屋根のルーフィング(防水紙)は透湿?非透湿?

HOME > ブログ > 屋根のルーフィング(防水紙)は透湿?非透湿?

屋根のルーフィング(防水紙)は透湿?非透湿?

更新日:2020年11月06日

 突然ですが、皆さんのお住まいは築何年でしょうか?またあと何年生活できると思いますか?現在多くあるのは木造住宅だと思いますが、その寿命は30年ほどといわれています。築100年の古民家があるのに思いの外短いとは思いませんか?

 お住まいの考え方はここ数十年で大きく変わり高気密・高断熱住宅への変遷で快適性も変わりました。それらの住宅が雨漏りを起こさないよう陰で役立っているのが防水紙・ルーフィングと呼ばれる下葺き材ですが、外壁には透湿性のあるルーフィングが使用される中、屋根は非透湿性のルーフィングが使用されることが非常に多いのです。今回は透湿・非透湿で異なるルーフィングの仕組みと屋根へ透湿ルーフィングを使用する際のポイントをご紹介したいと思います。

防水紙の種類について

透湿・非透湿とは?

 スポーツをされている方はすごく身近に感じる言葉だと思いますが、日常生活ではあまり使われない透湿・非透湿。これは汗や雨などの水分が水滴になる前の蒸気状態を外に逃がすことが出来るか、出来ないかの違いです。合羽は透湿性が無い為蒸れるとじめじめしますが、トレーニングウェアなどは熱を外に逃がす役割があるため心地よい着心地が長続きします。屋根や外壁でも屋内と屋外での温度差が生じますので、その熱や蒸気を逃がすために透湿性が求められます。

透湿防水シート 透湿防水シート

 では主にどこで熱を逃がしているかというと外壁です。サイディングの施工時がもっともわかりやすいのですが、透湿防水シートの上に直接サイディングを貼るのではなく、胴縁と呼ばれる下地木材を付け通気層を設けてから外壁材を貼ります。そうすることで熱や蒸気を逃がし壁内結露による腐食を防ぐ他、快適性を実現することが出来るのです。

屋根に透湿ルーフィングが使用されない理由

非透湿性のルーフィング 非透湿性ルーフィング

 では屋根はどうかというと、非透湿性のルーフィングを使用しているお住まいが約95%、つまりほとんどです。それは透湿性が雨水を内部に浸入させてしまうという理由ではなく、施工費用がかかることが問題なのです。サイディングを取り付ける際に胴縁を取り付けますが、これは通気層がないと透湿シートの役目を果たせないからです。屋根も同様に屋根材と防水紙の間に通気層が欲しいのですが、通気層を設ける事・空気の入り口と出口を設けることが非常に難しいのです。そのためことから非透湿ルーフィングが使用されているというのが現状です。

換気棟の設置 換気棟の設置

 しかし透湿・非透湿、どちらのルーフィングがお薦めかというと透湿性ルーフィングです。屋根裏は非常に熱がこもりやすい環境です。そのため熱を逃がすために換気棟等の設置が推奨されているのですが、透湿ルーフィングを使用することで換気棟の設置自体が不要になります。また野地板の腐食防止にもつながりますので屋根全体の寿命を延ばすことに期待できます。

 またもう一つの理由は非透湿ルーフィングよりも透湿ルーフィングの方が軽い点です。たかがシート一枚でも少しでも軽く仕上げることで住宅にかかる負荷を最小限に抑えることができます。透湿性ルーフィングを使用したからといっても雨漏りを起こすわけではなく施工上のコスト・技術がネックですので気になる方はしっかり屋根工事業者に聞いてみましょう。

透湿性ルーフィングを屋根に使用する際のポイント

 内部に溜まった蒸気を外に逃がし快適な環境を保つための透湿性ルーフィングですが、使用する際にチェックしておくべきことがいくつかあります。

 上記でご紹介しましたが、透湿性を発揮するには通気層が必要となります。簡単に言えば瓦を設置する際の桟木のような形を作って通気層を設けるか、屋根材自体に通気層のような凹凸があるかを見る必要があります。

葺き替え工事 屋根カバー工法は不向き

 また透湿性ルーフィングに切り替える場合は葺き替え工事でしか対応できません。葺き替えよりも安価で選ばれつつある屋根カバー工法ですと既存屋根材等が残るため透湿性が全く発揮できなくなってしまいます。透湿性ルーフィングに切り替えるタイミングとしては雨漏り等で補修が余儀なくなった時やメンテナンスをあらかじめ検討されているときです。

 最後に一つ、透湿性ルーフィングは非透湿性ルーフィングよりも単価も耐用年数も2倍といわています。瓦屋根等で長く使用するのであれば最適ですが、耐用年数が短めな化粧スレートでは同時期に補修が必要になる可能性もあります。必ずしも耐用年数が長い=良いということではないということを覚えておきましょう。

まとめ

瓦桟で出来る通気層

 今回は屋根と外壁に使用されているルーフィングについてご紹介しました。たかが1枚のシートが住宅に快適性と安全を与えていることを考えると非常に感慨深いものです。また透湿・非透湿ということだけで性能が全く異なります。屋根メンテナンスの際にもう少し耐久性・快適性のよいものをとご検討されている方はぜひ一度私たち街の屋根やさんにもご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っておりますのでご安心ください。

 記事内に記載されている金額は2020年11月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

葺き替えよりリーズナブル!屋根カバー工法で雨漏り解決!【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      防水工事を行った現場ブログ

      2024/05/21 ベランダ防水工事の重要性|防水層の劣化進行は雨漏り被害を招きます!

       物干し場や家庭菜園のスペースなど、日当たりの良いベランダは生活スペースとして幅広い用途として活用できます😊 しかし、そうした中で注意が必要なのが防水層の劣化です。 防水層の劣化は雨水の浸水に繋がり、それによる雨染みやカビの発生など大きな被害を招いてしまいます。 今回はベランダ防水工...続きを読む

      2024/04/24 FRP防水とは?トップコートの塗り替えが防水層の寿命を延ばします!

       屋上やベランダ、バルコニーなどに必須とも言えるのが防水工事です! ですが、一口に防水工事と言ってもウレタン防水やシート防水などその方法には種類があります(#^^#) その中でも、特に強靭な防水層を形成するFRP防水も防水工事の種類の一つです! 今回は、FRP防水の特徴・メリット・デメリットと併せて...続きを読む

      2024/04/18 陸屋根(屋上)は雨漏りが起きやすい!?雨漏り対策とメンテナンスのポイントを解説!

      陸屋根(りくやね)とは  陸屋根は建物の屋根の種類の一つで、斜面のある屋根と異なり、勾配の無い平坦な面を持つ特徴があります。 ビルなどでよく見られ、屋上と言われるとビルやマンションなどの建物を想像する方もいらっしゃるのではないでしょうか?  屋上のスペースを活用できるということか...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      その他塗装
      築年数
      約25年
      使用材料
      ロンシール ニューベストプルーフ 塩ビシート防水 機械固定工法

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!