意外と知られていないルーフィングについての基礎知識 | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 意外と知られていないルーフィングについての基礎知識

意外と知られていないルーフィングについての基礎知識

更新日:2020年08月24日

ルーフィングについて

傷んだルーフィング 施工中のルーフィングシート

 ルーフィングという言葉、けっこう耳慣れない言葉で一般的ではないようですが、実は私たちのとても身近なところで使われています。
 ルーフィングというのは、屋根の下地材の一つで、防水紙のことをいいます。実際に雨漏りを経験された方で、ネットなどで調べた際に「ルーフィング」といった単語を目にしたことがある方もいるかと思います。お住まいを雨漏りから守る大切な役割を果たしています。ただ、普段は屋根材の下に隠れていて、目に見えないため、ルーフィングのことをほとんど知らないと言った方がほとんどだと思いますので、見えないところで雨漏りからお住まいを守ってくれている、ルーフィングについて紹介します。

ルーフィングとは

ルーフィングを葺いた状態 ルーフィングを葺いた屋根

 ルーフィングとは、屋根の裏側に取り付けられている防水のためのシートのことを指します。屋根材で雨漏りが防げているような印象がありますが、実際の雨は強風に吹かれて横から勢いよく屋根材に当たります。真上からであれば屋根材で防げる雨も、横から勢いよく吹き付けてくる雨は防ぎきれません。こうして屋根材の下に浸入した雨を防ぐのがルーフィングです。
 業者によっては、防水紙や防水シート、屋根下葺材という呼び方がありますが、同じ物を指します。
 一般的に住宅の屋根は3層構造になっており、内側から野地板、ルーフィング、屋根材(スレートなど)という順番で葺かれています。野地板は基本的に合板などの木材でできているため、水分に非常に弱く、ルーフィングで雨水を確実に防ぐ必要があります。もし野地板まで雨水が達してしまうと、雨水で合板が傷み、雨漏りに発展してしまう可能性があります。  アスファルトルーフィングの寿命は、環境にもよりますがだいたい8年から10年ほどです。スレートの塗装塗膜が劣化してくると、雨水などの水分が浸透しやすくなり、ルーフィングの劣化に寄与してきます。ルーフィングを長持ちさせるという意味合いでも、定期的な屋根の塗装は大切です。  普段目にすることがないルーフィングですが、雨水から私たちの住まいを守ってくれている建材です。

ルーフィングシートの種類

アスファルトルーフィング 改質アスファルトルーフィング

 ではそのルーフィングにはどんな種類があるのでしょう?ルーフィングには、主に以下の3つの種類があります。

・アスファルトルーフィング
 アスファルトルーフィングはルーフィングの中でも値段が比較的安く、最も一般的なルーフィングシートとして使われています。それだけ多くのお客様に愛用されているルーフィングですが、安い分、耐久性としてはシリーズの中では一番劣っています。
 アスファルトルーフィングは、ルーフィングの素となる原紙にアスファルトを染み込ませ、鉱物質粉末を表面に付着させて形成されたシートです。ただ、お手頃価格ですが、寿命は10年程度となっており、劣化による雨漏りには注意が必要です。

・改質アスファルトルーフィング
 改質アスファルトルーフィングは、アスファルトに合成樹脂を配合して、防水性能をさらに向上させたルーフィングシートです。ゴムによる伸縮性があるため、釘やタッカーで止めた際に生じる穴からの漏水を防ぐことができます。また、温度変化にも強く夏の暑さによる伸縮や冬の寒さによるひび割れが発生しにくいため、幅広い地域で力を発揮できるルーフィングシートとなっています。

・高分子系ルーフィング

 高分子系ルーフィングは、アスファルトの代わりに合成繊維などが原料として使われて形成されたルーフィングです。アスファルトを使用しないため軽量にできています。合成繊維が原料ですので、等質性が高いものや遮熱性の高いものなど、さまざまな種類が販売されています。

ルーフィングシートの貼り方

 ルーフィングシートは、屋根の下地材、野地板に貼り付けるように施工します。貼り付け方は次の2種類があります。

タッカーで留める

タッカで止めるルーフィング タッカーで固定したアスファルトルーフィング

 タッカーと呼ばれるホッチキスのような道具で下地の野地板に止めていきます。
 ルーフィングシートに穴が空いてしまいますが、時間の経過と共に太陽熱でルーフィングの一部が溶け、タッカーの穴をふさいでくれます。

粘着式ルーフィングシートを利用する

粘着式アスファルトルーフィング 粘着式ルーフィング

 ルーフィングシートの中には、初めから粘着テープがとりつけられているものがあります。シールのように貼りつけるだけで設置できます。既存の屋根材の上に屋根カバー工法では良く利用されるシートです。

施工時の注意点

 ルーフィングは屋根材の下にあるため見る機会はほとんどありません。そのため、ルーフィングについて詳しく説明されない場合もあります。しかし、雨漏りの原因の多くはルーフィングの破損なので、注意しましょう。
 ルーフィングの設置時に雨が降っている場合は注意が必要です。小雨程度では施工ができます。ルーフィングは防水紙なので、名前の通り防水機能が高いです。しかし、台風などの暴風雨の際は、隙間から雨が侵入しルーフィングの下の野地板を傷めてしまいます。そのため、暴風雨のときには通常は施工しません。しかし、暴風雨でも施工を続ける業者は悪徳といえます。自分たちの利益のために、お客様のことを考えていません。梅雨の時期や台風シーズンは気をつけましょう。
 先ほどお話したとおり、ルーフィングが原因の雨漏りは多いです。見えない部分ですが、大きな役割を果たしています。費用を抑えることにこだわらず、機能性の高いものを選ぶようにしましょう。初期費用は高いかもしれませんが、メンテナンス費用を抑えることができます。また、万が一ルーフィングの施行中に破損を見つけた際には、すぐに施工業者に伝えましょう。施工不良による雨漏りも多いのです。

まとめ

カバー工法に用いられたアスファルトルーフィング
 屋根材の下で雨漏りからお住まいを守ってくれているシートがルーフィングです。
 外からは見えないルーフィングは、屋根材をめくってみないと確認できません。雨漏りなどでお悩みがございましたら、私たち街の屋根やさんに一度ご相談してみてください。経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致しますので、お気軽にお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2020年08月24日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

防水紙(ルーフィング)は雨漏り防止の要【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      防水工事を行った現場ブログ

      2024/07/8 陸屋根防水の重要性|シート防水が陸屋根防水に適している理由とは?

       一昔前、「陸屋根」はビル・病院というイメージが強かったですが、現在では一般住宅にも多く採用されています。 「日当たりが良い生活スペース」を得られる事は大きなメリットであり、一般的な屋根形状と比較してデザインに個性を演出する事が大きな魅力です(#^^#) しかし、陸屋根を採用される上で切っても切れな...続きを読む

      2024/07/7 塗膜防水とは?「ウレタン防水」「FRP防水」について詳しく解説!

      塗膜防水とは  塗膜防水とは、建物の屋上(陸屋根)やバルコニー・ベランダなどに防水性を持たせるために使用される防水方法の一つです。主に液体状の防水材を塗布し、乾燥・硬化させることで防水層を形成します。 液体状態で塗布するため、複雑な形状や凹凸のある面にも均一に塗布できるのが特徴です...続きを読む

      2024/07/2 相模原市緑区下九沢で雨漏りを起こしたバルコニーのシート防水を点検しました

      バルコニーの下の部屋で雨漏りを起こしている 相模原市緑区下九沢にお住まいのお客様より、バルコニー下の部屋で雨漏りを起こしており、いくつかの業者に見てもらったが原因がわからないので調査をお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   雨漏りの原因は本当に様...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      防水工事
      築年数
      20年以上
      使用材料
      ロンシール工業 サラセーヌEZ

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!