屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市鶴見区北寺尾にて屋根カバー工事の為に屋根調査、意外な落.....

横浜市鶴見区北寺尾にて屋根カバー工事の為に屋根調査、意外な落とし穴もあります

更新日:2019年1月20日

本日は一度葺き替え工事を行っている屋根に、カバー工事を考えているというアパートのオーナー様からお問合せを頂きまして、横浜市鶴見区北寺尾にありますアパートの屋根調査に伺ってきた時の様子をお伝えいたします。

事前の情報では築30年だが10年程前に葺き替え工事を行っているとの事でした。カバー工事ができる屋根かどうかも含めたご依頼です。

(カバー工事についてはこちらをご覧ください。)

使われていた屋根材はコロニアル・スレート屋根で、上がって見た感じは特に問題はなく、築年数の汚れのみでしたのでカバー工事は問題なさそうでした。

ただ気になる箇所がありました。

 

カバーはできても軒先の納まりによっては雨水が雨樋内に入らない恐れがあります

カバー工事を想定し、軒先に金属屋根材を置いて雨樋内に雨水が入るかどうかを確認

こちらはその時に現地で試した、カバー工事を行った際にきちんと雨水が雨樋内に納まるかどうか写した所です。

写真を見ると、仮においた金属屋根にペットボトルを雨水と想定し流してみると、雨樋の外に勢いよく流れでてしまっています。

これが雨が降った日にもっと高い、棟付近から流れてきますともっと勢いが増します。当然雨樋内に雨水が入らず地上に落ちてしまいます。

 

分かりやすい様に金属を置かない現状に水を流してみますとそれでもギリギリの時もあります

位置から水を流すと現状ですと雨樋内に雨水が納まっています 但し流す量によっては現状でも雨樋内に水が納まっていません

上記写真は、分かりやすい様金属屋根材をどかし、今の状態で雨が降った時を想定し軽く水を流してみた所です。

これでもギリギリ雨樋内に納まっている状態です。これだけ短い距離で水を流してもこの様な状態になります。

雨樋交換が必要だと分かります。全ての建物にこれが当てはまるとは限りません。軒先の納まりで変わってきます。

 

築30年交換していない半月軒樋の状態 錆も出る針金で固定しているので限界があります。築年数が経つと雨樋だけではなく支持金具自体も経年劣化しますので交換が必要です

屋根は以前葺き替え工事をしたとの事でしたが、どうやら雨樋は交換はしていないようです。かなり古い半月の雨樋がそのまま取り付けてあります。

昔ながらの緑色の被覆で覆われた針金で支えている状態です。

 

カバー工事は既存の屋根の上に新しく屋根材を乗せるために、特に優れた金属屋根になると金属だけではなく中に断熱材が入っていて高さが出ます。

その高さが影響して一枚目の写真の様に雨樋内に雨が納まらなくなる事も考えておかなければなりません。

雨樋も新しくすれば、雨樋を取付ける際に新しくする支持金具の長さを調整すれば問題なくなります。

カバー工事をお考えであれば、雨樋も交換が必要な事もあると覚えておくと良いと思います。

 

 

 

 

 記事内に記載されている金額は2019年01月21日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。  こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市鶴見区北寺尾のその他のブログ

      2019/02/2 横浜市鶴見区北寺尾にて築30年のアパート屋根の調査、緩い勾配で水捌けが悪く汚れも溜まっていました

      本日は横浜市鶴見区北寺尾にありますとある賃貸アパートの物件オーナー様より、屋根カバー工事を検討しているとのお話を頂きましたので屋根の調査に伺いました。その時の屋根の状態やカバー工事ができるか否かの判断など、調査の様子をお伝えいたします。事前の情報では、何が原因 かはわかっていないとの事でしたが葺き替...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根カバー工法を行った現場ブログ

      2022/12/9 横浜市緑区三保町でアーバニーというスレート屋根を調査しました

      ウロコの様なスレート屋根を調査しました 横浜市緑区三保町にお住まいのお客様より、屋根の汚れが目立ってきたのでメンテナンスが必要か見てほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根材には魚のウロコのの様な見た目が特徴的な、アーバニーというスレート屋根が葺かれていました。 ...続きを読む

      2022/11/29 川崎市麻生区片平でスレート屋根を点検しました

      築25年程経過したスレート屋根 川崎市麻生区片平にお住まいのお客様より、築25年程が経過して屋根のメンテナンスは何もしていないので、状態の確認と必要な工事の提案をしてほしいというお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根はスレート屋根で葺かれており、ノーメンテナンスということもあり苔の発...続きを読む

      2022/11/25 横浜市青葉区若草台で築30年のスレート屋根を調査してきました

      スレート屋根の点検 横浜市青葉区若草台にお住まいのお客様より、屋根カバー工事を考えているので屋根の状態を点検してほしいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。屋根にはアスベスト含有スレート屋根の最後の製品であるニューコロニアルが使われていました。 アスベスト入りのスレート屋...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根カバー工法を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      約30年
      使用材料
      オークリッジスーパー オキニスブラック
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      30年以上
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる