工場に使われるスレートにアスベストが含まれている場合の屋根工事

HOME > ブログ > 工場に使われるスレートにアスベストが含まれている場合の屋根工.....

工場に使われるスレートにアスベストが含まれている場合の屋根工事

更新日:2023年11月16日

アスベストが含まれるスレートは、経年によって表面が劣化してくると空気中に飛散してしまい、それを体内に吸い込んでしまうと健康被害に繋がることは多くの方がご存知でしょう。

 

一般住宅の場合は20年以上経っているお住いであれば、屋根のリフォーム時期を迎えるため、アスベストを含まない屋根材へ交換することになります。

 

しかし、工場や倉庫においてはアスベストが含まれている材が使われている場合でも、工場の稼働状況によって安易に工事に踏み出せない事情があるため、たとえ雨漏りなどがあっても仮補修や部分的な屋根材の交換に留めるというケースもあります。

 

このページでは工場などの大型な施設におけるスレートのアスベスト問題についてご紹介いたします(^_^)/

アスベストが含まれた工場のスレート

 

工場に使われるアスベストを含んだ屋根材

工場などの大型施設でアスベストが含まれている屋根材として、波型スレートが挙げられます。

 

波型スレートは耐久性に優れているだけでなく、耐火性や遮音性に優れているため、火気を使ったり騒音が発せられる生産ラインなどにおいてはマッチする屋根材と言えるでしょう。

 

また、価格的にも安価であることから多くの工場などに使われていますが、2004年以前の波型スレートはアスベストが使われているため、現存する波型スレートにはいまだアスベスト入りのものが多く見られます。

 

耐用年数も25年以上と長いことから、交換するほど傷みが出ていないことからそのままになっているのでしょう。

 

ちなみに波型スレートには大波スレート小波スレートがあり、それぞれ用途や耐久性などに違いがあります。

 

・大波スレート
波のピッチ(波と波の間隔)が130mm、波の高さは38mmのものを大波スレートと言います。

 

厚みは6.3mmと8mmのものがあり、その分曲げに対する強度が強くなるため、設置する場所などの用途によって使い分けが必要です。

 

ちなみに大波スレートは屋根や外壁に使われています。

 

・小波スレート
波のピッチが63.5mmで波の高さは18mmと、大波スレートの半分の波の大きさが小波スレートです。

 

大波スレートよりも強度が落ちるため、屋根には使われず外壁専用となっています。

大波スレート 小波スレート

 

アスベストを含んだスレートはすぐに交換が必要なのか?

アスベストを含む屋根材が勤務している工場で使われていると知った場合、やはり気になるのは工場内で仕事をするスタッフの健康管理です。

 

アスベストが人体に取り込まれると様々な健康被害が心配されるため、ただちに撤去などを進めなければならないのでしょうか?

 

じつはアスベストが使われているとしても、アスベストが飛散するような劣化状況でなければ急いで工事をすることはありません

 

スレートの繊維がボロボロと剥がれだしていて、アスベストが風で飛散してしまうような状況であれば早めに除去をすることや、カバー工法などで囲い込み・封じ込めなどの対処が必要です。

傷んだスレート ゴミなどの滞留も劣化の原因になります

 

アスベストによる健康被害

アスベストとは石綿のことで、そのアスベストの細かい繊維質を屋根材の形状に加工しているのがスレートです。

 

アスベストは建材の耐久性を高めるため、以前は多くの建物に使われていましたが、健康被害が報告されるようになり2004年からはアスベストを含む屋根材は製造が禁止されています

 

アスベストは肉眼では見ることのできないほど細微な繊維で、これが空気中に飛散し人体にとりこまれると肺の組織に滞留します。

 

アスベストがとても耐久性が高い性質があることから、体内にとりこまれても長く潜伏し排出されないことから30年から50年の潜伏期間を経て呼吸困難や咳などの症状を引き起こします。

 

肺がんや中皮腫などの発がん性があるアスベストは、それに晒される環境で業務を行ってきた場合に労災が適用されます。

 

アスベストを含んだスレートの工事

アスベストの問題を解消する方法として、屋根葺き替え工事と屋根カバー工法があります。

 

屋根葺き替え工事はアスベストを含んだ屋根材を撤去し、新しいアスベストを含まない屋根材へ変更する工事です。

 

そしてもう一つの方法である屋根カバー工法は、今のある屋根の上から更に新しい屋根を作る方法で、この場合はアスベストを含んだ屋根を含まない屋根で覆うようなイメージで、アスベストを封じ込めます。

 

特に工場での屋根工事は工場内での業務に支障をどれだけ少なくするかが重要で、生産ラインなどであれば停止せずに行えることが理想です。

 

屋根カバー工法であれば既存の屋根の上での作業ですので工場内への影響を最小限に留めることができるので、ラインを止めたくないというお施主様のご要望にはマッチしているのではないでしょうか。

 

私達街の屋根やさんではお施主様のご要望と、建物の状態などから最適な工事のご提案をさせていただきます。

 

工場や倉庫などの大型の建物での施工も多く承っておりますので、お気軽にご相談ください。

屋根カバー工法前の屋根 金属屋根材への屋根カバー工法

 記事内に記載されている金額は2023年11月16日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

葺き替えよりリーズナブル!屋根カバー工法で雨漏り解決!【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替える…続きを読む
【その業者、本当に大丈夫?】2023年10月 1日より資格が必須となる工事前アスベスト調査・報告義務を徹底解説!
 スレート屋根の塗装やカバー工法、または葺き替え工事などを行う場合、業者は建材がアスベストを含んでいないかどうかを事前に調査する義務があるのですが、2023年10月より、法改正の影響でアスベスト事前調査を行うには国によって定められた資格を持っていなければならなくなりました。  これは業者だけではな…続きを読む
屋根工事の種類を詳細解説!費用、業者選びのポイントもご紹介
 屋根のことでお困りの方…是非街の屋根やさんにおまかせください。経験豊富なスタッフが一丸となって、皆様の住宅の屋根を守ります。街の屋根やさんではさまざまな屋根工事や改修を請け負っています。  屋根工事は、屋根の形状や使用されている素材に応じて、規模が異なります。必要な工事は、屋根の点検の後にご提案…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
被害が出る前!? 出た後!? 屋根工事のタイミングはどちらがオトク
 建物の屋根に不具合が発生した場合、部分補修で済ますべきなのか、それとも思い切って全面的な改修をしてしまうのか、迷うことがあると思います。金銭的に余裕があるならば、全面改修の方が間違いはないのですが、世の中にそういう方は少数です。部分補修と全面改修、時と場合によってを使い分けるのが賢い屋根リフォーム…続きを読む
プロが見た!リフォーム現場での間違いだらけの屋根工事施工例
【動画で確認「間違いだらけの施工例」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください! ↓ ↓ ↓ 【動画で確認「間違いだらけの施工例」】 長い文章のペ…続きを読む
屋根工事に関する工事別必要日数
 屋根工事をご発注いただく場合、気になることの一つに工事日数があると思います。確かに工事中は普段とは違い、施工スタッフなどがお住まいを出入りするので通常の生活が送れずご不便に感じることも多いと思います。最初に工事の日数がある程度わかっていれば、ご安心という声もよく伺います。 建物の大きさや工事の内容…続きを読む
アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法
ご自宅の屋根材がスレート(カラーベスト・コロニアル)またはセメント瓦(厚型スレート)であり、家を建ててから十数年経っている、最近屋根の傷みが気になるなら、そろそろリフォームを検討する時期に来ていると言っていいでしょう。 しかしスレートの屋根材にアスベストが含まれていると、リフォーム費用が高くなるの…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む
最長15年の長期保証で屋根工事・屋根リフォーム後も安心できます
 新築を建てた際、建物には保証が付いてくるのが一般的です。 大体、どこのハウスメーカーも似たりよったりの保証です。建物の構造物と雨漏りに関しては10年、その他の付帯部に関しては2年というところが多いのではないでしょうか?  そして雨漏りの保証もメーカーによりますが大体は「室内の仕上げ面を汚染し室内に…続きを読む
屋根工事・屋根リフォームを相談するのが初めての方に、相談の仕方をご紹介
 「屋根のことで悩んでいるけど、どこに相談したらよいか分からない」、「一度、電話をかけるとしつこく営業されそう」、「屋根の状態が悪いことは分かっているけど、各部の名称が分からないから、話がうまく伝わるか分からない」、こういったことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。  街の屋根やさんではお電話…続きを読む
屋根お役立ち情報
屋根のメンテナンスがなぜ必要なの? 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。 頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして 必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、 屋根そのものの寿命を延ばすことができます。 春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2024/05/11 ジンカリウム鋼板の屋根材としてのメリットとは?ガルバリウム鋼板との違いを併せてご紹介!

       近年、金属屋根材として主流となっているのが、ガルバリウム鋼板です😊 軽量でありながら耐久性に優れ、金属でありながら錆に強い事が大きな魅力です! しかし、金属屋根材にも種類があり、「ジンカリウム鋼板」という素材が使用された金属屋根材も存在します。 一体どのような特徴があるのでしょうか...続きを読む

      2024/05/9 スーパーガルテクトの保証年数ってどのくらい?外装リフォームにおける3種類の保証についても詳しく解説!

      スーパーガルテクトはこんな屋根材です スーパーガルテクトとはどんな屋根材なのでしょうか?一緒に見ていきましょう!😄   「スーパーガルテクト」は2016年に専門業者であるアイジー工業株式会社がリリースした製品です。以前、当社は断熱材を内蔵したガルバリウム鋼板の屋根...続きを読む

      2024/05/7 相模原市中央区田名で劣化が進んだスレート屋根を調査しました

      スレート屋根の劣化具合を見て欲しい 相模原市中央区田名のお客様より、スレート屋根の劣化具合を点検して欲しいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました(^^)/   築年数は30年以上とのことですので、どのような状態かシッカリ見させていただきます!  棟...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17~18年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドグリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      41年
      使用材料
      オークリッジスーパー オニキスブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!