屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 横浜市旭区東希望が丘でディプロマットスターの同質仕上げ屋根カ.....

横浜市旭区東希望が丘でディプロマットスターの同質仕上げ屋根カバー工事を行いました

更新日:2022年1月6日

【施工前】
施工前の屋根

【施工後】
施工後の屋根

施工内容屋根カバー工法

築年数約20年

平米数51.3㎡

施工期間7日

使用材料ディプロマットスター オニキス色

費用詳しくはお問合せください

保証10年

ハウスメーカー地元工務店

足場アイコン屋根カバー工法

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 横浜市旭区東希望が丘にお住まいのT様より、近所で工事をしていたという飛び込み業者の方から屋根の鉄板がぺらぺらしていると言われたので、本当かどうか確認して欲しいとご相談をいただいたことが今回の工事のきっかけでした。

 現地を確認させていただいたところ、ぺらぺらしていると指摘を受けた部分は屋根のけらば板金ということが分かりましたが、けらば板金は正しい納め方がされており、特にどこにも異常は見受けられませんでした。無理な飛び込み営業であったことをT様にお伝えしたところ、築約20年でノーメンテナンスであったということもあり、これを機に屋根外壁のメンテナンスがしたいというお話をいただきました。

 屋根はアスベスト入りの松下電工製「アレナ・ウーノ」という屋根材だったので、アスベスト処分費が発生しないカバー工事をご提案させていただきました。工事後にメンテナンスの心配をしなくても良い屋根材が良い都のことでしたので、ディートレーディング社製のディプロマットスターという屋根材を使った工事をご提案いたしました。石粒吹きつけ仕上げの金属屋根で、30年以上メンテナンスのいらない製品です。

 デザイン性が高い綺麗でかっこいい仕上がりになり、T様にも喜んでいただくことができました。外壁の塗装についても別の記事でご紹介させていただきます。
 横浜市旭区東希望が丘にお住まいのT様より、近所で工事をしていたという飛び込み業者の方から屋根の鉄板がぺらぺらしていると言われたので、本当かどうか確認して欲しいとご相談をいただいたことが今回の工事のきっかけでした。

 現地を確認させていただいたところ、ぺらぺらしていると指摘を受けた部分は屋根のけらば板金ということが分かりましたが、けらば板金は正しい納め方がされており、特にどこにも異常は見受けられませんでした。無理な飛び込み営業であったことをT様にお伝えしたところ、築約20年でノーメンテナンスであったということもあり、これを機に屋根外壁のメンテナンスがしたいというお話をいただきました。

 屋根はアスベスト入りの松下電工製「アレナ・ウーノ」という屋根材だったので、アスベスト処分費が発生しないカバー工事をご提案させていただきました。工事後にメンテナンスの心配をしなくても良い屋根材が良い都のことでしたので、ディートレーディング社製のディプロマットスターという屋根材を使った工事をご提案いたしました。石粒吹きつけ仕上げの金属屋根で、30年以上メンテナンスのいらない製品です。

 デザイン性が高い綺麗でかっこいい仕上がりになり、T様にも喜んでいただくことができました。外壁の塗装についても別の記事でご紹介させていただきます。


担当:高田


飛び込み業者から屋根の不具合を指摘されたので見に来て欲しい

フルベスト20の屋根

 

 横浜市旭区東希望が丘にお住まいのT様より、近隣で工事をしているという飛び込みの業者から、屋根の板金がぺらぺらしていると指摘を受けたので本当かどうか確認をお願いしたいとお問い合わせをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。よく、棟板金と言われる屋根のてっぺんに設置されてある板金のカバーに不具合があるという指摘をする業者は多いのですが、ぺらぺらしているという指摘は今回初めて聞いたので、どんな常態かと気になっていました。

 

けらば板金のことを指摘していたようです

けらば 棟板金

 

 現地に到着してT様に詳しいお話を聞いてみると、どうやら飛び込みの業者は1枚目の写真のけらばと言われる板金部分の子とを指してぺらぺらしていると言っていたようでした。このけらば板金、基本的にはその下にある破風板といわれる部分よりも少し外側にはみ出して設置されており、よく見ると野地板といわれる屋根に貼られた基礎の板が見える造りをしています。普段あまりまじまじと見る機会はないので、「大変です板が見えちゃってますよ!」とでも指摘されれば本当にまずい状態に見えてしまうこともあるでしょうが、問題ございません。

 近所で工事している業者とのことでしたが、確認したところどこも工事をしておらず、けらばも問題無く、棟板金も外れかけではなかったことから、今回の指摘は無理な飛び込み営業であったことがわかりました。不安を煽ってくる飛び込み営業は遠慮して欲しいものです。

 

屋根そのものは築年数に応じた劣化をしていました

屋根の苔 屋根の苔

 

 念のため他の部分にも不具合が無いか確認させていただきました。使われている屋根材は松下電工(現:パナソニック)の「アレナ・ウーノ」と言われる古い屋根材が使われていました。アスベスト入りの屋根材で、1999年〜2002年までの間に造られていたアスベスト入りの屋根材で、製造年数が短かったことからあまり見かけることがありません。アスベストは処分費が高額であるため、葺き替え工事の場合金額が高くなってしまいます。屋根の状態に問題が無ければ、処分費が発生しないカバー工事をオススメしています。

 写真の通り屋根材に多数の苔が発生している状態で、お伺いしたところ約20年の間ノーメンテナンスだったとのことです。屋根材への苔の発生は、もともと屋根に施工されていた塗装が劣化して、撥水性が無くなったことを示しています。スレート屋根はセメントで造られた屋根材なので、本来は水を吸うものです。塗装が劣化して水を吸うようになったことで、苔が繁殖しやすい環境になってしまったと言えるでしょう。塗装のメンテナンスも可能ですが、屋根の寿命が約25年前後であることを考えると、今回最後の塗装をしてまた数年後に屋根全体を工事するか、いっそのこと今回大きな工事をしてしまうかという選択になります。

 T様にどのようなお考えかお伺いしたところ、また次回の工事を考えることも無いようにしたいので、いっそのこと今回の出来事を機に全体的な工事をしてしまいたい都のことでしたので、アスベスト処分費を抑えられる屋根カバー工事をご提案させていただき、工事を実施する運びとなりました。

 

まずは板金部分を撤去していきます

雪止め切断 棟板金撤去

 

 カバー工事は既存の板金部分を撤去することから始めます。雪止めの切断は基本的にはサンダーと呼ばれる電気工具を使って切断していくのですが、今回はお隣さんが近かったことと騒音を抑えるために職人が気を利かせて板金ばさみで丁寧に手作業で切断していきました。雪止めは結構な数が設置されているので、握力が必要な大変な作業でした。

 棟板金も側面に打たれた釘を外して撤去していきます。下地として設置された貫板という木の板も外します。この貫板が劣化してくると棟板金の飛散の恐れが高まってきます。写真を見ると少し黒ずんできているのが分かりますが、これが劣化の症状です。棟板金の中で結露を起こしたり、強風を伴う雨の進入などが繰り返されることで劣化が進んでいきます。

 

軒先側から防水紙を施工していきます

防水紙施工 防水紙施工完了

 

 板金部分の撤去が完了したら、軒先側から防水紙を設置していきます。屋根は外側からしか見る機会がないので、屋根材だけで雨を防いでいるように見えますが、じつは結構な量の雨水は屋根材の下にも入っていってしまっています。その雨水を最後の砦として防いでいるのがこの防水紙と呼ばれるものです。屋根材にヒビが入ったり外れてしまったとしても雨漏りを起こすことはありませんが、この防水紙が破れたりしてしまうと、雨漏りを起こしてしまいます。それほど、屋根にはとても重要な材料です。

 防水紙は軒先側から上に重ねるように葺いていきます。水は基本的に上から下に流れていくので、このように防水紙を葺くことで上から流れてきた水が防水紙の内側に入ってしまうことを防いでいます。施工の順番も、屋根工事ではとても重要な工程と言えます。

 

先付けの役物を設置します

けらば板金 役物設置

 

 防水紙の設置が終わったら、先付けの役物を設置していきます。役物と聞くとあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、屋根本体以外の細かい部材のことを指しています。1枚目の写真はけらば板金です。屋根材を伝って流れてきた雨水が屋根のけらば部分に流れていったときに、水をせき止めて軒先側に流す役割をしています。

 2枚目の写真は棟と谷です。棟についてはスレート屋根の場合先付けの役物はありませんが、今回は金属屋根であるため少し施工法法が異なります。このような先付けの板金を設置することで、けらばと同様に棟の内部に水が進入することを防ぐと共に、棟板金を設置する際の下地の役割も果たします。

 谷板金は屋根がVの字でぶつかる部分設置する板金です。水が一番集まってくる箇所なので、板金で覆うことで雨漏りをしっかりと防いでくれます。

 

軒先側から屋根材を葺いていきます

軒先から葺いていく 屋根材設置

 

 先付けの役物の設置が終わったらいよいよ屋根材を葺いていきます。今回使った屋根材はディートレーディングという会社が作っているディプロマットスターといわれる屋根材です。今流行のガルバリウム鋼板よりも耐久性が高いと言われているジンカリウム鋼板を使った金属屋根に天然の石粒を吹き付けてザラザラとした仕上がりになっています。デザイン性が高いだけで無く、ザラザラとした表面が雪止めと同様の役割を果たして雪止めが無くても落雪を防ぐ効果があります。また、天然石粒は色あせることが無く、金属部分を保護していることから30年以上塗装のメンテナンスをしなくても良いとされています。今回の工事を機に屋根について何も考えないようにしたいというT様のご要望を叶える最適な屋根材と言えます。

 その分他の屋根材よりも金額は高くなりますが、30年というスパンで見たときにどこかで塗装のメンテナンスなどを1回でも行うことになったら他の屋根材の方がトータルコストが高くなってしまいます。長い目で見てメンテナンスにかかるコストも総合的に判断して屋根材を選ぶ方が、節約に繋がる場合もあります。

 

棟は同質の役物で仕上げていきます

同質棟 棟設置

 

 棟の仕上げはガルバリウム鋼板製の棟板金を使うことが多いのですが、ディプロマットスターをはじめ、だいたいの屋根材には同質の棟板金というものがメーカーで用意されています。同質棟は少し金額が高いのですが、デザイン性が統一されることと、石粒仕上げの屋根材については屋根材と同様の耐久性が期待できるため、金額との相談でぜひオススメしたいオプションの一つです。単純な長い板金の棟と比べて、細かいデザインの小さな棟をいくつも重ねていくことによって、高級感のある仕上がりになります。

 

屋根カバー工事完了です

完成 完成屋根

ディプロ完成

 

 ディプロマットスターの屋根カバー工事が完了いたしました。先ほど紹介した同質棟で仕上げたことによって、統一感と高級感のある仕上がりになっていると感じていただけるかと思います。元々の屋根の状態と比べて見違えるほど綺麗になったと、T様にもとても喜んでいただくことができました。

 私たち街の屋根やさんでは、緊急事態宣言解除後も引き続き新型コロナウィルスへの感染対策を実施しています。手指の消毒、マスクの着用など徹底しておりますので、お問い合わせの際はご安心いただければ幸いです。

 記事内に記載されている金額は2022年01月07日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行ったT様のご感想をご紹介いたします

T様のアンケート

【工事前】

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
築年数が18年になるので雨もりなどが心配のため
Q3.弊社をどのように探しましたか?
インターネット
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
少し悩みましたがホームページがわかりやすくアンケートをのせていた所が安心感がありお電話しました
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
上にも書いてしまいましたがホームページの内容です
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
とてもていねいでわかりやすく説明してくださりよい感じでした。
工事前アンケート

【工事後】

工事前お客様の顔写真

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
誠実さ
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
なし
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
決める前なのにとても丁寧に説明してくれて、さらに他社への見積りもすすめてきたりと、とても誠実だったから
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
工事前に送っていただいたイメージ画像と変わらない仕上りだった。またサービスで、駐車場の高圧洗浄までやってくれた。
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
とっても丁寧に対応してくれて安心できますよ。とおすすめしたいです。
工事後アンケート

T様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事の料金っていくらなの?各屋根工事の費用をお教えします
屋根工事の料金っていくらなの?各屋根工事の費用をお教えします
 屋根工事と一概に云っても屋根材の種類によっても、また、屋根の状況によっても色々とあります。 また、同じ工事でも屋根の状態や傾斜(勾配といいます)、立地などによって費用は変わってきます。そこがこのリフォーム工事を発注するうえで難しいところだと思います。 「せめて目安があれば」「基本価格はないの?」そ…続きを読む
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用がお安…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。  こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

実際にお客様に感想を伺いました

横浜市旭区のT様

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約30年
      使用材料
      エコグラーニ オニキス色

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約20年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドモスグリーン

      横浜市旭区東希望が丘と近隣地区の施工事例のご紹介

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市都筑区池辺町にて調査した屋根はグリシェイドNEOという屋根材が使われていました

      2022/05/24 横浜市都筑区池辺町にて調査した屋根はグリシェイドNEOという屋根材が使われていました

       横浜市都筑区池辺町にて調査した屋根はグリシェイドNEOという屋根材が使われていました。スレート屋根と一括りにされることが多いですが、スレート屋根にもメーカーや製品の違いがあり、さまざまな種類のスレート屋根が存在します。スレートの屋根の種類で向いているメンテナンス、オススメできないメンテナンスな...続きを読む

      横浜市神奈川区六角橋にてスレート屋根の調査を行いました

      2022/05/20 横浜市神奈川区六角橋にてスレート屋根の調査を行いました

       横浜市神奈川区六角橋にお住まいのお客様より、屋根の劣化が気になるので調査をお願いしたいとご相談をいただき、現地調査にお伺いしてきました。別の業者さんにも見てもらったとのことですが、棟板金を踏んだ跡がありました。まともな業者さんなら踏まない部分です。  屋根を確認したところ、使われている屋根材...続きを読む

      厚木市上落合で割れているスレート屋根材を見つけたというお客様のお住まいを現地調査。グリシェイドNEOという割れの発生しやすい屋根材でした

      2022/05/16 厚木市上落合で割れているスレート屋根材を見つけたというお客様のお住まいを現地調査。グリシェイドNEOという割れの発生しやすい屋根材でした

       厚木市上落合で、スレート屋根が数枚割れているというお客様のお住まいの現地調査にお伺いしましたので、点検中の様子についてご紹介していきます。築年数は15年になるそうですが、屋根のメンテナンスのご経験はないとのことでした。詳しく調査を行い、最適な施工方法をご提案させていただきます。  今回お問い...続きを読む

      お問い合わせバナー