モルタル外壁に塗装が必要なのはなぜ?劣化症状や塗装頻度の目安をご紹介!

HOME > ブログ > モルタル外壁に塗装が必要なのはなぜ?劣化症状や塗装頻度の目安.....

モルタル外壁に塗装が必要なのはなぜ?劣化症状や塗装頻度の目安をご紹介!

更新日:2024年01月29日

 こんにちは!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/

 現在、外壁材として最も使用されているのはサイディングですが、1990年頃まで主流であった外壁材は「モルタル外壁」でした(#^^#)
 モルタル外壁は職人の方が手作業で塗り固める様に造る為、デザイン性の高い外壁材です。

 しかし、その一方でモルタル外壁は塗装メンテンナスが必要な外壁材であり、塗膜の劣化は外壁材の劣化を招いてしまいます😥

 今回はモルタル外壁の特徴から塗装メンテナンスの重要性と併せて、劣化症状や塗装頻度の目安を解説致します!

モルタル外壁に塗装が必要なのはなぜ?

モルタルとは?塗装メンテナンスが必要な理由

モルタル外壁

 モルタルは外壁材の一種であり、1990年代頃まで主流の外壁材でした。

 現在主流となっている外壁材であるサイディングは、成型された複数のプレートを張り合わせる一方、モルタルは主原料であるセメント・砂・水を混ぜ合わせたものを職人によって塗り固められて外壁が造られます。
 その為、最大のメリットはテクスチャーや模様を自由に描くことができることです(#^^#)

 モルタル外壁は継ぎ目がなく、さまざまなデザインを表現することができます!

 

 デザイン性の高さが魅力であるモルタル外壁ですが、定期的な塗装メンテナンスが必要な点に注意が必要です。
 モルタルの原料は化粧スレートと同様にセメントです。

 その為、モルタル外壁自体に防水性はありませんので塗装によって防水性・撥水性を付与されています。
 しかし、お住まいの他の部材と同様に外壁に施された塗膜も経年劣化が進行します。

 塗膜の劣化進行は外壁材の劣化促進・汚損などの原因となりますので、定期的な塗装メンテナンスが必要となります!

塗膜の劣化進行による悪影響・塗装頻度の目安

 モルタル外壁の塗装頻度の目安は、10年に1度と言われています。
 しかし、お住まいの立地・環境によって外壁に施された塗膜の劣化進行具合は変わってきます。

 また、北面は日当たりが悪く他方位の外壁よりも劣化が進行しやすい為、注意が必要です。

 そこで、下記に塗膜の劣化進行が外壁に及ぼす悪影響をご紹介致します!
 こうした劣化症状は外壁材がメンテナンスを必要としているサインですので、是非参考にしてみて下さいね(^^♪

苔の繁殖

苔の繁殖

 モルタル外壁の塗膜の劣化進行は、外壁材の防水性・撥水性を低下させます。
 その為、雨が降った際には外壁材に長時間水分が滞留してしまう事に繋がります。

 この状態は、が繁殖しやすい状態です!

 苔が繁殖してしまいますと美観が損なわれることはもちろん、苔が吸水した水分によってさらに劣化が進行してしまいます(>_<)
 「たかが苔の繁殖…」と油断せずに塗装メンテナンスを検討される事がおすすめです!

外壁の汚損

外壁の黒ずみ

 塗膜の劣化は、色褪せ・剥離に繋がりますので外壁の美観が損なわれてしまいます。
 ですが、塗膜の劣化によるお住まいの景観への悪影響はそれだけではありません(>_<)

 前述の通り、塗膜の劣化は外壁材に長時間水分が滞留してしまう事に繋がります。
 その水分に排気ガスなどの大気中の汚れが吸収されることで、そのまま外壁材の汚れへと繋がってしまいます。

 外壁の汚れが酷くなったと感じた場合、塗装メンテナンスを必要としているサインかもしれません!

チョーキング現象

チョーキング現象

 塗料に含まれた顔料が粉状になって浮き出てしまう事をチョーキング現象と呼びます。
 チョーキング現象が見られる外壁は、塗装が寿命を迎えている状態です(>_<)

 外壁を手で触って粉状のものが手に付着する場合、チョーキング現象が発生している可能性が高いです。
 そうした場合、まずは専門業者に点検を依頼してみましょう!

塗膜の劣化症状は外壁塗装を必要としているサインです!

 ご紹介させて頂きました通り、モルタル外壁は1990年代頃まで主流であった外壁材であり、デザイン性の高さが大きな魅力です(#^^#)
 しかし、その一方でモルタル外壁は塗装メンテナンスが必要であることに注意が必要です!

 塗膜の劣化は、苔の繁殖・外壁の汚損・チョーキング現象など様々な悪影響を及ぼします(>_<)
 また、モルタル外壁は非常にクラックを生じさせやすい外壁材です。防水性が低下してしまう事で、クラックから浸水してしまう可能性もありますので注意が必要です!

 モルタル外壁の塗装頻度の目安は一般的に10年に1度と言われていますが、外壁の劣化進行具合はお住まいによって変動致します。
 上記の様な劣化症状はお住まいが外壁塗装を必要としているサインですので、塗装メンテナンスをご検討されることがおススメです!

 

 私達、街の屋根やさんはモルタル外壁の塗装メンテナンスの施工実績も豊富にございます(^^)/
 点検~お見積りの作成まで無料にて実施させて頂きますので、モルタル外壁の塗装工事をご検討されている方や、ご自宅の外壁に塗装が必要か判断が付かずお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談下さい!

 記事内に記載されている金額は2024年01月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

【鉄骨階段の塗装】ファインSiを使用して鉄部の塗装工事【施工事例を紹介!街の外壁塗装やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
 前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。断熱塗料・遮熱塗料 夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる断熱塗料は夏の冷房と冬の暖房、二つの季節の光熱費を削減してく…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      外壁塗装を行った現場ブログ

      2024/02/22 屋根塗装・補修に必要な足場の仮設|相場や節約方法まで詳しくご紹介!

       屋根の塗装や補修工事は保護機能・美観の回復に繋がり、屋根の寿命を延ばす為にも非常に大切です! しかし、屋根リフォームの工事費用は決して安い金額ではありません(>_<) また、その中でも意外に大きな割合となるのが「足場の仮設」費用であり、工事内容によっては総額の2割を占める場合もあります...続きを読む

      2024/02/19 吹き付けとはどんな塗装?メリット、デメリットについてご紹介!

        こんにちは!街の屋根やさん 横浜店です(^^)/  吹き付け塗装ってどんなもの?という疑問をお持ちの方へ…メリット・デメリットを解説します(*^_^*) 吹き付け塗装とは? 吹き付け塗装は建築や工業分野で頻繁に使われる塗装技術のひとつです。   ...続きを読む

      2024/02/1 窯業系サイディング外壁・モルタル外壁の特徴・メリット|窯業系サイディング外壁が主流になったのはなぜ?

       こんにちは!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/ お住まいの新築やリフォームしたりする際、採用される頻度の高い部材は時代によって変わります! 外壁材の場合ですと、1950年~1990年代まではモルタルが主流でしたが、現在では窯業系サイディングが日本国内で使われる外壁材の7割を占めていると言われてい...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      外壁塗装を行った施工事例

      施工内容
      外壁塗装
      築年数
      築34年
      使用材料
      カチコテSP,ケンエースG-Ⅱ,ダイノックシート

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!