屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 屋根に使われる板金の種類や施工方法を知ろう

屋根に使われる板金の種類や施工方法を知ろう

更新日:2021年4月6日

 屋根には色々なところで板金施工がされています。特に近年においては地震による建物のダメージを軽減するために屋根を軽くする施工の需要が高まっています。金属屋根材は軽量な屋根材の代表とも言える存在で、屋根を軽くし地震対策をするために多くのお住いに軽量な屋根材が使われている現状があります。このページでは屋根の板金について施工の紹介などをご紹介いたします。

屋根の板金

 

屋根に使われる板金の種類

・金属屋根
 金属屋根材と一言でいっても様々な種類があり、波板の屋根材や瓦棒屋根、最近では金属の表面に天然石が施されているものなど種類は豊富にあります。一般的な屋根材としては粘土を焼いた陶器瓦やスレート、アスファルトシングルなどがありますが、その中でも一番軽いのはこの金属屋根材です。
 軽量なことは様々なメリットがあり、建物への負荷を軽減できることや地震の揺れに強いこと、またスレートなどの屋根材を屋根カバー工法したい場合は軽量な金属屋根材がよく使われます。

 

・庇
 庇は窓や玄関ポーチなどにつけられた屋根部分をいいます。雨が降っていても窓の開閉がしやすいことや部屋への日差しを調整するといった機能があります。その庇の屋根にも板金が使われることが多いです。大屋根の屋根材と合わせることで建物全体に統一感を出すことができたり、庇だけ金属にすることでワンポイントになるなど景観を高めることにも一役かっています。

 

・谷部
 屋根の面と面が付き合わさる谷部分には板金が使われます。この部分は屋根からの雨水が集まるため、雨漏りしやすい場所でもあるため、それだけに施工には技術と経験が必要になります。

 

・屋根と外壁との取り合い部
 外壁面に屋根が密着した部分は雨水が入りやすい箇所の一つですので、ここに板金処理をすることで水の侵入を防いでいます。

 

・棟板金
 屋根の頂上には大棟、さらにそこから軒先に伸びる尾根部分は隅棟(すみむね)や降棟(くだりむね)と呼ばれています。ここを板金処理しているのが棟板金です。屋根の中でも高い箇所にあるため、風の影響を受けやすく台風などで被害がでやすい箇所です。

 

谷部の板金 棟板金

 

お住まいに使われる板金の種類

・ガルバリウム鋼鈑(GL鋼板)
 近年多くの住宅に使用される板金といえばガルバリウム鋼鈑です。特徴として耐用年数が長いことで、構成としてアルミニウムが55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%の組織構成になっております。アルミと亜鉛の効果により腐食しにくく、20年から30年とかなり長い耐用年数が特徴です。

 

・エスジーエル鋼板(SGL鋼板)
 ガルバリウム鋼鈑をさらに高耐久性にした板金がエスジーエル鋼板です。ガルバリウム鋼鈑のGLの頭にSがついた名称で、そのSににはsuperior(上質)、special(特別)、super(超越)といった板金の特徴を表す頭文字を意味します。その名の通り高い耐久性を有しており、ガルバリウム鋼鈑の3倍以上の耐食性(腐食しにくく性質)があります。構成される成分はほとんどガルバリウム鋼鈑と同じですが、マグネシウムが加えられたことによる高耐久性の実現となっています。

 

・トタン
 ガルバリウム鋼鈑が一般化する前はトタンが屋根に使われる板金の主流でした。一番の特徴は価格が安いことですが、その反面で耐用年数が10年程度とそれほど長くありません。成分としてはほぼ亜鉛が使われており、経年によって塗装の効果が失われると錆が出やすいため、定期的な塗装が重要になってきます。

 

 

板金工事のご紹介

・破風板の板金カバー

 木製の破風板を板金でカバー工事しました。破風板は定期的な塗装が必要な部位で、塗膜の効果が薄れると水分によって腐食します。破風板を板金でカバーすることで水分の影響を受けにくくなりとても長持ちするようになります。使用した板金は特に耐久性の高いエスジーエル鋼板です。

 

・棟板金交換工事

 強風によって棟板金が破損・飛散してしまったため、新しい棟板金へと交換工事を行います。まずは破損した板金を撤去し(左写真)、清掃を行ってから下地になる貫板を取り付けます(右写真)。

 

 貫板の上から板金の取り付けを行います。屋根によって形状やサイズが違うため、現場で板金の加工をしながら設置します(左写真)。固定にはサビに強いステンレスビスを使用し、これまでよりも強風に強い棟板金へと生まれ変わりました。板金工事は手作業による工程が多く、施工する職人の腕によって仕上がりが大きく変わります。私達街の屋根やさんでは板金工事の施工実績が多数ありますので、安心して工事をご依頼いただければと思います。また、お住いによって最適な工事方法は異なりますので、事前に十分な調査(現地調査)が必要です。街の屋根やさんでは無料での調査に加え、工事のお見積りも無料でお作りいたします。お住まいの板金工事をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる