スレート屋根ってどんな屋根?メリット・デメリットや塗装方法をご紹介! | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > スレート屋根ってどんな屋根?メリット・デメリットや塗装方法を.....

スレート屋根ってどんな屋根?メリット・デメリットや塗装方法をご紹介!

更新日:2020年11月13日

コロニアルクァッド

 屋根材の種類には、日本瓦や金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)などいくつかの種類がありますが、スレートもそのひとつです。よく耳にするスレートですが、実際にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?  今回はこのスレート屋根についてご紹介したいと思います。

 

一般的に呼ばれるスレート屋根とは?

 一般的にスレートと呼ばれる屋根材は、天然スレートと化粧スレートの2種類に分けられます。

 天然スレートは、粘板岩という岩を薄く切断して板状にし、屋根に並べたものです。天然の岩を使用しているため、非常に重くまた高価な素材なため、日本ではほとんど普及していません。対して、一般的に普及されているのが化粧スレートです。化粧スレートは、約2~5mmという薄い板状に形成されたものを並べた平形タイプと、工場や倉庫などで仕様されている波型タイプが一般的です。セメント瓦といわれる瓦もスレート瓦の一種です。

セメントスレート コロニアルクァッド

 化粧スレートの屋根材は、現在セメントを含有した「カラーベスト」や「コロニアル」と呼ばれているスレートが一般的になっています。 しかし、2004年より以前のスレート屋根には石綿(アスベスト)を含有した屋根材が普及していました。アスベストが人体に悪影響を及ぼすことが判明してからは、アスベストが使用されなくなり、ノンアスベストタイプのスレートが普及するようになりました。 使用禁止になる前に建てられた屋根にはアスベストが使用されていますが、表面がコーティングされているため、アスベストの飛散は起こりにくくなっています。しかし、経年劣化によって含有しているアスベストが飛散する可能性があるため、アスベストを使用している屋根の住宅に長く住んでいる場合は注意が必要です。 また、既存の屋根を撤去して新しい屋根材に交換する葺き替え工事を行う際は、アスベスト対策をとる必要があります。廃棄物処理費用など特別な費用がかかるので、リフォームの際は注意が必要です。

 

スレートのメリット

スレートには、他にも以下のようなメリットがあります。

1.重量が軽いため、耐震性が高い

2.価格が安い

3.豊富なカラーバリエーションがある

4.平板・波型といった種類があり、デザイン性が高い

5.施工できる業者が多い

塗装工事完工 塗装後のカラーベスト

化粧スレートは薄くて軽いので、住宅への負担が少なく、耐震性に優れています。また、他の屋根瓦と比べると価格が安いため、初期費用が抑えられます。カラーバリエーションも豊富なために外壁に合わせられやすく、デザイン性に優れているのも特徴的です。屋根材としての普及率も高く、施工できる業者が多いというのもメリットのひとつといえるでしょう。

 

スレートのデメリット

一方、化粧スレートには以下のようなデメリットもあります。

1.定期的な塗装メンテナンスが必要

2.苔やカビが発生しやすい

3.割れやすい

4.耐久性・防水性が低い

スレートにひび割れ 苔が繁殖したスレート

スレート自体の耐用年数は15~20年程度になりますが、防水性が低く、定期的な塗装メンテナンスを必要とする上に、ひび割れや反りなどの劣化が起こりやすいので維持費がかかる屋根材といえます。

 

塗装メンテナンスの様子

定期的な塗装メンテナンスを必要とするスレートですが、実際にどのように塗装するのでしょうか。 ここでは実例をもとに塗装メンテナンスをご紹介します。

高圧洗浄 クラックの補修

 高圧洗浄で汚れを綺麗に取り除きます。汚れが残っていると、いくら耐久性の高い塗料を使っても直ぐに剥がれてしまいます。その様にならない為にも、丁寧に念入りに汚れを落としていきます。

 洗浄後、クラックなどがある場合はシーリングで補修を行います。割れ目にシーリングを充填しヘラで均して平らにします。上から塗装を行うので、補修跡はほとんど見分けがつかなくなります。

下地塗装 タスペーサー設置

 塗装の工程は下塗り・中塗り・上塗りの基本3回塗りを行います。まずはシーラーを使用して下塗り塗装を行います。下塗りは、スレート表面と仕上げ塗料の密着性を高める為にはとても重要な工程です。使用します塗料は日本ペイントのファイン浸透シーラー透明です。ローラーを使用して丁寧に塗っていきます。

 下塗りを終えた段階でタスペーサーを設置いたします。タスペーサーはスレートとスレートの間にわざと隙間を作る器具です。屋根材の隙間から入ってしまった雨水や水蒸気を排出する役目をします。 下塗りの塗料が十分に乾いたのち、仕上げ用塗料を塗っていきます。

中塗り塗装 上塗り塗装

 今回使用しているのは日本ペイントのファインパーフェクトベストです。ファインパーフェクトベストはラジカル制御技術により紫外線による劣化を防ぎ、耐候性・耐久性に優れた塗料です。仕上げ塗装は2回行います。スレートに色をつけるだけでしたら1回の塗装だけでも可能ですが、塗り斑が起きたり、塗膜の耐久性が低くなり、すぐに剥がれてしまったりします。下塗りと合わせて3回塗る事で塗膜に充分な厚みを増し、メーカーが期待する塗料が持つ本来の性能を発揮しますので、しっかりと丁寧に重ねていきます。 棟板金を含めてすべて塗り終えたら完了となります。

 

スレート屋根の補修サイン

 以下のような症状があった場合、雨漏りのリスクが高まります。専門業者に依頼して点検を行いましょう。

・棟板金の浮きや釘の緩み
 棟板金は屋根の頂点部分です。棟板金と屋根は釘で固定されているのですが、劣化により釘が緩むと棟板金が浮いてきてしまいます。屋根との間に隙間ができると当然雨が侵入し、最悪の場合雨漏りします。

・ヒビ、欠け
 暴風時の飛来物や、塗装の防水機能が低下して屋根が水分を含み、乾燥して収縮することが原因でヒビや欠けが発生します。

・色褪せや苔、カビの発生
 塗装の機能が低下しているサインです。色がまだらになり見た目も悪くなります。スレート屋根が黄色くなっているのをよく見かけるかと思いますが、あれは苔が生えてしまっている状態です。

・反りや浮き
 ヒビや欠けと同様、スレート屋根に水分が入り込み、乾燥を繰り返すことで、反りや浮きも発生します。隙間があれば水は侵入しますので、補修が必要です。反りや浮きが起きた場合は、塗装ではなく葺き替え工事などの方法で修理します。

・天井にシミ
 天井にシミができている場合は、雨水がスレート屋根を通り越して小屋裏まで侵入しています。屋根葺き替えだけでなく、防水紙や野地板など小屋裏の修理も必要になります。

 

 

スレート屋根とアスベスト

 かつてスレート屋根材にはアスベストが含まれていました。そう聞くと「うちの屋根にもアスベストが使われているかも…」と不安になりますよね。しかしアスベストは屋根材を破壊しない限り、体に影響を及ぼすなどの危険はありませんのでご安心ください。アスベストが含まれているかは、以下の方法で確認することができます。

・建設年
 アスベストを1%以上含む製品の製造が禁止されたのが2004年なので、2004年以降に建てられたお住まいにはアスベストが使用されていません。

・屋根材、製造番号
 お住まい建築の際の書類には、使用されている屋根材や製造番号が記載されているかと思います。国土交通省などのホームページに、アスベストが使用されている製品の製造番号などが書かれていますので、確認することができます。

 

 屋根にアスベストが使用されていた際の屋根リーフォームには2つの選択肢があります。
一つ目は「屋根葺き替え工事」です。現在の屋根材を撤去して新しい屋根材を設置する方法です。アスベストが含まれた屋根材を完全に取り除くので、この先長い間安心して過ごすことができますが、アスベスト含有材撤去費がかかるというデメリットもあります。
 もう一つの方法は「屋根カバー工事」です。現在の屋根の上から新たな屋根材を被せる工事です。現在の屋根を撤去しないので費用は抑えられますが、将来長く住むのであればあまりおすすめできません。

 

まとめ

 一般的に普及して愛用されている化粧スレート屋根ですが、価格が安くて軽く耐震性が高いというメリットがある反面、苔やカビが発生しやすくて割れやすく、定期的な塗装メンテナンスを必要とするというデメリットもあります。こうしたことを踏まえて定期的に点検を行い、適切なメンテナンスを施していけば長く付き合える屋根材となります。街の屋根やさんでは疑問や、ご不安がある方は小さなことでも構いませんので、どうぞお気軽にご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2020年11月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

屋根塗装が雨漏りを引き起こす!?スレート屋根の方は必見!【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート(コロニアル、カラーベスト) 屋根工事 
  【特徴】成形加工で表情を出し、焼付け塗装を行って色付けしたものです。瓦に比べ軽量です。新築時の塗装耐久性能は7~8年と言われています。【メンテナンス】外的要因によるズレ、割れ、浮きが生じる可能性があります。折部・留部の金属の板金は強風や台風で浮かされやすいのが特徴です。塗装が7~8年経…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      屋根塗装を行った現場ブログ

      2024/07/13 屋根塗装を足場なしで出来ない理由|「安全・品質向上」の為に足場は欠かせません!

       屋根塗装を行う場合、「人件費」「塗料の種類」「施工面積」「施工方法」など様々な要因によってその費用も変動しますが、忘れてはならないのが「足場の仮設費用」です。 足場の仮設費用の目安は一般的な2階建て住宅で15~20万円程度と言われていますので、塗装工事のトータルコストの中でも大きな割合を占めます。...続きを読む

      2024/07/11 断熱塗料と遮熱塗料の違いとは?|原理・効果や塗装メンテナンスの必要性を徹底解説!

       塗装メンテナンスは「スレート屋根」や「ガルバリウム鋼板屋根」に必要不可欠なメンテナンスです! 使用される塗料の種類・お色も様々ですが、中には「断熱塗料」「遮熱塗料」といった屋根の機能性を向上出来る塗料も存在します! しかし、「断熱塗料」や「遮熱塗料」は読み方によっては同じ意味にも捉えられる事から、...続きを読む

      2024/07/7 金属屋根における「ガルバリウム鋼板屋根材」の魅力とは?注意点・デメリットと併せてご紹介!

       日本国内で昔から使用されてきた屋根材と言えば「瓦」で、耐久性や重厚感のある景観が大きな魅力です! しかし、重量の大きさから耐震性への不安が大きく挙げられ、地震が多い日本では特にデメリットに感じる方も増えてきています。 そこで、近年増えてきているのが、金属屋根材「ガルバリウム鋼板屋根材」への葺き替え...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根塗装を行った施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      約20年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト チョコレート
      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      20年以上
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト ライトグレー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!