屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風4号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風4号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > 松田町寄にて強風被害により棟板金が飛散した為にスレート屋根調.....

松田町寄にて強風被害により棟板金が飛散した為にスレート屋根調査、屋根材自体の劣化により屋根葺き替え工事が必要です

更新日:2019年5月2日

本日は近隣の建物に強風によりご自宅の棟板金が飛散してしまい、サッシを割ってしまった事がきっかけで足柄上郡松田町寄のお客様より屋根の点検調査の依頼を頂きました。棟板金の飛散はスレート屋根によくある事ですが、あまりに傷みが進みかろうじて屋根にのっている状態の所へ強風が吹くと、軽い板金は捲れて軽々と飛散してしまいます。

(台風や強風から建物を守るための備えに関してはこちら。)

その屋根の様子をお伝えいたします。

 

 

棟板金は全て飛散してしまっており特に北面の屋根材の傷みが相当進んでしまっています

お庭に植木などの植物が多くなんとか梯子をかけるスペースを見つけました 棟板金は全て飛散してしまっており、また北面スレート屋根表面は塗膜のはく離が多すぎて雨漏りしてしまっていました

 

梯子を架けさせて頂き屋根に上がります。棟板金が飛散との事でしたが、切妻屋根であるこちらの建物は全ての棟板金が飛散してしまっていました。

ちょうど真ん中部分は屋根材も飛散してしまった、もしくは過去に既に飛散してしまっていたのか防水紙(ルーフィング)が直に見えてしまっています。

また北面のスレート屋根表面の塗膜のはく離が凄まじく、セメント軽量瓦に分類されるスレート屋根の素地が見えてしまっています。早急に屋根工事が必要です。

写真右の手前には棟板金が飛散した後の貫板(ぬきいた)が雨水を吸いすぎて腐食して黒ずんでいるのも分かります。

これが相当前からだとすると、選択肢としては小屋裏を確認する前に築年数も30年以上と伺っておりましたので、葺き替え工事が最適と思います。

 

 

防水紙も耐用年数があり経年で溶けてしまい野地板が丸見えな状態になっている事も

飛散したスレートに太陽熱の影響で溶けてくっついていたであろう防水紙の傷み

 

こちらの写真は棟板金付近のスレート屋根材が飛散した所を近くで撮影したものです。黒く見えているのは防水紙です。

木材が見えていますが通常この野地板と呼ばれる下地の上に防水紙が敷かれ、その上に屋根材が葺かれていきますが、経年による劣化で防水紙自体が飛散した屋根材に張り付いて剥がれてしまっていて野地板が丸見えになっています。防水紙も耐用年数が20年程に設定されている物が多く、それ以上使われていると見えない屋根材の裏では写真の様に劣化が始まっている事がほとんどです。この近辺は相当前からこの状態であると分かるほど野地板が柔らかくなってしまっていました。

 

 

築30年で一度しか塗装で保護していないスレート 他にもスレートが飛散している箇所があり内部に土や落葉などが溜まってしまっている状態

 

この様に塗膜が剥がれ屋根材として機能しなくなる前に何かしら修繕が必要だったようです。あまりに傷みが進むと塗装工事でのスレート屋根の保護ができなくなります。

野地板がまだ使える状態であれば、屋根材を処分する必要がない分費用も抑えられる屋根カバー工事を行う事もできますが、この状態が数年続いている事を考えると野地板が使えるかどうかはすぐに分かります。またケラバ水切り付近も屋根材が飛散している箇所を見つけましたが、こちらは小屋裏へ飛んできた土や落葉が溜まって内部が相当湿っていました。これらを踏まえると屋根葺き替え工事をするほかありません。

全ての屋根がすぐに葺き替え工事が必要になるかは調査次第で分かります。屋根に関する工事は何かと大きな出費になる事が多いのでその判断をきちんと行う業者選びは必要です。街の屋根やさんでは細かい点検調査をしており、また写真などで傷んでいる箇所を確認して頂く事も可能です。

屋根でお困りの際はお気軽にご相談下さい。

 

 記事内に記載されている金額は2019年05月05日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。  高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。  寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重み…続きを読む
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!
 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。 特に「住」、お家のことに関しては購入する際にかなりの金額を必要としますし、数十年に渡って維持していくのにも相当な費用がかかります。 また、お子様がいるご家庭では「学」にもお金が…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      松田町のその他のブログ

      2019/08/23 柄上郡松田町松田庶子にてパラペット部分の屋根葺き替え工事

      パラペット部分の屋根材が剥がれてきている本日は柄上郡松田町松田庶子にて実施いたしましたパラペットの屋根葺き替え工事をご紹介いたします。現在パラペット部分に屋根のように屋根材が取り付けられておりますが、経年劣化によって剥がれかかっているため今回新しい屋根材に交換するべく屋根葺き替え工事を実施いいたしま...続きを読む

      2019/05/8 松田町寄にてスレート屋根調査、貫板(ぬきいた)が腐食している場合は棟板金交換工事が必要です

      本日は屋根の一部がめくれているようだと、近隣の方からの指摘があり屋根の点検調査の依頼を頂きました足柄上郡松田町寄のお客様宅へ調査に伺った時の様子をお伝え致します。お問合せの内容からは屋根材はスレート屋根と判断できましたがめくれているのがどこなのか、またどのような修繕が必要なのかは実際に現地で確認しな...続きを読む

      2019/05/5 松田町神山にて強風により大棟瓦が倒壊、棟取り直し工事の為屋根点検調査を行いました

      本日は空き家にしてあるお宅の屋根の一部が崩れてると、ご近所様の指摘でわかった事がきっかけで足柄上郡松田町神山のお宅へ屋根点検調査へ伺った時の様子をお伝えいたします。よくお話を伺うと今は空き家で、お問合せを頂いたお客様は遠方に住まわれているとの事。すぐに対応もできず現地に向かえない事、状況が分からない...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2022/07/5 横浜市緑区鴨居で30年の瓦屋根を調査しました

      築30年の瓦屋根 横浜市緑区鴨居にお住まいのお客様より、築30年になる瓦屋根に問題が無いか状態を確認して欲しいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。瓦は全ての屋根材の中でもっとも長持ちする屋根材ですが、メンテナンスフリーという分けではありません。瓦屋根そのものは50年以上の耐用年数...続きを読む

      2022/06/26 横浜市磯子区中原にて雨漏り調査、原因はスレート屋根塗装時の縁切り不足と不必要なシーリングでした

       横浜市磯子区中原にお住まいのお客様より、室内天井に染みが出来ているので原因を特定してほしいと私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。築30年近く経過しているとの事で、数年前に塗装工事は行っているとの事でした。さっそく染みの原因特定の為に調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大防...続きを読む

      2022/06/26 横浜市戸塚区上品濃にて雨漏れの調査のご依頼を頂きました

      スレート屋根材にひび割れが発生していました  横浜市戸塚区上品濃にて、雨漏れが発生しているから調査してほしいとお問い合わせを頂きました。早速屋根に上り調査を開始するとスレート屋根材にひび割れが発生している箇所がありました。屋根の構造として屋根材にひび割れが発生したからといってすぐに雨漏れするわけでは...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      築50年
      使用材料
      スーパーガルテクト シェイドブラウン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる