コーキングとシーリングの違いとは?施工を必要とする工事事例をご紹介!

HOME > ブログ > コーキングとシーリングの違いとは?施工を必要とする工事事例を.....

コーキングとシーリングの違いとは?施工を必要とする工事事例をご紹介!

更新日:2024年03月07日

 コーキング・シーリングと聞きますと、何となく「浸水を防ぐ役割を持っている」と分かるもののその違いについて分からないと言う方も多いのではないでしょうか(・・?
 この記事では、コーキングとシーリングの違いや役割と併せて必要とする施工箇所の一例をご紹介致します!

コーキングとシーリングの違いとは?

コーキングとシーリングの違い

シーリング・コーキングはほぼ同様の意味を持ちます

 結論からお話致しますと、コーキングとシーリングに違いはほとんどありません(#^^#)
 これは施工内容だけでは無く、シーリング材、コーキング剤という材料の呼び方もほぼ同様の意味になります。

 これには理由があり、元々は日本工業規格(JIS)によってシーリング材と油性コーキング剤が明確に定義づけされていました。
 しかし、現在ではその定義自体が廃止されています。

 また、英語にはcaulk(隙間につめる)・seal(封をする)という単語が2つ存在しますが、「隙間に詰めて封をする」という作業工程がそれぞれ分かれてしまった事も原因の一つとされます。

 どちらも同じ意味を持ちますので、ご安心ください(#^^#)

 

 コーキングやシーリングの役割は、穴・空隙を埋める事です。
 多くの場合は浸水を防ぐ為に施工されますが、空隙部分からクラック・裂けが広がる事態や、穴部分に雨水が溜まってしまう問題を解決する為にも使用されます!

シーリングが必要となるお住まいの施工

 それでは、シーリングによる防水処理が必要となるお住まいの施工例をご紹介致します!

〇棟板金交換工事

谷板金へのシーリング

 棟板金は屋根材同士の合わさり部分に設置され、隙間の保護や固定の役割を担っています。
 しかし、複数の板金材を使用している為、その合わさり部分に隙間が生じてしまいます(>_<)

 そうした隙間を埋める為にシーリングによる防水処理が必要です!

 せっかく板金を新しくしても、隙間から浸水しては内部の劣化に繋がります。
 雨水が侵入しない様にしっかりと施工を施します(^^)/

〇棟取り直し工事

鬼板金の施工

 棟を造る瓦(棟瓦)の多くは、漆喰や銅線によって固定されます。
 ですが、現在では鬼瓦の裏面のみシーリングによって固定されることが一般的です。

 理由としては、瓦の表面がツルツルしている事から漆喰のみで固定すると長期に渡って固定する事が難しい為です。

〇雨漏り補修

サッシ部分のシーリング

 防水処理によって施されたシーリングは、劣化進行によって硬化・痩せ等の症状が発生します。
 そうした状態では浸水を防ぐ事は出来ず、雨漏りへと繋がってしまいます😥

 そこで、その様なシーリングを取り除き、新たにシーリングによる防水処理を施す場合もあります。

 また、軽度の雨漏りを止める為にシーリングによって止水処理を行う場合もあります。
 ただし、そうした対応は応急処置であることから、いつまで持つか分かりません(>_<)

 根本から雨漏りを止める為には、やはりそれに適した工事が必要となりますので注意しましょう!

コーキング・シーリングの定期点検・メンテナンスも忘れずに!

 コーキング・シーリングはほとんど同様の意味を持ち、穴・空隙を埋める為に施工されます!

 一般的に浸水防止のために行われますが、逆に言えばコーキング・シーリングの劣化は雨漏りに繋がると言えます😥
 特にコーキング・シーリングの耐用年数は10年程度であり、それほど長く持つとも言えませんので注意しましょう!

 屋根・外壁と併せてコーキング・シーリングも忘れずに点検・メンテナンスを行う事が大切です(^^)/

 

 私達、街の屋根やさんは、屋根だけでは無く外壁や防水工事も承っております!
 コーキング・シーリングはお住まいの様々な部分に使用されていますので、ご不安をお持ちの方がおられましたら是非お気軽にご相談下さい!

 点検・お見積りの作成・ご相談まで無料で承っております(^^)/

 

 記事内に記載されている金額は2024年03月07日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

FRP防水 ルーフバルコニーの浮きを部分的に切除して補修を実施【施工事例を紹介!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法
 一般的な戸建て住宅だけでなく、ビルなどの建物においてもさまざまな箇所に使われているのがコーキング剤やシーリング材と呼ばれる充填剤です。容器に入っている時は半固体状の粘弾性を持ち、乾燥して固まるとゴムのような弾性を持つ物質になります。主に建築資材と資材の隙間に充填され、それらの接触による破損を防ぐ緩…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      防水工事を行った現場ブログ

      2024/04/18 陸屋根(屋上)は雨漏りが起きやすい!?雨漏り対策とメンテナンスのポイントを解説!

      陸屋根(りくやね)とは  陸屋根は建物の屋根の種類の一つで、斜面のある屋根と異なり、勾配の無い平坦な面を持つ特徴があります。 ビルなどでよく見られ、屋上と言われるとビルやマンションなどの建物を想像する方もいらっしゃるのではないでしょうか?  屋上のスペースを活用できるということか...続きを読む

      2024/04/9 陸屋根のデメリットとは?雨漏りリスクの高さに注意が必要です!

       一口に屋根と言っても「切妻屋根」や「片流れ屋根」など、その形状は様々です。 そうした中で、屋根を生活スペースとして使用できるのが「陸屋根(ろくやね)」と言われる屋根形状です(^^) しかし、陸屋根にもデメリットがありますので採用をご検討されている場合には注意が必要です(;_;) 今回は、陸屋根のデ...続きを読む

      2024/03/22 FRP防水がひび割れた!?補修やメンテナンスのことなら街の屋根やさんにお任せください!

      FRP防水とは  FRP防水とは、Fiber Reinforced Plastics(繊維強化プラスチック)の略称であり、液状のものを流して防水層を作る塗膜防水の一種です。シート防水と異なりつなぎ目がない特徴があり、強度が高く軽量なのでどんな場所でも使用できます。ただし、費用が高いというデ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      その他塗装
      築年数
      約25年
      使用材料
      ロンシール ニューベストプルーフ 塩ビシート防水 機械固定工法

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!