屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市磯子区築10年のルーフバルコニー床へ通気緩衝工法

横浜市磯子区築10年のルーフバルコニー床へ通気緩衝工法

更新日:2017年2月5日

横浜市磯子区にあるビルのルーフバルコニーの床を調査いたしました。

みねお

築10年のビルのルーフバルコニーです。床の汚れが多く、ひび割れも多くなってきたことからご依頼がありました。それでは調査を始めます。

ルーフバルコニー① ルーフバルコニー②

建物は3階と4階がセットバックされた形状になっております。床はコンクリートで仕上がっております。コンクリートの下には必ず防水層があります。この場合はアスファルト防水が施されていることが多いです。コンクリートは防水層を保護するためとバルコニーとして使用する2つの目的で打たれております。

ルーフバルコニー立上り① ルーフバルコニー立上り②

立上りには亀裂が多く、過去に補修した跡が見えます。立上りの亀裂は雨漏りに繋がる可能性が高いので気を付けなければなりません。

3階ルーフバルコニー 4階ルーフバルコニー

3階の床と4階の床では少し汚れの具合が違うようです。4階のほうが周囲の建物に隠れることが出来ない環境にあるようで、汚れが多く付着しているように見えます。

ドレンまわり① ドレンまわり②

床には排水用の配管へ繋ぐためのドレンと言う箇所がありますが、ドレンまわりにコーキングが沢山打たれてあります。過去に雨漏りがあったと見受けられます。メンテナンスする際は、斫って改修する必要があります。

コーキング隙間① コーキング隙間②

鉄骨がデザインとしてむき出しになっており、外部でコンクリートととの取合いがありますが、コーキングが剥がれて隙間が発生しております。現在雨漏りが無いとのことですが、この隙間から雨水が浸入することで雨漏りしてもおかしくない状態です。現状で言うと、コンクリートの表面は汚れやひび割れが多く発生しており、その他の部材との取合いでは隙間が発生しており雨漏りがいつ発生してもおかしくない状態と言えます。このような状態の中では、コンクリートがこれ以上劣化してしまえば、防水層にも影響を及ぼしかねません。メンテナンスとしてはコンクリートの表面を防水加工することが必要です。ウレタン防水通気緩衝工法をご提案いたします。

通気緩衝工法脱気装置 通気緩衝シート

ウレタン防水は工法でいくつか種類があります。コンクリートの床を防水工事する際には、既存のコンクリートに溜まっている湿気を全て除去することはできません。そのままウレタンをコンクリートに密着させてしまうと、湿気が塗膜を押し上げてしまい膨れてしまうのです。通気緩衝工法は、ウレタンを流す前に通気緩衝シートを床面に貼り、その上にウレタンを流すことで湿気と絶縁させてしまう工法です。コンクリートに残る湿気を逃がすために脱気装置を50㎡から100㎡に1機取付けて、ウレタン防水層に影響させない仕組みにします。

脱気装置仕組み 脱気塔

収縮目地がある場合は、目地を上に設置して通気しやすくすることができます。ルーフバルコニーのあるお宅のメンテナンスは弊社にお任せください。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

 記事内に記載されている金額は2017年05月09日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなとこ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市磯子区のその他のブログ

      2022/10/14 横浜市磯子区洋光台にて漆喰の劣化が進んでいる釉薬瓦を調査しました

       横浜市磯子区洋光台にお住いのお客様より瓦屋根のメンテナンスについてご相談いただきました。漆喰が崩れてきていたり、瓦が外れてしまっているということでした。瓦屋根の場合、瓦自体が割れない限りメンテナンスの必要性が内容に思えますが「屋根」として考えた場合は、定期的なメンテナンスが必要です。大掛かりな工事...続きを読む

      2022/07/13 横浜市磯子区杉田にて瓦屋根調査、雨漏りの原因は銅製谷樋板金の劣化でした

       横浜市磯子区杉田にお住まいのお客様より、最近雨が降ると室内に雨漏りするとの事で私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。 築30年以上経過し、屋根のメンテナンスは一度もされていないとの事でしたので、さっそく現地にお伺いさせて頂き原因特定の為に屋根調査をさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大...続きを読む

      2022/07/12 横浜市磯子区森にて指摘された棟板金を調査 屋根材の小口部分が気になります

       横浜市磯子区森にお住いのお客様より「棟板金が浮いていると指摘されたこともあり屋根を見て欲しい」とのご依頼をいただき現地調査へ伺いました。近くで工事をしている業者さん、近くを通った業者さんなどからのご指摘をいただくお客様が多いようです。屋根はご自身で登って確認することは難しく、危険も伴いますので、こ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市磯子区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約25年
      使用材料
      オーウェンスコーニング
      オークリッジスーパー

      その他の施工事例一覧→

      その他の工事を行った現場ブログ

      2022/09/27 横浜市港北区鳥山町で屋根の不具合を指摘されたお住まいを調査してきました

      指摘を受けた屋根 横浜市港北区鳥山町にお住まいのお客様より、突然訪問してきた業者さんから、「太陽光パネルが外れそうになっているから屋根ごと修理したほうがいい」と指摘を受けたので、本当かどうか見てほしいとご相談をいただき、現地調査にお伺いしてきました。 指摘を受けた太陽光パネルを調査  太陽...続きを読む

      2022/09/8 海老名市大谷南にて瓦の破損について調査 軽微な補修も早めが大切です

       海老名市大谷南にお住いのお客様より「瓦がズレているので見てほしい」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。瓦は、50年以上耐用年数があるものが多く、割れない限りメンテナンスがいらないというようなイメージが強いかもしれません。今回は、瓦特有の部分修理や、メンテナンスが必要な部分について、点検結果と...続きを読む

      2022/08/31 藤沢市菖蒲沢にて落下したケラバ瓦を調査

       藤沢市菖蒲沢にお住いのお客様より「以前の強風で瓦が落下したため直したい」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。強風による被害の場合は、ご加入中の火災保険の適用対象になります。ただし、原状回復ための工事代が20万円以上が対象など、保険のタイプにより異なるため注意が必要です。台風などに備え、火災保...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      その他の工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根新設
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト
      施工内容
      その他の工事
      築年数
      約40年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製板金0.35mm厚

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      現場ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる