寒い冬、屋根や外壁の凍害は温暖な地域でも起こり得ます!凍害による被害の種類や対策についてご紹介!

HOME > ブログ > 寒い冬、屋根や外壁の凍害は温暖な地域でも起こり得ます!凍害に.....

寒い冬、屋根や外壁の凍害は温暖な地域でも起こり得ます!凍害による被害の種類や対策についてご紹介!

更新日:2024年01月05日

 皆様、こんにちは!街の屋根やさん 横浜店です。

 本年も、どうぞ宜しくお願いいたします!😄🎍✨

 

 さて、本格的に冷え込む季節となってまいりましたが…気にかけておきたいのが、お住まいの「凍害」です。

 

 寒冷な気候では、建材が吸水し、それが凍ることで屋根瓦や漆喰、外壁にクラックやひび割れが生じます。この現象が繰り返されると、建材は次第に損傷してしまいます😱💦

 

 凍害とは何なのか、凍害の種類や、大切な住まいを凍害から守る方法をご紹介いたします!

 

 

凍害とは何か

 

 寒い冬において、凍害は建材に染みた水分が凍ったり溶けたり…固体・液体・気体で体積が変化することが原因で起こる、破損などの被害のことを指します。

 

 特に寒い地域では凍害がよく知られていますが、温暖な地域でも起こり得ます

 

 例えば、外気温がマイナス以下であれば外に設置されている水道が凍ることがありますが、風が強い地域ではマイナス1℃~マイナス2℃でも凍害が発生する可能性があります😥💦

 

 また、水溜りなどに氷が張る地域でも凍害が起こり得ることを理解しておく必要があります。

 

【屋根材の凍害】

 屋根材の凍害は、屋根材中の水分が凍結膨張によってヒビや割れが生じることによって起こります。

 積雪がある場合や屋根材の劣化が進んでいる場合に起こりやすく、吸水率の高い屋根材ほど水分含有量が多くなり、凍害のリスクが高まります

 

 金属屋根材は水分を含んでいないため、凍害に対しては最適です👍✨

 

雪止め設置完了

 凍害が繰り返されると屋根材や下地の破壊や腐食が進むため、適切な対策が必要です。雪止めの設置も凍害対策の一つであり、軒先より上の柱や外壁の真上に設置することが理想ですが、重みが一箇所に集中することを避けるために千鳥配置などの工夫が必要です!

 

【外壁の凍害】

 外壁の凍害は、冬季において外壁が凍結・解凍を繰り返すことによって生じます。

 冬の寒さによって外壁の表面温度が下がり、雨や雪が凍って氷となります。この氷が解凍される際に水となり、外壁内部に浸透します。そして再び凍結することで、水が膨張し外壁に圧力をかけるため、外壁のひび割れや剥がれ、塗装の剥がれなどの損傷が生じてしまいます😭

 

 特に、外壁の素材や塗装の劣化が進んでいる場合には、凍害のリスクが高まります!外壁の凍害は、建物の耐久性や外観に悪影響を与えるため、定期的な点検と適切な補修が必要です。

 

漆喰は凍害の被害に遭いやすい!

 漆喰の凍害とは、漆喰が凍ることによって生じます。

漆喰 横須賀市 漆喰の剥がれ

 漆喰は水分を含んでいるため、寒冷地や冬季においては凍結の影響を受けやすく、その結果、ひび割れや剥離が生じることがあります。漆喰の表面に傷や塗膜の剥がれがある場合、水が染み込みやすくなり、凍ることでさらにひび割れやクラックが広がる可能性があります😖💦

 

 このような損傷が進行すると、最終的には漆喰が剥離したり割れたりすることがあるのです。

 

 >>凍害について、詳しくはコチラ!

 

凍害を防ぐ方法

 

 凍害は、建材に染みた水分が凍ることによって発生します。凍害を防ぐためには、以下の方法があります。

 

1. 断熱対策を行う

 建物の外壁や屋根に断熱材を使用することで、室内の温度を保ちます。これにより、建材に染み込んだ水分が凍ることを防ぐことができます。

2. 風通しを良くする

 建物の周囲に風通しを良くするためのスペースを確保しましょう。風が通ることで、建材に染み込んだ水分が乾燥しやすくなり、凍害を防ぐことができます。

3. 雨水の排水を確保する

 雨水や融雪水が建物周辺にたまらないように、適切な排水設備を整えましょう。たまった水分が凍ることで凍害が発生する可能性がありますので、定期的な点検と清掃を行いましょう。

4. 適切な断熱材の選択

 建材には、凍害に強い断熱材を使用することが重要です。凍害に強い断熱材を選ぶことで、建物の耐久性を高めることができます。

5. 定期的な点検とメンテナンス

 建物の外壁や屋根、排水設備などを定期的に点検し、必要なメンテナンスを行いましょう。早期に凍害の兆候を発見し、適切な対策を取ることが重要です。

 

 街の屋根やさんでは、無料点検を行っております!お気軽にお問合せください😊✨

 

お問合せはこちら

凍害の被害なら街の屋根やさんにお任せください!

 冬になると、雪や凍結による被害が心配されます。特に東京や神奈川など、太平洋側の都市は雪に弱く、降雪被害を避けるためには雪止めなどの対策が必要です。

 

 

 街の屋根やさんでは、凍害による被害の修理や対策を行っています。凍害に関する問題や不安があれば、街の屋根やさんにお任せください!😄👍✨

 

 

 記事内に記載されている金額は2024年01月05日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

屋根の雪止め金具で落雪被害を防ぐ!【プロが解説!街の外壁塗装やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
お住いの大敵、屋根・漆喰の凍害を防げるたった2つの方法
 皆様もご存知の通り、寒いと水は凍ります。凍ることによって起こるのが凍害です。水は液体の時よりも温度が低い凍った固体の時の方が体積が増えるという性質があり、これが建物の各部に致命的な被害を引き起こすのです。建材に吸水された水はそこで凍ることによって、クラックやひび割れを発生させます。それが繰り返され…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      雪止め設置を行った現場ブログ

      2024/02/21 雪止めの重要性とは?落雪による雨樋の破損・ご近所トラブル・人的被害を防ぎます!

       こんにちは!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/ 温暖な地域では、冬の時期になっても雪がほとんど降らない事から「雪止め」を設置されていないお住まいを多く見受けられます。 しかし、昨今では異常気象と呼ばれる現象も増えていますし、過去にはほとんど雪が降らなかった降雪が観測された事例もあります! 普段、...続きを読む

      2024/02/8 アスファルトシングルとは?アメリカで愛される屋根材の特徴・メリットと注意点をご紹介!

       ご覧頂きましてありがとうございます!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/ 日本で一番普及している屋根材は、「スレート」です! それでは、アメリカで最も普及している屋根材をご存知でしょうか? それが、アスファルトシングルです! 今回は、アスファルトシングルの特徴・メリット・デメリットを詳しくご紹介さ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雪止め設置を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15年
      使用材料
      オーウェンスコーニング オークリッジスーパー
      色:エステートグレー
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約15年程
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 
      色:Sシェイドモスグリーン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!