屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市青葉区若草台にて外壁塗装中に指摘された築28年経過した.....

横浜市青葉区若草台にて外壁塗装中に指摘された築28年経過したモニエル瓦の傷み

更新日:2019年1月18日

本日は幕板は破風板などの傷みが気になり塗装工事をしている最中に、塗装業者からの指摘で屋根の傷みに気づいたことがきっかけで弊社にお問合せを頂きました、横浜市青葉区若草台のお客様宅に屋根調査に伺った時の様子をお伝えいたします。

塗装自体は付帯部と呼ばれるところのみの塗装をしていた様で、簡易的な足場が組まれていました。

どのあたりが具体的に傷んでいるか分からないとの事でしたので、さっそく屋根に上がり調査致します。

 

 

葺かれていたのはセメント洋瓦の一つであるモニエル瓦でした

今では欲しくてもどうにも手に入らないモニエル瓦で葺いている築28年の切妻屋根

平版の洋瓦であるモニエル瓦です。既に10年以上前の2006年で生産中止になって今では手に入りません。

水はけが悪いのか所々に苔や藻が見られ屋根の一番高い所にあります棟も、その影響で黄色くなっている所が見受けられます。

全体を見回しますと、トップライト(天窓)も3箇所に設置されており、棟にも換気棟が使われております。谷もあり棟違いもあります。

切妻ですが中々雨漏りなどを心配しなければいけない箇所が多い屋根です。

(雨漏りでお悩みの方はこちらをご覧ください。)

少し近づいて傷み具合を見てみます。

 

築年数と生産が終わっている屋根を考えますと葺き替えがベストです

刻印でモニエルとわかりますが、小口の凹凸でもモニエルかそうでないかが分かります。 瓦をランダムにはずすと、どこも防水紙が雨水を吸って黒く変色してしまっており、雨水が屋根材の裏に入っているのが分かります

屋根に上がって雨漏りはしていないかとりあえず一枚めくってみると、見立てどおりモニエルの刻印があります。

めくる前に見分ける方法としては、屋根材の先、小口がスパっと平になっているか、モニエルの様に凹凸になっているかですぐに分かります。

またランダムに数か所めくって下地の傷みや雨漏りの跡がないか見てみますと、雨水が相当前から侵入していたのか、下葺きである防水紙が湿っている状態でした。

また黒く変色もしており、指で押すと野地板が水を含んで柔らかくなってしまっているのも分かります。

 

ケラバ部にできている藻、これのおかげでなんとか落ちずに屋根に乗っている状態でした 釘も錆てしまっており、モニエル瓦自体も亀裂が入り雨漏りの要因となってしまっています

ケラバ部だけを見ても、釘の抜けや錆も見られ雨水の侵入を許してしまっていたであろう箇所が多く発見できました。

実際に触れてみると分かりますが、写真左の藻などが接着剤の様な形になっており、釘が抜けていて固定されていない部分もかろうじて屋根から落ちずにのっている状態です。他に釘で固定が出来ていない為簡単に持ち上がってしまう箇所もあり、どうやら思っていたよりも深刻な状態でした。

幸い、よく雨漏りのお問合せで多いトップライト近辺は問題がなかったのですが、そもそもトップライト自体が金をかけてメンテナンスをしていて耐用年数が20年と言われているものです。

 

今回はこれら調査の様子を写真を含めご説明し、屋根葺き替え工事を行う事となりました。

よく屋根調査時にお話にでるのが、雨漏りも困るがそれらが原因で屋根材が飛散したりなどで、近隣の建物や通行人に二次被害が出ると困る、なんとか直したいとのお声です。

もちろん部分補修で予算もあまりかからずに雨漏りも直り問題がなくなる事もありますが、今回の様に既に取り寄せもできない屋根材、雨水の侵入も相当前から始まっていたであろう屋根は、下地から新しくする葺き替え工事が、先々を考えますと安心です。

 

 

 記事内に記載されている金額は2019年01月19日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え898,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなとこ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市青葉区若草台のその他のブログ

      2018/12/10 横浜市青葉区若草台にて棟板金交換工事中、調査時にはわからなかった貫板の傷みが判明

      本日は横浜市青葉区若草台の現場より、棟板金交換工事の様子をお伝えいたします。台風により一部棟板金が飛散してしまったことがきっかけでお問合せを頂きました。飛散した箇所を見る限りではおそらく他も同じ様な状態になっている事が想像できた為この機会に全て交換して今後飛散する心配をしなくてもいいようご提案し、工...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2022/12/9 横浜市緑区三保町でアーバニーというスレート屋根を調査しました

      ウロコの様なスレート屋根を調査しました 横浜市緑区三保町にお住まいのお客様より、屋根の汚れが目立ってきたのでメンテナンスが必要か見てほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根材には魚のウロコのの様な見た目が特徴的な、アーバニーというスレート屋根が葺かれていました。 ...続きを読む

      2022/11/25 横浜市青葉区若草台で築30年のスレート屋根を調査してきました

      スレート屋根の点検 横浜市青葉区若草台にお住まいのお客様より、屋根カバー工事を考えているので屋根の状態を点検してほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根にはアスベスト含有スレート屋根の最後の製品であるニューコロニアルが使われていました。 アスベスト入りのスレート屋...続きを読む

      2022/11/22 横浜市緑区竹山でアスベスト含有のスレート屋根を調査しました

      古くなった屋根を点検します 横浜市緑区竹山にお住まいのお客様より、屋根の劣化が気になるので調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根を拝見すると、ナショナル(現:パナソニック)が作っていたフルベスト20という屋根材が使われていました。当時製造されていたスレート屋根の中...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      10年
      使用材料
      ケイミューコロニアル遮熱グラッサ 色:クールブラウン 
      軒樋:積水化学工業 ∑90
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      30年以上
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる