屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市青葉区若草台にて棟板金交換工事中、調査時にはわからなか.....

横浜市青葉区若草台にて棟板金交換工事中、調査時にはわからなかった貫板の傷みが判明

更新日:2018年12月10日

本日は横浜市青葉区若草台の現場より、棟板金交換工事の様子をお伝えいたします。

台風により一部棟板金が飛散してしまったことがきっかけでお問合せを頂きました。

飛散した箇所を見る限りではおそらく他も同じ様な状態になっている事が想像できた為この機会に全て交換して今後飛散する心配をしなくてもいいようご提案し、工事のご契約となりました。火災保険も使用しております。

その調査時に飛散した箇所だけ見た場合と、実際全部交換となったので既存の棟板金を撤去して既存貫板の状態を見比べてみます。

飛散してしまった箇所と同じような状態かどうか、お分かりいただけます。

 

飛散した棟板金の様子

台風により飛散した棟板金

こちらが調査時の、飛散した箇所を写した所です。実際は1mと少ししかないのですが、よく見ますと辛うじて屋根の上に残っている貫板の腐食が気になります。

釘に引っかかっている感じで残っていますが大半が雨水を吸い込んでしまい腐食していて黒染みが全体的に見られます。また、固定する釘自体も刺さったままで残ってはいますが錆で覆いつくされています。この状態ですと、飛散しなかった他の棟板金の様子ももちろん心配になります。

結果釘の浮き、抜けかかっている所が多数あった為、今回はこの飛散した箇所ではなく全ての棟板金を交換した方がいいのではとご提案致しました。

実際、その飛散しなかった部分の板金を交換の為撤去、貫板の様子を見て頂きます。

 

工事が始まってすぐ分かる、その他の貫板の腐食の様子

既存棟板金撤去の様子 撤去した棟板金

職人が既存の棟板金を撤去している所です。先ほどの写真と同じように貫板が雨水を吸い込んでしまって黒ずんでしまっているのがお分かりいただけると思います。

もし、飛散した箇所だけ直していたら、この部分は手つかず。数年もたずに同じ様に飛散する可能性を残してしまう所でした。提案してよかったと思います。

今回は足場を架けての工事となりました。作業の安全性の確保、精度、近隣へのごみの飛散防止など、屋根工事には足場は必要です。

足場ももちろんお金がかかる事ですのでできれば何度も足場を架けるのは避けたいところです。ですのでやれる範囲内の工事は、足場を架けるならば同時にしてしまった方が後々の出費も抑えられます。

 

多面体の屋根の様子 新規に設置する棟板金

こちらの建物は棟と谷が複数混合している変形の寄棟形状です。長い板金と短い板金が複数ございます。ぶつかる取合いの所からの雨水の侵入を防ぐためにこちらは必ず最後にコーキングで隙間を埋めます。

本日は飛散していない箇所も同じような状態かどうかを知って頂きたく書かせて頂きました。一部が腐食していると、その他も同じような状態の事がほとんどです。

写真右はこれから使用するまだ箱から出したばかりの新しい棟板金です。こちらを加工して設置してゆきます。

 

もし部分的にしか交換しなかったとして、また台風が来て板金が飛散してしまった、あの時に一緒に全て新しくしておけばよかった、などがないように調査は丁寧に行い、お客様にご提案しております。屋根の事なら街の屋根やさんへお任せください。

 記事内に記載されている金額は2018年12月11日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市青葉区若草台のその他のブログ

      2019/01/18 横浜市青葉区若草台にて外壁塗装中に指摘された築28年経過したモニエル瓦の傷み

      本日は幕板は破風板などの傷みが気になり塗装工事をしている最中に、塗装業者からの指摘で屋根の傷みに気づいたことがきっかけで弊社にお問合せを頂きました、横浜市青葉区若草台のお客様宅に屋根調査に伺った時の様子をお伝えいたします。塗装自体は付帯部と呼ばれるところのみの塗装をしていた様で、簡易的な足場が組まれ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる