屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 伊勢原市池端にて破損した雨樋と屋根の調査 塗膜剥がれは屋根の.....

伊勢原市池端にて破損した雨樋と屋根の調査 塗膜剥がれは屋根の劣化が加速します

更新日:2022年7月11日

 伊勢原市池端にお住いのお客様より「雨樋が外れてしまった」とのご連絡があり現地調査へ伺いました。以前より破損があり、強風の際にはずれてしまったそうです。雨樋は、塩化ビニール素材のものが多く使用されています。塩ビと似ていますが、紫外線による劣化に対する処理を施し耐久性を高めてた「合成樹脂」も多くなっています。また、ガルバリウム鋼板などの「金属」素材もあります。今回は、雨樋と屋根の点検結果についてご報告します。

雨樋の状態

雨樋落下

 雨樋を確認したところ、雨樋(横樋)が外れおり、雨が降った際は屋根に降った雨水がダイレクトに地面へ落下してしまう状況でした。屋根の勾配もあり、勢いよく雨水が地面へ落ちてしまうことで水たまりが出来るだけでなく、水はねにより外壁などを傷めてしまう恐れもあります。

 一般的に雨樋というと「横樋/軒樋」のイメージですが、縦方向に取り付けられているものを「竪樋(たてとい)」、屋根上に這うよう設置されているものを「這樋(はいとい)」といいます。また、横樋に流れてきた雨水をまとめて竪樋へ流す「集水器(しゅうすいき)」もあります。部位により名前が異なり、種類も沢山ありますが、ご連絡いただく際は『縦に付いている/横に付いている』というようなご説明で十分ですのでご安心ください。

屋根の傷みが進んでいます

屋根塗膜剥がれ 劣化 棟板金釘浮き 苔

 屋根の塗装が剥がれ劣化が進んでいる状態です。表面の塗膜が剥がれたことで水はけが悪くなり、屋根全体にコケが繁殖しています。スレート屋根材自体が雨水を含みやすい状態になっているため、屋根材の傷みが加速し、ヒビや反り等が発生する可能性が高くなっています。また、棟板金を固定している釘が抜けそうになっている箇所も多く、できるだけ早めの対処が必要です。

雨漏りの心配がある劣化

コーキング劣化 谷板金の劣化

 寄棟のため、棟板金が大棟から下方向へ設置されていますが、棟板金の接合されている部分に施されているコーキングに劣化が見られました。一部は隙間が出来ており、雨水が浸入してしまう恐れもあります。また、屋根と屋根が合わさる「谷(樋)」部分にある「谷板金」の劣化が進んでいました。谷部分は、屋根の「雨樋」というように、屋根に降った雨水が谷部を通って横樋に流れています。そのため、水分に触れている時間が長く、金属の谷板金やその周りの屋根材が傷みやすい環境になります。写真でもわかるように、谷板金沿いの屋根材にはカビが繁殖していました。谷板金の劣化が進むと、錆びて穴あきが発生したり、雨水が屋根内部へ侵入して雨漏りに繋がる恐れもあります。

雨樋と棟板金のメンテナンスと谷板金のメンテナンスを同時に行える屋根のカバー工法がおすすめです。足場も有効に活用できます。私たち街の屋根やさんでは、点検結果を写真と一緒に詳しくご説明し、現状で最適なメンテナンスをご提案します。また、引き続き新型コロナウィルス感染予防のため、手指の消毒・マスク着用等の徹底をおこない訪問時もご安心していただけるよう努めております。

参考価格

屋根カバー工法
767,800(税込み)~ 切妻屋根/60㎡の既存屋根を金属屋根でカバーした場合

雨樋交換(全交換)
切妻屋根/片側/20m/半丸
184,800円(税込み)~ 軒樋片側10m×2、集水器2ヵ所、竪樋12m、既存雨樋撤去処分費を含みます。

 記事内に記載されている金額は2022年07月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      伊勢原市のその他のブログ

      2019/11/27 伊勢原市田中にて漆喰が剥がれた棟の取り直し工事を南蛮漆喰シルガードを使って実施

      漆喰工事の目安となる症状本日ご紹介いたしますのは伊勢原市田中にて実施いたしました棟瓦取り直し工事の様子です。瓦屋根で屋根材自体はまったく問題ないのですが、棟辺りに使われている漆喰が大分古くなっているので見て欲しいとのご依頼がありました。現地を確認したところ漆喰が古くなり変色しているところや、剥がれ、...続きを読む

      2019/10/22 伊勢原市岡崎にて雨漏りしている屋根を屋根葺き直し工事で改善

      屋根葺き直し工事で雨漏りを改善します本日ご紹介いたしますのは伊勢原市岡崎にて実施いたしました屋根葺き直し工事の様子です。雨漏りしていることから弊社にお問い合わせをいただきましたが、調査を行ったところ漆喰が剥がれていたり屋根材の下に設置された防水紙が破れているなどの原因がわかりました。そこで、今回は屋...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      伊勢原市のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      築38年
      使用材料
      ガルバリウム製棟包み
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      築42年
      使用材料
      南蛮漆喰

      その他の施工事例一覧→

      雨樋工事を行った現場ブログ

      2022/06/18 横浜市鶴見区駒岡にて雨樋の汚れの調査を致しました

      雨樋の汚れ状況  横浜市鶴見区駒岡にお住いのお客様より雨樋の汚れが気になるとお問い合わせをいただきました。調査をしてみると雨樋の中に土埃や錆のようなものが確認できました。今回のお客様の雨樋はそこまで土が多く詰まっているわけではないのですが、雨樋に土が積もってしまうと詰まりの原因になってしまったり、土...続きを読む

      2022/04/24 横浜市港北区篠原町にて雨樋調査、庭先に落ちていた雨樋は一階の屋根上を這わせてあるはずの這樋でした

       最近の強風の影響か、庭先におそらく自宅の物と思われる雨樋が破損して落ちていた。外観を見渡す限りは外れている箇所は見当たらないが一度点検調査をしてほしいと、街の屋根やさんへご相談を頂きました。 築30年程経過しており、特に雨樋は交換などのメンテナンスはされた事がないようです。さっそく現地に伺いし点検...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨樋工事を行った施工事例

      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      40年以上
      使用材料
      Panasonicアイアン丸105

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる