屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市青葉区鴨志田町にて、モニエル瓦を使用した屋根の調査を行.....

横浜市青葉区鴨志田町にて、モニエル瓦を使用した屋根の調査を行いました

更新日:2021年2月12日

 横浜市青葉区鴨志田町にお住まいのO様より、屋根の状態が気になるので点検をしてほしいとのお問い合わせがあり、現地調査に伺いました。二階建てのO様のお住まいの屋根にはモニエル瓦というコンクリート瓦の屋根材が使用されていました。

 モニエル瓦は陶器ではなくセメントに砂利を混ぜたコンクリートで出来ている瓦です。ヨーロッパで普及していた輸入品の瓦で現在は生産されていません。一般的に塗装の必要がないとされている陶器の瓦とは違い、セメント系の瓦であるモニエル瓦は時間が経つとともに色褪せてしまい、水が浸み込んでしまうこともあります。O様のお住まいの屋根材のモニエル瓦は厚さがあるため通常であれば雨水による影響は大きくありません。

屋根に上り調査をしていきます

 遠目からでは問題がないように見えます 

 屋根に上らせていただき、俯瞰的に見てみると非常に綺麗で問題があるようには思いませんが、もう少し屋根に近づいて細かく調査を行っていきます。

 

少し苔が気になります 苔が多く繁殖しています

 まず最初に気になったのは、屋根材の瓦に苔が多く繁殖してしまっていることです。苔は日当たりの悪い場所でしか繁殖しないと思われがちですが、日当たりのよい屋根でも繁殖する種類の苔もあります。また屋根材で苔の繁殖が広がると、屋根材自体が、天敵である水分を多く含んでしまい、本来の役割である防水性が低下してしまいます。防水性が低下すると、苔の繁殖が進んでしまい、更に防水性が低下するという悪循環になるため、メンテナンスで機能を回復させることがとても大切です。

屋根材落下の危険性も見過ごせません

釘の緩みとひび割れもあります 屋根材が欠けてしまっています

 次に屋根材のモニエル瓦を固定しているはずの釘が緩んでいたり、完全に抜けてしまっている箇所が多くありました。さらに良く見てみると屋根材の下地である垂木が雨水などにより腐食が進んでしまっておりました。釘が緩んだり抜けてしまっているのはこの腐食が大きな原因です。その他にも瓦が割れて欠けてしまっていたり、屋根材が劣化した影響で雪止め金具が緩んで落下しそうな箇所も確認できました。

 屋根材や、雪止め金具の落下は重大な二次災害につながる危険がありますので早めにメンテナンスを行う必要があります。遠くからだと綺麗で問題の無いように見える屋根でも、近くでよく見ると重大な問題があったということは珍しくありません。異常があった場合の早期発見にもつながりますし、もし異常があっても早めにメンテナンスを行うことで屋根材も長持ちさせることが出来るので、定期的に点検を行うことが大切です。

垂木の腐食が進んでしまっています 雪止め金具が緩んでずれてしまっています

 O様のお住まいの屋根に使用されているモニエル瓦は冒頭にもご紹介しましたが、現在は生産が行われていないため、欠落や傷みが激しい場合は屋根の一部のみのメンテナンスを行うことが出来ないため、屋根葺き替え工事など屋根全体の工事が必要になります。

 私達、街の屋根やさんでは点検とお見積りを無料で行っております。そういえば10年近く住んでいるけれど屋根の点検をしたことがない、うちの屋根は大丈夫か心配になってきたなど、お住まいの屋根について気になることがございましたらどんなことでもお気軽にお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2021年04月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市青葉区のその他のブログ

      2022/03/13 横浜市青葉区桂台にて屋根調査、塗装が無駄になってしまうコロニアルネオが葺かれておりました

       遠くから見る自宅の屋根が黄色くなっており、黒ずんでいる様に見えるとの事で横浜市青葉区桂台にお住まいのお客様より私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。 まずは現地を確認しませんとどのようなメンテナンス、傷み具合か分かりませんので日程調整をさせて頂き現地調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロナウ...続きを読む

      2022/03/5 横浜市青葉区美しが丘西にて天窓からの雨漏り調査を行いました

       横浜市青葉区美しが丘西にお住まいのお客様より、室内へ雨漏りしているとの事で雨漏り調査のご依頼を頂きました。お電話だけでは分かりにくい内容でしたのですぐに現地調査の日程調整をさせて頂き現地調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大防止の為、私たち街の屋根やさんではソーシャルディスタン...続きを読む

      2022/03/2 横浜市青葉区奈良町にて築30年以上経過したスレート葺きの屋根調査、塗装ではなく屋根工事が必要な状態でした

       「遠目から見た自宅屋根が変色が酷い。築も30年以上経っている為にそろそろメンテナンスが必要なのか一度点検をしてほしい。」と横浜市青葉区奈良町にお住まいのT様より屋根の点検調査のご依頼を頂きました。築30年以上、お話を伺いますと中古でご購入されてお住まいになれてから何も外壁塗装をやっただけで屋根に関...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市青葉区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      32年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド 色:ミッドナイトブルー

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2022/05/9 横浜市港北区師岡町にてスレート屋根の点検をしました

       横浜市保土ケ谷区鎌谷町にお住まいのお客様より、築15年ほどの屋根の劣化が気になるので点検をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。早速屋根を拝見すると屋根材にコロニアルNEOが使われていました。コロニアルNEOはノンアスベスト屋根の先駆けの屋根材で、健康問題が解決された一方...続きを読む

      2022/05/1 横浜市磯子区杉田にて瓦屋根調査、雨漏りの原因は銅製谷樋板金の劣化でした

       横浜市磯子区杉田にお住まいのお客様より、最近雨が降ると室内に雨漏りするとの事で私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。 築30年以上経過し、屋根のメンテナンスは一度もされていないとの事でしたので、さっそく現地にお伺いさせて頂き原因特定の為に屋根調査をさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大...続きを読む

      2022/04/27 横浜市保土ケ谷区上星川にて天井からの雨漏り原因を散水試験で特定

       横浜市保土ケ谷区上星川にて発生した雨漏りを点検・調査致しました。雨漏りは壁際の天井部分から発生しており、位置関係からして屋根の集水マスが今回の原因ではないかと思われました。しかし、複数の原因が考えられた為、散水試験を実施してより明確に雨漏り原因を調査する事に致しました。点検開始  室内の点検から開...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      32年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド 色:ミッドナイトブルー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる