈夫な屋根材でも、防水紙や野地板の寿命は化粧スレートや金属屋根に使われるものと構造は一緒です。瓦より先に寿命が訪れます。

瓦屋根の場合は、今の瓦の風合いをそのままに野地板や防水紙を新しくできる葺き直し工事が可能です。瓦屋根のリフォームは街の屋根やさんへお任せください。

 記事内に記載されている金額は2019年09月20日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      茅ヶ崎市のその他のブログ

      2022/04/25 茅ヶ崎市中島にて漆喰が剥がれた棟瓦にズレが発生、飛散する前に棟瓦取り直し工事での対策をご提案

       茅ヶ崎市中島にてお住いのお客様より、「棟の漆喰が剥がれてきていると指摘されたので見て欲しい」と、瓦屋根の点検のご相談を頂きました。瓦は耐久性に優れた屋根材ですが、漆喰などの部位は経年劣化が発生するため、定期的なメンテナンスが欠かせません。特に漆喰箇所の不具合は雨漏りの原因となってしまうことが多いた...続きを読む

      2022/03/31 茅ヶ崎市円蔵の陸屋根で雨漏りしているためウレタン防水工事を実施

       茅ヶ崎市円蔵で陸屋根で雨漏りしていることから調査を行ったところ、防水層が経年劣化によって防水効果がなくなってしまったことがわかりました。今回は陸屋根の防水工事の様子をご紹介したいと思います。 防水工事を行う上で、まずは高圧洗浄などで長年の汚れを洗い流しておきます。今回は防水工事の中でもシームレスで...続きを読む

      2022/03/28 茅ヶ崎市香川で傷んだスレートの調査から屋根カバー工法を提案します

       茅ヶ崎市香川で屋根塗装か屋根のカバー工法を検討しているため、調査とお見積りをお願いしたいとご連絡をいただいました。屋根の塗膜が劣化しているだけであれば、屋根塗装でも問題ありませんが、屋根材自体がだめになっているといったケースでは屋根塗装は難しくなります。また、屋根カバー工法については、屋根の下地が...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      茅ヶ崎市のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      24年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      スタンビー(セピア)

      その他の施工事例一覧→

      その他の工事を行った現場ブログ

      2022/07/20 藤沢市大庭にて飛び込み業者さんから指摘された棟板金を増し打ちにて補強しました

       藤沢市大庭にお住いのお客様より「通りすがりの業者さんから、棟板金が1mくらいの幅で浮いていると指摘があった。心配なので見て欲しい」とのご依頼をいただき現地調査へ伺いました。屋根は金属屋根で、金属の棟板金が設置されています。ゲリラ豪雨や昨年発生した線状降水帯による大雨、台風シーズンも控えているため、...続きを読む

      2022/07/8 横浜市港北区藤塚で風災の被害に遭った瓦屋根を調査しました

      オシャレな瓦屋根 横浜市港北区藤塚にお住まいのお客様から、先日の強風でご近所様から飛来物があり瓦が割れてしまったとお問合せをいただきました。瓦屋根と聞いていたのでよくある和瓦の屋根を想像していましたが、現場にお伺いすると南欧風デザインのオシャレな瓦が使われていました。通常の瓦は㎡当たりの重さが60k...続きを読む

      2022/07/4 平塚市東真土にて軒天調査 鳥獣被害に遭う前に早めの対処が必要です

       平塚市東真土にお住いのお客様より「軒天が剥がれてきた」とのご相談をいただき現地調査へ伺いました。軒天は、白く塗られていることが多く、塗装により防水性を維持しています。経年により塗装が剥がれてくると、次第に水分を含みやすくなり剥がれ等が発生します。長く放置していると、隙間が出来たり、更に穴あきや落下...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根新設
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト
      施工内容
      その他の工事
      築年数
      約40年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製板金0.35mm厚

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる