和瓦の約1/2と軽量なハイブリッド屋根ROOGA(ルーガ)の魅力と注意点とは?

HOME > ブログ > 和瓦の約1/2と軽量なハイブリッド屋根ROOGA(ルーガ)の.....

和瓦の約1/2と軽量なハイブリッド屋根ROOGA(ルーガ)の魅力と注意点とは?

更新日:2021年03月13日

 屋根のリフォーム・メンテナンスを検討される際、どの屋根材を使用するかに関しては費用や重量、今後のメンテナンス性を考慮して選ばれるかと思います。長期的に手がかからないのは瓦屋根かと思います。瓦が吸水しない為塗装の必要なく半永久的に使用できますし、漆喰や瓦のずれを定期的に直すことで高い断熱性・遮音性も維持できます。また最近では瓦の全固定義務化の話しも上がっている為更に被害が起きにくい仕上がりにも期待できます。

 問題とするのは瓦の重量です。1㎡60㎏程の負荷がかかる瓦は常に大の大人が屋根全面に乗っているようなイメージです。1枚でも剥がれてしまえば周囲の瓦にも影響が出ますし、地震で躯体がダメージを負えばその重みで倒壊してしまうリスクも高くなります。そのため現在は瓦の性能を持ちながらも軽量に仕上がる軽量瓦と呼ばれる種類が注目を浴びています。中でもKMEWのROOGA(ルーガ)と呼ばれる瓦は、従来の瓦の半分ほどの重さに抑えられているだけでなく、暴風雨にもしっかり耐えられる施工設計になっています。そこで今回は魅力が多いKMEWのROOGA(ルーガ)についてご紹介いたします。ぜひ通常の瓦との違いや使用にあたっての注意点を理解していきましょう。

ルーガ屋根

1.KMEW ROOGA(ルーガ)の魅力

ルーガ 雅 ルーガの厚み

 地震も台風も多い日本の気候に合わせ強く被害を起こさせないように開発されたのがKMEWのルーガです。通常の瓦同様厚みは25~30mm程あるにも関わらず重さは約半分の仕上がりです。その秘密は瓦内部にある無数の独立気泡です。気泡がたくさんあると雨水を吸水しやすく劣化を促進させてしまうのですが、独自の技術により気泡が吸水しないようにしたことで、劣化しない軽量な瓦が完成したという事です。

瓦の割れ 瓦のデメリット

 また魅力は重さだけではありません。瓦が劣化する原因としては飛来物等による割れです。実際瓦は非常に硬いのですが急な衝撃が加わると割れてしまいます。そこでルーガは屋根材の繊維を均一に混合させることで粘りのある瓦が完成します。粘りが強くなることで急な衝撃にしっかり耐えられるため、大人がハンマーで叩いても割れないのです。割れない瓦であれば隣家の瓦が飛んできても大丈夫、割れることが無い為被害を受けることもありません。

 通常の瓦よりもはるかに軽い点からルーガでの屋根カバー工法も可能です。瓦の重厚感が欲しいけど屋根葺き替え工事はさすがに…という時に屋根カバー工法が可能なルーガはおすすめです。

2.ルーガの注意点

 魅力が多いKMEWのROOGA(ルーガ)ですが施工におけるハードルもいくつかあります。まず1つ目は施工費用です。これほど耐久性に優れデメリットもカバーしているルーガは非常に高いです。施工すれば長期的にメンテナンスフリーな状態を維持できるのですが、施工時のイニシャルコストは高いということを把握しておきましょう。

ルーガの施工方法 ルーガの施工業者

 2つ目は施工できる業者が限られることです。施工会社は屋根材を販売する卸業者に推薦を受け講習会を受講してはじめて施工が認められています。正しい知識と確かな経験をもとに施工されるわけですからもちろん長期にわたって保証され、雨漏りを起こすような心配もないかと思います。

屋根カバー工法のメリット・デメリット 金属屋根材による屋根カバー工法

 3つ目は屋根カバーの施工時に関してですが、既存よりも屋根が重たく仕上がるという事です。瓦の分類としては軽いのですが、当然スレートや金属屋根材の方が圧倒的に軽いです。屋根カバーを行った時点の重量を金属屋根材と比較すれば一目瞭然でしょう。その住宅構造がルーガで屋根カバー工法が出来るのかを判断するのも非常に大切です。

3.ルーガの種類

ルーガ雅
 瓦と聞いて皆さんがイメージする日本瓦のような見た目をしているのがルーガ雅です。ルーガ雅は一枚一枚の色が微妙に異なるため本物の瓦のような自然な仕上がりになります。軽量瓦というと、日本瓦のような重厚感に欠けると思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ルーガ雅は重厚感もあり和風のお住まいによく合います。また、鬼や高棟など役物も豊富ですので、「瓦屋根にしたいけど耐震性が心配」という方にはおすすめです。
 「モダン・ブラック」「モダン・ブラウン」「モダン・グレー」「モダン・オレンジ」のカラーからお選びいただけます。

ルーガ鉄平
 自然石風の見た目をしています。1枚1枚、色の濃淡箇所が違うため、本物の自然石のようなデザインです。また、ルーガ雅のような波打つデザインではなく、平なのですっきりとした印象になります。しかし、重厚感もあり和風のお住まい、洋風のお住まいのどちらにもマッチします。重さはルーガ雅、鉄平どちらも同じくらいで太陽光パネルの設置も可能です。
 カラーは、「ストーン・ブラック」「ストーン・ブラウン」「ストーン・グレー」「ストーン・オレンジ」からお選びいただけます。

4.ルーガを施工できる業者に相談を!

ルーガによる屋根葺き替え工事

 KMEWのROOGAのメリット・デメリットに関してご紹介させて頂きました。ルーガは非常に優秀な屋根材です。それと同時に高い品質を維持するために施工できる業者も限られていますので施工にあたっては心配ご無用です。ただしどのような屋根材が良いかで悩んでいる際にルーガが施工できない屋根業者であれば間違いなく薦めません。そのため屋根材の選択肢も限られ後に「ルーガが良かった」といった後悔も生じる可能性があります。そのため屋根リフォーム・メンテナンスを検討される際には幅広く施工できる屋根工事業者に相談してみましょう。私たち街の屋根やさんは瓦や化粧スレート、金属屋根、ルーガももちろん施工が可能ですのでお気軽にお問い合せ下さい。

5.ルーガに関するまとめ

 ルーガは瓦の重厚感や性能そのままに、軽量且つ強度を持ち合わせたハイブリッド瓦です。瓦に精通した信頼のできる業者が施工しますので長期にわたって綺麗・安心を維持できます。屋根工事・リフォームをご検討中の方はぜひルーガも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?私たち街の屋根やさんも点検・お見積りは無料にて承っております。ルーガについて知りたい、瓦の状態が気になるという方はお気軽にお声がけください。

 記事内に記載されている金額は2021年03月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

葺き替えよりリーズナブル!屋根カバー工法で雨漏り解決!【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 最近では台風や地震が頻繁に発生し、瓦屋根に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?  重くて堅固な瓦が地に落ちると、まず間違いなくその着地点の物を傷つけ、破壊してしまいます。 自分の敷地内であればまだしも、お隣に被害を及ぼしてしまった場合、問題が複雑化します。  頑丈で重い屋根材故に、適切…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む
割れない、ズレない、軽い、従来の常識を覆すハイブリッド瓦
「ROOGA(ルーガ)シリーズ」
ゲリラ豪雨、台風、温暖化による異常気象・・・ 近年、日本では安心な室内空間への意識が高まっています。  中でも地震は最も危険性が高く、以前とは違った対策が国・自治体でも議論されています。特に南海トラフ(浅い海溝)は「最大級の巨大地震」で5年以内に起こると言われており、最悪の場合の死者数は32万人とい…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2024/06/20 屋根下地の種類や役割とは?防水紙・野地板の重要性を詳しく解説!

       屋根の部材と言われて、一番最初に想像されるのは瓦・スレートなどの屋根材ではないでしょうか。 しかし、屋根は屋根材だけで構成されている訳ではありません! 今回は、防水紙・野地板などの屋根下地材の役割や重要性を詳しくご紹介いたします!屋根下地材の種類・役割 屋根の面部分は、大きく分けて屋根材・防水紙・...続きを読む

      2024/06/18 相模原市中央区田名で棟板金の浮きを指摘されたエコグラーニの屋根を点検してきました

      屋根がパタパタしていると指摘を受けた 相模原市中央区田名にお住まいのお客様より、突然訪問してきた業者から、棟板金がパタパタ動いていて危ないから早急に工事をした方がいいと指摘を受けたので、本当かどうか見て欲しいと思い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。  エコグラーニは...続きを読む

      2024/06/12 相模原市中央区上矢部で屋根工事を考えている屋根はニチハのパミールが使われていました

      屋根工事を検討している 相模原市中央区上矢部にお住いのお客様より、屋根の劣化が気になってきたので点検と必要な工事の提案をお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   屋根工事となると屋根葺き替えやカバー工事、屋根塗装工事など様々ございますが、屋根材や経...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17~18年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドグリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      41年
      使用材料
      オークリッジスーパー オニキスブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!