コロニアルNEOが塗装出来ない理由とは?高圧洗浄はノンアスベスト屋根材が損傷する原因になります!

HOME > ブログ > コロニアルNEOが塗装出来ない理由とは?高圧洗浄はノンアスベ.....

コロニアルNEOが塗装出来ない理由とは?高圧洗浄はノンアスベスト屋根材が損傷する原因になります!

更新日:2024年06月06日

 現在、最も普及している屋根材と言えば「スレート屋根材」ですが、導入コスト・軽量性に優れる屋根材である一方で約10年に1度を目安に塗装メンテナンスによって塗膜の保護機能を回復させる必要があります。

 しかし、スレート屋根材の中には「塗装が出来ない・しても意味がない」とされるものも存在します😢

 今回は、スレート屋根材「コロニアルNEO」が塗装出来ない理由と併せて、コロニアルNEOが致命的な欠陥を抱えている背景まで詳しくご紹介いたします。

コロニアルNEOが塗装出来ない理由とは

コロニアルNEOとは?

コロニアルNEO

 コロニアルNEOはスレート屋根材の種類の一つですが、「スレート屋根材でありながら塗装が出来ない屋根材」として知られています。
 それは、コロニアルNEOが「ノンアスベスト屋根材」であることが大きく関係しています(>_<)

 一昔前、アスベストはその優れた性能から多くのスレート屋根材に含有されていました。
 ですが、皆様ご存知の通り、その後アスベストの健康被害が大きな問題となります。

 アスベストの規制がはじまった事で、各屋根材メーカーは「ノンアスベスト屋根材」の開発が急務となりました。
 そうした背景から、ニチハ「パミール」などと同時期に販売されたのがクボタ「コロニアルNEO」です!

 しかし、それらのノンアスベスト屋根材は製造技術が確立されていない事を原因として、大きな欠陥を抱えてしまう事となります。
 例えば、コロニアルNEOの場合、著しい不規則なひび割れ・屋根材の変色などが挙げられます😱

コロニアルNEOの割れ コロニアルNEOに生じたひび割れ

 1990~2004年頃にスレート屋根材を使用した屋根工事をされている場合、ノンアスベスト屋根材が使用されている可能性がございますので注意しましょう!

コロニアルNEOが塗装出来ない理由とは?

 それでは、コロニアルNEOに塗装を施す事が出来ないのはなぜなのでしょうか(・・?
 一つは、塗装を施す意味が無い為です。

 塗装メンテナンスは、塗膜の機能を回復させることが出来ても屋根材の劣化症状を改善する事は出来ません!
 例え塗膜の保護機能が改善されたとしても、コロニアルNEOの欠陥である屋根材の著しい割れの進行を止める効果はありません(>_<)

高圧洗浄の様子

 また、屋根塗装を行う場合、塗装工程を行う前に必要となるのが「高圧洗浄」です。
 しかし、非常に強い水圧が発生する高圧洗浄は、コロニアルNEOが使用されている屋根を破損させてしまいかねません。

 コロニアルNEOを含む「ノンアスベスト屋根」の塗装メンテナンスは屋根材自体の劣化を抑える事は出来ず、高圧洗浄の工程においては屋根材が破損してしまう原因にも繋がります😢
 ノンアスベスト屋根材が使用されている場合、メンテンナス方法は「屋根カバー工法」「屋根葺き替え工事」が選択肢となりますので、注意しましょう!

ノンアスベスト屋根材の調査・リフォームもお任せください!

 ここまで、「ノンアスベスト屋根材」であるコロニアルNEOの特徴や、塗装メンテナンスが出来ない理由をご紹介させていただきました。
 ですが、「ご自宅の屋根にノンアスベスト屋根材が使用されているか分からない(>_<)」という方も多いのではないでしょうか。

 そうした場合、私達、街の屋根やさんにお任せください!
 街の屋根やさんではノンアスベスト屋根材の点検・リフォーム工事の実績も豊富にございます(#^^#)

 点検・お見積りの作成~ご相談まで無料にて承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!

◆参考費用
 屋根カバー工法(1㎡あたり)
  税込 9,900円~

 屋根葺き替え工事(1㎡あたり)
  税込 14,300円~

 記事内に記載されている金額は2024年06月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

ニチハパミールの屋根は塗装工事ができない!?今後のメンテナンスで知っておきたい解決策とは?
ニチハの「パミール」は、普通のスレート屋根材と比較してみてもかなり短い期間で屋根としての機能が失われる屋根材です。その劣化症状は特徴的で、まるでミルフィーユのような層が露出した剥がれ方…。全国各地で、パミールの屋根材によるトラブルが頻出しています。そんな状態を見たら、今後のメンテナンスに不安を感…続きを読む
【その業者、本当に大丈夫?】2023年10月 1日より資格が必須となる工事前アスベスト調査・報告義務を徹底解説!
 スレート屋根の塗装やカバー工法、または葺き替え工事などを行う場合、業者は建材がアスベストを含んでいないかどうかを事前に調査する義務があるのですが、2023年10月より、法改正の影響でアスベスト事前調査を行うには国によって定められた資格を持っていなければならなくなりました。  これは業者だけではな…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。  高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。  寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重み…続きを読む
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!
 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。 特に「住」、お家のことに関しては購入する際にかなりの金額を必要としますし、数十年に渡って維持していくのにも相当な費用がかかります。 また、お子様がいるご家庭では「学」にもお金が…続きを読む
アスベスト含有屋根材の見分け方と最適な解決方法
ご自宅の屋根材がスレート(カラーベスト・コロニアル)またはセメント瓦(厚型スレート)であり、家を建ててから十数年経っている、最近屋根の傷みが気になるなら、そろそろリフォームを検討する時期に来ていると言っていいでしょう。 しかしスレートの屋根材にアスベストが含まれていると、リフォーム費用が高くなるの…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      その他の工事を行った現場ブログ

      2024/06/5 屋根に設置されるドーマーの特徴やメリットとは?雨漏り被害には注意が必要です!

       屋根に設置される窓と言えば「天窓」が一般的ですが、その他の設置方法として挙げられるのが「ドーマー」です。 天窓と違い屋根から突き出される形で設置されることから、景観面において屋根の大きなアクセントとなります(#^^#) しかし、ドーマーは景観面に限らず、機能面にも大きなメリットがあります! 今回は...続きを読む

      2024/06/2 天窓からの雨漏りの修理や、雨漏りを防ぐためのメンテナンス方法を解説!

      天窓にも寿命があります! 天窓の寿命は一般的には20年から30年と言われています。 また、天窓を構成しているパーツ(パッキンやシーリングなど)は10年や20年経つと劣化し、雨漏りを引き起こすことがあります。 天窓は雨漏りが起きやすい 天窓は屋根に設置される開口部で、自然光を取り入れたり通気...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      25年前後
      使用材料
      FUJIOKA ヨーロピアン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!