屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市泉区上飯田町にて傷んだ破風板を調査し、遮熱グラッサによ.....

横浜市泉区上飯田町にて傷んだ破風板を調査し、遮熱グラッサによる葺き替え工事をご提案

更新日:2021年6月7日

 横浜市泉区上飯田町にお住いのH様より、「破風板が傷んできているので補修をお願いしたい」とのお問い合わせを頂きました。

 破風板は屋根の軒周りで雨樋のない側面の部位を指す名称です。吹きつける風を切り裂くことで、屋根への負担を低減させてくれる役割を担っています。他の部位よりも劣化が早い傾向にあるため、破風板の定期的な点検と補修は欠かせません。H様邸の破風板には木材が使用されており、築32年が経過しているとのことでしたので、経年劣化による腐食も考えられます。

破風板の傷みが見られたお住いの屋根

破風板の傷みを確認します

傷みと腐食が見受けられる破風板 傷みと腐食が見受けられる破風板

 さっそく破風板の様子を確認してみますと、全体的な劣化や腐食が見受けられました。補修としては傷んだ破風板の部分的な交換も可能なのですが、木材であることや築年数を考慮いたしますと、後々にも他箇所で交換工事が必要になってしまうかと思われます。そのため、今回は傷んだ箇所を補修した後に、破風板全体を板金で覆ってしまう「板金巻き」と呼ばれる工事をご提案させていただきました。板金巻き工事は長い耐用年数が見込める補修法で、築年数が経過しているお住まいには特におすすめです。

屋根全体も調査いたします

縁切りが不十分なスレート屋根 縁切りが不十分なスレート屋根

 屋根材にはスレートが使用されており、こちらも傷みが目立つ状態でした。約8年前に屋根塗装を行ったそうなのですが、スレートの重なり部分に発生している雨染みが気になります。確認してみますと、どうやら前回の塗装時に行った縁切りが不十分だったため、侵入した雨水を逃せるだけの隙間ができていないことが原因でした。排出できなかった雨水や湿気が下地にダメージを与えている可能性がありますので、これから雨漏りが発生してしまうことも十分にあり得ます。

 調査の結果を踏まえ、H様には屋根全体を下地から改めることのできる葺き替え工事もご提案させていただきました。その際に「屋根のメンテナンスを行うなら、暑さ対策を一番に考えたい」とのご要望を頂きましたので、使用する屋根材には遮熱効果のある「遮熱グラッサ」での葺き替えをお勧め致しました。

 

 私たち街の屋根やさんでは、点検からお見積もりの作成までを無料で承っております。引き続き新型コロナウイルス対策を徹底し、安全管理に努めてお客様の元へお伺いさせていただきますので、ご安心してお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2021年08月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
屋根塗装で遮熱・断熱性を向上!塗料の仕組みとポイントもご紹介
屋根塗装で遮熱・断熱性を向上!塗料の仕組みとポイントもご紹介
 ここ数年、お住まいでの生活について見直している方が増えてきましたね。今までであれば、日中は会社に通勤し家には誰もいないから、子供も部活や塾で遅いし、とそれほど重要視されていない方も多かったのですが、新型コロナウイルス対策の危険性からリモートワーク、学級閉鎖等、家にいる時間が増えたことで、改めてお住…続きを読む
屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法
屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法
 屋根で傷みやすい部分は上面ではなく、実は側面だということをご存知でしょうか?屋根は日常的に、強い日差しと雨風にさらされ、霜が降り雪が降り積もるなか、住まいを守ってくれる重要な存在です。 屋根の側面に位置する破風板や鼻隠し、ケラバと呼ばれる部分は雨に打たれ、風の影響を最も受ける部分です。 年に数回や…続きを読む
30年間色褪せないスレート屋根材「グラッサシリーズ」とは?
30年間色褪せないスレート屋根材「グラッサシリーズ」とは?
 スレート屋根は、全国的にも普及率の高い屋根材です。しかし、経年劣化で色褪せや苔が目立つことに不満をお持ちの方も多いです。ほかの屋根材と比べるとメンテナンス回数も多く、約10年に1回は塗装をしなければなりません。そんなスレート屋根の問題点を一挙解決できるのが30年間色褪せないスレート屋根材「グラッサ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市泉区のその他のブログ

      2022/12/2 横浜市泉区和泉町にて金属屋根の調査 屋根カバー工法のご提案

       横浜市泉区和泉町へ現地調査へ伺いました。「屋根の塗装が剥がれてきている」ということでお伺いしました。金属の瓦棒屋根の点検を実施しました。瓦棒屋根には、ガルバリウム鋼板やトタン等の屋根材が使用され、一般的な「瓦」は使用されません。金属屋根は、昔はトタンが主流でしたが現在はガルバリウム鋼板が主流となっ...続きを読む

      2022/06/23 横浜市泉区緑園にて強風で飛ばされたと見られた棟板金の本当の原因は塗装工事の際に不必要なシーリングにありました

       最近の強風で屋根の一部が飛んだとの事で修繕の為の点検調査を、横浜市泉区緑園にお住まいのS様より頂きました。お住まいのメンテナンスとしては10年程前に屋根を塗装工事にてメンテナンスをされたとの事です。S様邸の屋根には化粧スレートが使われており、塗装でのメンテナンスは自然な流れです。しかし、塗装のみで...続きを読む

      2022/06/11 横浜市泉区和泉が丘にて苔の発生や板金の劣化により雨漏りに繋がる恐れ

       横浜市泉区和泉が丘にお住いのお客様より、屋根メンテナンスについてご相談いただき現地調査へ伺いました。築25年近くになるということでしたので、屋根のカバー工法や屋根の葺き替えがおすすめです。スレート屋根材の耐用年数は、25年~30年といわれています。塗装などによるメンテナンスが定期的に行われていない...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市泉区のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      12年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sオレンジ
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      30年
      使用材料
      屋根:コロニアルクアッド

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2022/11/25 横浜市青葉区若草台で築30年のスレート屋根を調査してきました

      スレート屋根の点検 横浜市青葉区若草台にお住まいのお客様より、屋根カバー工事を考えているので屋根の状態を点検してほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根にはアスベスト含有スレート屋根の最後の製品であるニューコロニアルが使われていました。 アスベスト入りのスレート屋...続きを読む

      2022/11/22 横浜市緑区竹山でアスベスト含有のスレート屋根を調査しました

      古くなった屋根を点検します 横浜市緑区竹山にお住まいのお客様より、屋根の劣化が気になるので調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根を拝見すると、ナショナル(現:パナソニック)が作っていたフルベスト20という屋根材が使われていました。当時製造されていたスレート屋根の中...続きを読む

      2022/11/20 横浜市鶴見区駒岡にて雨樋の汚れの調査を致しました

      雨樋の汚れ状況    横浜市鶴見区駒岡にお住いのお客様より雨樋の汚れが気になるとお問い合わせをいただきました。調査をしてみると雨樋の中に土埃や錆のようなものが確認できました。今回のお客様の雨樋はそこまで土が多く詰まっているわけではないのですが、雨樋に土が積もってしまうと詰まりの原...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      30年以上
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約30年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルグラッサ グラッサ・ブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる