塗装メンテナンスで復旧出来ないスレート屋根におすすめ!屋根カバー工法のメリット・デメリットとは?

HOME > ブログ > 塗装メンテナンスで復旧出来ないスレート屋根におすすめ!屋根カ.....

塗装メンテナンスで復旧出来ないスレート屋根におすすめ!屋根カバー工法のメリット・デメリットとは?

更新日:2024年02月13日

 こんにちは!街の屋根やさん横浜支店です(^^)/

 現在、日本国内で最も普及している屋根材はスレート屋根材ですが、スレート屋根は撥水性・防水性を備えさせるために塗装が施されており、10年に1度を目安に塗装メンテナンスが必要です! 

 しかし、劣化が著しく進行したスレート屋根は塗装メンテナンスを行ったとしても機能の回復が困難な場合があります(>_<)
 そこで、おすすめさせて頂くのが「屋根カバー工法」です!

 今回は、屋根カバー工法の特徴と併せてメリット・デメリットを詳しくご紹介致します!

屋根カバー工法のメリット・デメリットとは?

屋根カバー工法の特徴・メリット

屋根カバー工法

 屋根カバー工法は、既存の屋根に新しい防水紙・屋根材を重ねる方法です(#^^#)

 凹凸となる棟板金の撤去は必要となりますが、それ以外の屋根材の撤去はほぼ必要ありません。
 その為、屋根材を全て撤去する屋根葺き替え工事と比較して工期・撤去費用を削減できるメリットがあります!

 また、工事期間中も普段と変わらず生活可能である事も大きなメリットです。
 特に、生産・作業を止める事が出来ない工場・倉庫などの建物に非常におすすめ出来ます😊

屋根カバー工法の注意点・デメリット

 それでは、屋根カバー工法の注意点・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか(・・?
 以下にご紹介致します!

耐震性の低下

 まずは、耐震性の低下です。
 地震が発生した場合、お住まいの揺れは屋根の重量に比例する特徴があります!
 その為、屋根が2重構造となる屋根カバー工法は、必然的にお住まいの耐震性を低下させます(>_<)

 新規屋根材に軽量である金属屋根材を選定する事で、こうした耐震性の低下を最小限に抑える事は可能です。
 しかし、屋根材の選定に耐震性を考慮する必要がある事を念頭に置いてく必要があります!

瓦屋根への施工は困難

 次に、屋根カバー工法による瓦屋根への施工は困難という点です。
 前述の通り、屋根カバー工法は既存の屋根に新規屋根材を被せる施工方法です。

 その為、凹凸がある瓦和屋根や、複雑な屋根形状を持つ屋根への施工は困難です(>_<)
 瓦屋根のリフォームを行う場合には、葺き直し工事葺き替え工事を検討しましょう!

屋根カバー工法のメリット・デメリットとは?まとめ

 今回は、屋根カバー工法のメリット・デメリットについて詳しくご紹介させて頂きました(#^^#)
 屋根カバー工法は、既存屋根材をそのままに新規屋根材を被せる施工方法です!

 その為、工期・撤去費用の削減や、屋内での生産・生活に支障が出ない事が大きなメリットとなります!
 しかし、耐震性の低下を考慮して屋根材を選定する必要があり、瓦屋根や複雑な屋根形状への施工が困難な点には注意しましょう(>_<)

 

 私達、街の屋根やさんは、屋根カバー工法はもちろん、屋根葺き替え工事や屋根取り直し工事など様々な屋根工事にご対応可能です!
 屋根の点検・メンテナンスをご検討されている方や、雨漏りにお困りの方もぜひお気軽にご相談下さい(^^)/

 無料点検にお伺いさせて頂き、最適な施工方法をご提案させて頂きます!

 記事内に記載されている金額は2024年02月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

工場・倉庫の屋根修理は屋根カバー工法がお得!【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内で最も一般的に使われているスレート(化粧スレート)屋根材の寿命は、通常は新築後20~30年ほどですが、定期的なメンテナンスは新築から7~10年ごとに必要とされます。  これまでに何千ものスレート屋根を調査・点検してきた経験から、スレート屋根の劣化や問題を見逃さないためのチェックポイントや、メ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      屋根カバー工法を行った現場ブログ

      2024/06/10 ガルバリウム鋼板の屋根はなぜ人気?その理由や施工方法・金額の目安を解説!

      ガルバリウム鋼板とは  ガルバリウム鋼板は、鋼板の表面にアルミニウム(約55%)、亜鉛(約43.4%)、シリコン(約1.6%)の合金をメッキした素材です。この合金メッキは、通常の亜鉛メッキ鋼板に比べて耐食性が高く、長寿命であることが特徴です。   アルミニウムは耐食性を...続きを読む

      2024/06/4 模原市中央区清新でアスベスト入りスレートの経年劣化を点検しました

      スレート屋根の劣化具合を見てほしい 模原市中央区清新にお住まいのお客様より、そろそろ屋根のメンテナンスを考えているので、状態の確認と見積をお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました(^^)/ 屋根にはアスベスト入りのスレートが使われていました 屋根にはアスベスト入り...続きを読む

      2024/06/4 屋根葺き替え工事とは?ガルバリウム鋼板屋根材を使用した「屋根の軽量化」もおすすめです!

       屋根工事の中でも代表的なリフォーム方法として挙げられるのが、屋根塗装メンテンナンスです。 しかし、塗装メンテナンスは屋根に施された塗膜の保護機能や美観を回復出来る一方、著しく劣化が進行した屋根材を復旧する事は出来ません😱 そうした場合、屋根を新品同様にリフォーム出来るのが「屋根葺き...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根カバー工法を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドモスグリーン
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約30年
      使用材料
      オーウェンスコーニング
      オークリッジスーパー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!