次世代ガルバリウム鋼板とは?SGLの特徴・メリットや従来型のガルバリウム鋼板との違いをご紹介!

HOME > ブログ > 次世代ガルバリウム鋼板とは?SGLの特徴・メリットや従来型の.....

次世代ガルバリウム鋼板とは?SGLの特徴・メリットや従来型のガルバリウム鋼板との違いをご紹介!

更新日:2023年10月11日

 次世代ガルバリウム鋼板であるSGL鋼板は、従来のガルバリウム鋼板が改良されて進化した金属素材です。
 元々錆に強く耐久性・耐錆性に優れるガルバリウム鋼板がパワーアップしたことで、ガルバリウム鋼板よりも3倍の耐腐食性を備えています。

 今回は、次世代ガルバリウム鋼板であるSGL鋼板の特徴・メリットや従来のガルバリウム鋼板との相違点をご紹介致します。

次世代ガルバリウム鋼板とは?

SGL鋼板の特徴・メリット

SGL鋼板屋根材 SGL鋼板が使用されている屋根

 SGLという名前は、superior(上質)・special(特別)・super(超越)の意味が込められた「S」にガルバリウムを表す「GL」が付けられたことが由来です。
 その名の通り、元々優れた耐久性・耐錆性を備えていたガルバリウム鋼板がさらにパワーアップされた金属素材であり、金属屋根材・外壁材として非常に注目を集めています。

 従来のガルバリウム鋼板も耐用年数は20年~30年と長期の耐用年数を誇り、優れた耐腐食性を備えています。しかし、改良が加えられたSGLの耐用年数は30年以上とされ、耐腐食性に関しては従来のガルバリウム鋼板の3倍錆に強いと言われています。
 さらに金属素材特有の軽量性を有していることから耐震性にも優れており、非常に優秀な金属建材といえます。

 また、従来型より保証範囲も拡大している事も大きなメリットです。従来のガルバリウム鋼板では沿岸部から5km以上離れていないと保証対象にならなかった一方で、SGL鋼板は500m以上と10倍も補償範囲が拡大しています。こうしたことからの製造メーカーのSGLに対する自信が伺えます。

ガルバリウム鋼板とSGL鋼板の違い

ガルバリウム鋼板屋根材 SGL鋼板屋根材

 SGL鋼板はガルバリウム鋼板を改良したことでガルバリウム鋼板以上の耐用年数、耐腐食性を獲得してしますが、その秘密は鋼板に施されためっき組成にあります。
 従来のガルバリウム鋼板は、亜鉛43.4%、アルミニウム55%、シリコン1.6%のめっき組成でしたが、SGL鋼板はマグネシウムを2%含有させています。従来のガルバリウム鋼板とSGLの相違点は、マグネシウムが含有されているかどうかの違いであり、たった2%のマグネシウムが非常に重要な役割を果たしています。

次世代ガルバリウム鋼板SGLとは?まとめ

 ご紹介させて頂きました通り、SGL鋼板は従来のガルバリウム鋼板を改良したことで優れた耐久性・耐腐食性を獲得した次世代ガルバリウム鋼板であり、メーカーが保証範囲を拡大している事からも錆への強さを裏付けています。

 私達、街の屋根やさんは次世代ガルバリウム鋼板であるSGL鋼板を使用した屋根カバー工法などの施工実績を豊富に持っております。SGL鋼板を使用した屋根リフォームをご検討されている方がおられましたら、ぜひお気軽にご相談下さい。点検からお見積りの作成まで無料にて承っておりますのでご安心ください。

参考価格:
 屋根カバー工法(切妻屋根/60㎡の既存屋根を金属屋根材でカバーした場合)
 税込み 877,800円~

 記事内に記載されている金額は2023年10月11日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

ガルバリウム鋼板が人気な理由は何?特徴やメンテナンス方法を徹底解説!
 ガルバリウム鋼板製の屋根材や外壁材の人気がどんどん高くなっています。  屋根・外壁のリフォームを検討されている方であれば、業者やお知り合いからすでに勧められているかもしれません。  しかし、「ガルバリウム鋼板」は本当に信頼できる建材なのでしょうか? 直近20年間で急速…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト
耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした 屋根材の新しいスタンダード  ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。 そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      その他の工事を行った現場ブログ

      2024/05/23 軒天工事が必要になる理由|軒天に良く使用される「ケイカル板」の特徴とは?

       屋根が外壁から飛び出している部分を「軒」と呼び、それを見上げた際の天板が「軒天」です。 屋根工事と言えば「屋根塗装」など、屋根材のメンテナンスを想像する方が多いのではないでしょうか。 しかし、軒天も屋根材同様、劣化が著しく進行・不具合が生じた場合にはメンテナンスを必要とします(>_<)...続きを読む

      2024/05/22 ベランダ笠木からの雨漏りに注意!笠木の役割や雨漏りリスクが高い理由とは!?

       ベランダの外周にある立ち上がり壁は「パラペット」と呼ばれ、落下による事故や雨水が外壁に流れ出てしまうことを防止する役割を担っています! しかし、パラペットは強い雨風に常に晒されており、特にパラペットの上部は雨が打ち付ける場所でもあります。 そこで、パラペット上部に備え付けられているのが「笠木」とい...続きを読む

      2024/05/19 カーポート屋根におすすめな「ポリカーボネート」とは?特徴・メリットと併せてデメリットを徹底解説

       一昔前、カーポート屋根やベランダ波板屋根材の主流と言えば「塩化ビニール(塩ビ)」でした。 しかし、塩ビは経年劣化が進行しやすく、熱や紫外線の影響を受けやすい特徴を抱えています(>_<) そうした中、最近になってカーポート屋根・ベランダ波板屋根材の主流となっているのが「ポリカーボネート」...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      25年前後
      使用材料
      FUJIOKA ヨーロピアン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!