瓦屋根の葺き直しとは?瓦屋根だからこそできる、瓦を再利用したメンテナンス方法です!

HOME > ブログ > 瓦屋根の葺き直しとは?瓦屋根だからこそできる、瓦を再利用した.....

瓦屋根の葺き直しとは?瓦屋根だからこそできる、瓦を再利用したメンテナンス方法です!

更新日:2023年12月21日

 皆様、こんにちは!街の屋根やさん 横浜店です!✋😄

 

 突然ですが、「葺き直し」とはどんなメンテナンスなのか、ご存知でしょうか?

 

 本記事では、葺き直しってどんな工事なの?ということから、葺き直しを検討すべきサインや手順についてご紹介します!

 

 瓦屋根のメンテナンスでお悩みの方、必見です!✨

 

瓦屋根の葺き直しとは

 瓦屋根の葺き直しは、一旦、屋根材を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事のことです!

 

 屋根は風雨や紫外線などの自然の影響を受けやすく、時間が経つと劣化していきますが…その中で、防水紙や野地板も日々劣化していくのです。

 

 瓦屋根葺き直しは、そうした劣化・破損した防水紙や野地板を交換・補修することで、屋根の保護や美観の維持を図るものなんですね👍✨

 

 瓦屋根葺き直しは、屋根の寿命を延ばし、建物全体の耐久性を高める重要なメンテナンス作業なのです!

 

 >>屋根葺き直し工事について、詳しくはコチラ!

 

瓦屋根葺き直しのサインとなる症状

 屋根のメンテナンス時期にはさまざまなサインが現れますが、これらのサインは軽微なものであるため見逃してしまいがちです。初期症状を放置すると雨漏りにつながることもありますので、定期的なチェックが重要です!

瓦 ズレ のし瓦のずれ

 特に瓦屋根では、地震や強風の影響を受けやすいため、瓦が真っ直ぐになっているか割れていないかずれていないかなどを確認する必要があります!

 

 瓦が割れてしまうと他の瓦も動きやすくなり、干渉しやすくなるため、早めの修理が必要です😥

 

 瓦屋根の葺き直しを考えるきっかけは人それぞれですが、台風や強風によって屋根の一部がめくれたり、雨漏りが発生したりすることがありますよね。

 

台風で崩れた棟 台風で破損した瓦

 

 風害は私たちにとって恐ろしい存在であり、屋根材がめくれていると雨の流れが変わり、雨漏りのトラブルに発展する可能性もあります😱💦

 

 また、雨漏りは建物の耐久性を脅かすだけでなく、室内に浸入した雨水が家具や家電を濡らしたり、カビを繁殖させたりする実害もあります!😭

 

 もし瓦の割れや歪み、落下などに気が付いたらすぐにメンテナンスを検討することをおススメいたします。

 

 街の屋根やさんでは無料点検を行っております!点検からお見積りの作成まで無料で行っておりますので、お気軽にお問合せください✨

 

 >>街の屋根やさんの無料点検について、詳しくはコチラ!

 

瓦屋根葺き直しの葺き直しの手順

 瓦屋根葺き直しの葺き直しの手順は、まず既存の屋根材を取り外し、下葺きを行います。その後、再利用する瓦を元の位置に戻し、漆喰を詰め直して固定します。

 瓦の再利用により環境負荷が低く、廃材も少ないため、エコであり、外観も変わらずに屋根をリフォームすることができますよ!😄✨

 

👇こちらは、街の屋根やさんで実際に行った、瓦屋根の点検~瓦屋根の一部葺き直し工事の様子です。

無料点検

瓦屋根の葺き直し

 お客様よりご依頼を頂いてから日程調整を行い、無料点検に伺います🚙

瓦のひび割れはメンテナンスのサインです!

割れた瓦を放置すると雨漏りに繋がる可能性があります!

 ひび割れた瓦と、大きく割れた瓦を見つけました。「小さなひび割れだからまだ大丈夫そう…」と思うかもしれませんが、油断は禁物です。

 何かの衝撃で完全に割れたり、隙間から入り込んだ雨水が次第に防水紙を傷め、やがて雨漏りに発展してしまった!なんてこともあり得るからです😱💦

防水紙が破れていると雨水が浸入し、雨漏りしてしまいます!

 ↑こちらの写真をご覧ください。雨漏りが起きているとのことでしたので、周囲の瓦を外してみたところ…防水紙が劣化して破れているところが散見されました。

 

 実は室内へ雨漏りしないように守ってくれているのは、この防水紙なんですが…このように防水紙に異常があると、雨水は簡単に室内へと入り込んできてしまいます!!😭

 

 一部捲ってこの状態ということは、全体的に防水紙の傷みがみられる状態だ…ということです。将来的なコストを含めて屋根全体の葺き替え工事を行うほうがおススメなのですが、お客様は「一部のみの葺き直し」をご希望とのことで「瓦屋根の部分的な葺き直し工事」を行わせていただきました!

 

葺き直し工事開始!

瓦屋根の葺き直しの際、瓦はすべて取り外します。

 まずは、葺き直す範囲の瓦を取り外します。あとで再利用しますので、慎重に扱います!

瓦屋根の葺き直しの際、防水紙や桟木も取り除きます。

 既存の防水紙や桟木(さんぎ)も取り除きます。桟木は瓦を引っ掛けている、棒状の木材のことです!

瓦屋根の葺き直し瓦屋根の葺き直し

 取り外した瓦を元に戻して工事は完了です✨ 割れてしまった瓦は新しいものと差し替えを行いました!

 これで瓦が割れた部分からの雨漏りが起こる不安も解消されました👍✨

部分的な葺き直し工事も、街の屋根やさんにお任せください!

 街の屋根やさんでは、屋根全体だけでなく部分的な葺き直し工事まで承っております。

 お客様のご希望…ご予算や範囲など、お望みに沿ったメンテナンスプランをご提案いたしますので、お気軽にお問合せください!😃✨

 

 記事内に記載されている金額は2023年12月21日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

屋根葺き直しとは?瓦屋根雨漏り解消方法【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違います。したがって、屋根葺き直しが行える屋根は耐用年数が長い…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      屋根葺き直しを行った現場ブログ

      2024/02/18 屋根瓦のメリット・デメリット|瓦の重量が耐震性の低下を招く理由とは?

       こんにちは!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/ 日本国内の伝統的な屋根材と言えば「瓦」です! 伝統を思わせる美観が大きな特徴である瓦ですが、屋根材として機能面のメリットをご存じない方も多いと思われます! また、瓦屋根にお住まいの方でご心配されることが多いのが、やはり瓦の重量が招く耐震性の低下です...続きを読む

      2024/01/31 瓦屋根のメリット・デメリット|高耐久で日本の伝統を感じさせるデザインが大きな魅力です!

       こんにちは!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/ スレートや金属屋根材など、屋根材には多くの種類が存在します。 その中でも日本国内で古くから使用されてきた屋根材と言えば、「瓦」ですよね(^^♪ その為、国内の多くの重要文化財には瓦屋根の建造物が存在します(#^^#) 今回は、瓦屋根の特徴やメリット...続きを読む

      2024/01/30 屋根からの雨漏りを防ぐルーフィングとは?種類や耐用年数、劣化症状まで詳しくご紹介!

       こんにちは!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/ お住まいに雨が降っても何も気にせずに過ごせるのは、屋根が雨水を防いでくれる為です(#^^#) しかし、実は屋根に降った雨水を防いでいるのは目視で確認出来る瓦やスレートなどの屋根材だけではありません。 屋根材の下地材には、屋根からの雨漏りを防ぐ上で非...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き直しを行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS
      施工内容
      屋根葺き直し
      築年数
      6年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!