霧よけとは?場所・役割・メリットと併せて雨漏り被害に繋がる劣化症状をご紹介!

HOME > ブログ > 霧よけとは?場所・役割・メリットと併せて雨漏り被害に繋がる劣.....

霧よけとは?場所・役割・メリットと併せて雨漏り被害に繋がる劣化症状をご紹介!

更新日:2024年01月24日

 ご覧いただきありがとうございます!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/

「霧よけ」はお住まいの保護や、屋内での生活を快適にする役割を担っています!
 ですが、霧よけと聞いてその場所を答えられる方は少ないのではないでしょうか。

 今回は、そんな縁の下の力持ちとも言える霧よけの役割・劣化症状と併せて雨漏りに繋がる劣化症状をご紹介いたします。

霧よけとは?

霧よけの場所・役割・メリット

霧よけ(庇)

 霧よけはとも呼ばれ、お住まいの窓や玄関の上に独立して設置される屋根を指します!

 よくと間違われることが多いのですが、軒は屋根の一部であり外壁から飛び出ている部分を指します。
 間違わないように注意しましょうね(^^♪

 

 霧よけにはいくつかの役割・メリットがあります。

 まず、夏場には直射日光を遮ることで部屋の温度上昇を緩和し、室内の快適さを保つ役割があります。
 小雨などの日にも便利で、窓を開けて換気をしても室内が濡れてしまうことを防ぐことができます(#^.^#)

 また、霧よけがあることで窓・玄関に直接雨が吹き付けることが防げますので、汚れなども付着しにくくできます。
 さらに直射日光が室内へ侵入することを抑制することで、室内の畳や床・カーテン・家具などの日焼けを防ぐ効果もあります。

 上記の様に霧よけは室内生活の快適性を向上させるだけに限らず、お住まいを保護する大切な役割も担っています!

雨漏りに繋がる霧よけの劣化進行症状とは?

 上記の様に霧よけは様々なメリットを持っていますが、一方で劣化が進行してしまうことで雨漏りが生じやすいことに注意が必要です(>_<)

 まずほとんどの場合、霧よけは一般的な屋根と比較して勾配が少ないです。
 そのため撥水性がそれほど高くありませんので、ひとたび異常が生じてしまいますと浸水しやすい構造とも言えます。

取り合い部のひび割れ

 特に霧よけと外壁の取り合い部分はひび割れが生じやすく、そうした部分からの浸水には注意しましょう。

塗膜の劣化

 また、一般的に霧よけに施されている塗装は防水性を持たせる役割がありますが、こちらも経年により劣化が進行してしまいます。
 塗膜の劣化は防水性の低下を招きますので、錆の発生・進行による穴あきや部材が水分を吸水してしまうことによる劣化も雨漏りリスクとなります(>_<)

 

 霧よけのメンテナンスは後回しになりがちの上、霧よけの雨漏りは気づきにくいです😥
 屋根・外壁のメンテナンスと併せて、霧よけの点検・メンテナンスも忘れずに実施するようにしましょうね(^^♪

霧よけの点検・メンテナンスも街の屋根やさんにお任せください!

 霧よけは庇とも呼ばれる窓・玄関の上部に独立して設置される小さな屋根のことです。

 霧よけは室内生活の快適性向上や、お住まいの保護など大切な役割を担っています(#^.^#)
 ですが、勾配の少ない造りなどから異常が発生してしまうと雨漏りが生じやすい特徴を持っています(>_<)

 霧除けからの雨漏りを未然に防ぐためにも、お住いの屋根・外壁と併せて忘れずに霧よけの定期点検・メンテナンスを行いましょうね(^^♪

 私達、街の屋根やさんは霧よけの交換・補修・塗装メンテナンスなど様々なメンテナンスに対応可能です!
点検~お見積りの作成まで無料にて承っておりますので、霧よけの点検・メンテナンスをご希望されている方や、霧よけにお困り・ご不安ごとをお持ちの方がおられましたら是非お気軽にご相談ください!

 

参考費用:
庇屋根板金カバー工事
税込 66,000円~

庇交換
税込 132,000円~

 記事内に記載されている金額は2024年01月24日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法
 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。  最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けて…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      その他の工事を行った現場ブログ

      2024/06/6 コロニアルNEOが塗装出来ない理由とは?高圧洗浄はノンアスベスト屋根材が損傷する原因になります!

       現在、最も普及している屋根材と言えば「スレート屋根材」ですが、導入コスト・軽量性に優れる屋根材である一方で約10年に1度を目安に塗装メンテナンスによって塗膜の保護機能を回復させる必要があります。 しかし、スレート屋根材の中には「塗装が出来ない・しても意味がない」とされるものも存在しますǶ...続きを読む

      2024/06/5 屋根に設置されるドーマーの特徴やメリットとは?雨漏り被害には注意が必要です!

       屋根に設置される窓と言えば「天窓」が一般的ですが、その他の設置方法として挙げられるのが「ドーマー」です。 天窓と違い屋根から突き出される形で設置されることから、景観面において屋根の大きなアクセントとなります(#^^#) しかし、ドーマーは景観面に限らず、機能面にも大きなメリットがあります! 今回は...続きを読む

      2024/06/2 天窓からの雨漏りの修理や、雨漏りを防ぐためのメンテナンス方法を解説!

      天窓にも寿命があります! 天窓の寿命は一般的には20年から30年と言われています。 また、天窓を構成しているパーツ(パッキンやシーリングなど)は10年や20年経つと劣化し、雨漏りを引き起こすことがあります。 天窓は雨漏りが起きやすい 天窓は屋根に設置される開口部で、自然光を取り入れたり通気...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      25年前後
      使用材料
      FUJIOKA ヨーロピアン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!