屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市南区でトタンの瓦棒からガルバリウム鋼板の瓦棒へ葺き替え.....

横浜市南区でトタンの瓦棒からガルバリウム鋼板の瓦棒へ葺き替え

更新日:2016年7月7日

今日は非常に暑かったですね。気温も35度を越える猛暑日になっていたので、外にいると汗が止まらなかったです。こまめに水分補給をおこなって熱中症対策をしましょう。先日雨漏りしている屋根の調査をおこない、今日から屋根の葺き替え工事をおこなう事になりました。

元々はトタン葺きの瓦棒屋根でした。トタンはメッキした鉄板なのですが、メッキ部分がサビに弱く劣化してサビが進行して穴が開くことが良くあります。しっかりとサビ止めを塗って塗装するなどのメンテナンスが必要なのですが、今回は殆どメンテナンスをおこなっていなかった様で、穴があいて雨漏りしていました。

早速葺き替え工事開始です。古くなったトタンを剥がしていくのですが、サビによってトタンが薄くなっていて、簡単に切れてしまいます。下地の野地板も雨漏りによって大分傷みが進んでいます。

瓦棒という芯木が雨水で腐っています。木材は腐ってしまうと、どんどん周りに腐食が広がっていくので見えない部分では特に気をつけないとなりません。屋根材は、表面の傷みは一目でわかりますが、下地の状態は剥がさないとわかりません。雨漏りなどでの傷みが酷ければ屋根に上ることで分かりますが、多少の傷み等は剥がしてみて初めて気付く事もあります。その様にならない為にも、早め早めのメンテナンスをしていきましょう。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2017年05月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか
古くなったトタン屋根に最適なメンテナンスは塗装か屋根カバー工法か葺き替えか
 安くて丈夫、施工もしやすいということから普及がはじまったトタン屋根。ガルバリウムが主流になってきたこともありお住まいを新築する際には使われることも少なくなった建材ですが、今でもトタンが使われているという建物や倉庫は意外と目にしますよね。現在のトタン屋根はそのほとんどが大分、古くなってきて…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説
 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト
耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした 屋根材の新しいスタンダード  ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。 そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市南区のその他のブログ

      2022/08/7 横浜市南区永田東にて棟板金が一部飛散しまったお住いの調査に伺いました

      棟板金が一部飛散している 横浜市南区永田東にて棟板金が一部飛散しているお住いの現地調査を行いました。調査時は雨が降った直後で屋根が濡れている状況でしたのでドローンでの調査を行いました。 屋根全体を見てみますとお客様のお住まいはスレート屋根材で寄棟屋根でした。寄棟屋根の隅棟と呼ばれる箇所が一か所、大棟...続きを読む

      2022/07/27 横浜市南区永田山王台にて樹脂製の貫板を用いた棟板金交換を実施

       横浜市南区永田山王台にお住いのお客様より「棟板金が浮いているようだとの指摘があったので見て欲しい」とのご依頼をいただき現地調査へ伺いました。これから台風シーズンに向かいますので、このような指摘があった場合、心配になられる方も多いと思います。しかし、不安を煽るような指摘や、契約を急がせるような場合は...続きを読む

      2022/03/15 横浜市南区永田東でスレート屋根の劣化を調査しました

      フルベスト20で葺いた屋根 横浜市南区永田東にお住まいのお客様より、そろそろ塗装を考えているので屋根の調査をお願いしたいとお問合せをいただき現地調査をしてきました。 屋根は松下電工(現:パナソニック)のフルベスト20という屋根材が使われていました。フルベスト20はアスベスト含有のモデルであるため、処...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市南区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根新設
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      19年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2022/08/8 横浜市神奈川区三枚町にて古くなったスレート屋根を調査しました

      フルベスト20で葺かれた屋根 横浜市神奈川区三枚町にお住まいのお客様より、ご自宅の屋根の古くなったスレート屋根を調査してほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。スレート屋根と一口に言っても、非常にたくさんの種類があります。今回の屋根に使われていたスレート屋根は松下電工製のフルベ...続きを読む

      2022/08/2 横浜市戸塚区原宿にて築20年のスレート屋根を点検しました

      スレート屋根の調査  横浜市戸塚区原宿にお住まいのお客様より、築20年以上が経ったお住まいの屋根の状態を点検して欲しいとご要望をいただき、現地調査にお伺いしました。屋根材はスレート屋根ですが、その中でも今回使われていたものは松下電工製のフルベスト20という屋根材がつ分かれていました。スレート屋根はど...続きを読む

      2022/07/31 横浜市金沢区釜利谷西にて雨漏りの発生しているとお問い合わせをいただき調査に伺いました

      築30年以上経過しているスレート屋根の調査 横浜市金沢区釜利谷西にて雨漏りが発生しているので調査をしてほしいとお問い合わせをいただきました。築年数が30年以上経過しているとのことで、2年ほど前に塗装メンテナンスを行ったそうです。今回はお住いの屋根に梯子を掛けさせていただき屋根に上り調査をさせていただ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      築50年
      使用材料
      スーパーガルテクト シェイドブラウン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる