屋根ハゼとはなんだろう?機能やメンテナンスをご紹介します

HOME > ブログ > 屋根ハゼとはなんだろう?機能やメンテナンスをご紹介します

屋根ハゼとはなんだろう?機能やメンテナンスをご紹介します

更新日:2023年11月16日

屋根におけるハゼとは金属2枚を折加工して繋いだ部分をいいます。

 

ハゼは様々な箇所に使われており屋根材や破風、ひさしなどで見られます。

 

ハゼといっても一般的にあまり知られておらず、どのような不具合が発生しやすいか、またメンテナンス方法などをこのページでご紹介いたします。

はぜ締め

立平葺きの屋根に見られるハゼ

金属屋根の施工方法には様々な種類がありますが、立平葺きとは屋根材を棟から軒先に向かって縦方向に屋根材を設置したものをいいます。

 

よく聞く「トタン屋根」というのもこのタイプの屋根です。

 

屋根材同士をハゼで結合していますが、そのハゼ以外にも結合する種類があり、キャップ型、嵌合型、瓦棒型、フラット型などがあります。

瓦棒葺きの屋根 立平葺きの屋根

立平葺きの屋根はどんな屋根?

金属屋根材を縦方向に設置し、その屋根材同士をハゼで結合しているのが立平葺きです(^_^)/

 

屋根の施工方法は様々ですが、その中でも立平葺きはどんな特徴があるのでしょうか?

 

まずは工期が短いことが挙げられます!

 

屋根材になる板金をもちこんで、現場で加工しながら設置しますが、ハゼでの加工よりもキャップ型等の場合はキャップをはめ込んていくためスピーディーに施工をすすめることができます。

 

また、立平葺きは費用も安く、なおかつ軽量で地震の揺れにも強いです。

 

その他、スレートや瓦などの屋根材の場合はある程度傾斜がないと雨漏りの危険が高くなりますが、立平葺きの屋根は傾斜があまりない屋根であっても雨漏りしにくいといった利点があります。

 

逆にデメリットをあげるとすると、断熱性が小さいことや雨音などが居住空間まで響くことがありますが、それぞれ遮熱性の高い塗料を使ったり、断熱材を使うなどの断熱処理をしっかり行うことでカバーすることができます(*^^)v

立平葺気の施工の様子 立平葺き

 

雨漏りさせないために接合部をハゼ締めする

屋根からの雨漏りは屋根材自体が割れたりなどの問題よりも、ちょっとした隙間から、といったケースが多いです!

 

ハゼが使われる屋根材は金属屋根材なので、経年によって腐食するなどで穴が空くことからの雨漏りも当然ありますが、やはり心配なのは屋根材同士の接合部です。

 

屋根材になる板金同士を互いに織り込んで加工するハゼによって、屋根材同士の隙間からの雨水の侵入をシャットアウトします。

 

ハゼ締めは板金を加工して結合するため、ボルトや釘などを打たないことから、そのような箇所からの雨漏りも少ないといった利点もあります(^_^)/

腐食で穴があいた折半屋根 雨漏りしている折半屋根

立平葺きはハゼ締めから嵌合式へ

板金でハゼを加工するのはほとんど手作業になります。

 

手ガチャなどの専用工具を使って板金を折りたたんでいくため施工に時間がかかるものでしたが、最近ではハゼに変わって嵌合式で板金同士を結合させる工法が主流になりつつあります。

 

その理由は何よりも施工時間が短いことです。

 

嵌合式は名前の通り嵌め込んで板金同士を固定するため加工などの手間がかからず、施工時間短縮されます(*^^)v

嵌合式の屋根材スタンビー スタンビーの施工の様子

 

折半屋根にも使われるハゼ

折半屋根とは工場や商業施設、倉庫などの大型な建物に使われることが多い屋根です(^_^)/

 

小規模な建物だと物置やカーポートなどにも使われています。

 

名前の通り板金を折り曲げ(折半)、山と谷がある形状になっています。

 

その中でもタイプが数種類あり、一つがハゼ締めです!

 

屋根の梁の上にタイトフレームを設置し、その上から屋根材を取り付けますが、ハゼを作るために電動シーマーで締め付け加工を行います。

 

折半屋根のタイプとして他には重ねといってタイトフレームの上で屋根材を重ねてボルトで固定するタイプがあり、こちらはハゼよりも強度が高いことから風の強い海岸にある建物などに使われます。

 

また、嵌合式といってキャップを嵌め込んで屋根材を固定するタイプもあり、こちらは施工に時間がかからないといった利点があります(*^^)v

折半屋根のハゼ締め 折半屋根

 

ハゼ部で起こる不具合とメンテナンス

心配なのは雨漏りですが、前項でもお話したとおりハゼは板金を織り込んで結合しているので、雨水が侵入しにくくなります(*^^)v

 

ですが年数が経ってくるとどうしても劣化は避けられず、また曲げ加工している付近はより劣化もしやすくなります。

 

また、台風などの強風時は屋根材自体が飛散することがありますが、外的な大きな力がかかった場合、どうしてもハゼ部分は弱くなります。

 

大切なのは、定期的な点検を行い、問題があれば早めに対応しておくことです。また、金属屋根は塗装を定期的に行うことで長持ちしますので、10年程度の周期で塗装をするようにしましょう。

 

街の屋根やさんではお住まいの点検を無料にて承っております。ハゼだけでなくお住まい全体をくまなく調査し、もし問題があったときは工事のご提案書・お見積書も無料にて作成いたします。

 

長年お住まいのメンテナンスをしていない方や、異常を感じている方はお気軽にご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2023年11月16日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

雨漏りを修理しないとどうなる?放置による6つの被害【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか
 安くて丈夫、施工もしやすいということから普及がはじまったトタン屋根。ガルバリウムが主流になってきたこともありお住まいを新築する際には使われることも少なくなった建材ですが、今でもトタンが使われているという建物や倉庫は意外と目にしますよね。現在のトタン屋根はそのほとんどが大分、古くなってきています。…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      雨漏り修理を行った現場ブログ

      2024/04/21 雨漏りの原因がわからない!?散水試験や赤外線カメラを使った雨漏り原因の追究なら街の屋根やさんにお任せください!

       「これって雨漏りかな?」「雨漏り調査をお願いしたが、原因がわからないと言われてしまった」「工事をしてもらったのに全然雨漏りが直らない!」  こんな経験はありませんか?せっかくの雨漏り修理を無駄にはしたくないですよね😖 本記事では雨漏りが起こっていると判断できるサ...続きを読む

      2024/04/18 陸屋根(屋上)は雨漏りが起きやすい!?雨漏り対策とメンテナンスのポイントを解説!

      陸屋根(りくやね)とは  陸屋根は建物の屋根の種類の一つで、斜面のある屋根と異なり、勾配の無い平坦な面を持つ特徴があります。 ビルなどでよく見られ、屋上と言われるとビルやマンションなどの建物を想像する方もいらっしゃるのではないでしょうか?  屋上のスペースを活用できるということか...続きを読む

      2024/04/11 笠木とは?ベランダ・バルコニーの中でも雨漏りリスクが高い場所です!

       ベランダ・バルコニーの外周には、落下防止や排水性向上のために立ち上がり壁である「パラペット」が設置されることが一般的です! その上部に被せるように設置されているのが「笠木」と言われる部材です(^^)  今回は笠木の特徴・役割と併せて、笠木の雨漏りリスクが高い理由を詳しくご紹介いたします!笠木とは?...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨漏り修理を行った施工事例

      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      20年以上
      使用材料
      ネオアルカディアAC120F

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!