垂木とはなんだろう?屋根の土台といえる垂木の機能やメンテナンス方法をご紹介します | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 垂木とはなんだろう?屋根の土台といえる垂木の機能やメンテナン.....

垂木とはなんだろう?屋根の土台といえる垂木の機能やメンテナンス方法をご紹介します

更新日:2021年06月04日

垂木ということばはあまり聞きなれないと思いますが、垂木とは屋根の斜面部分、野地板や屋根材などを下から支えている木材を言います。通常目に見える部分ではないので、垂木の存在自体があまり認知されていませんが、屋根を支えるとても重要な部分です。いざ屋根リフォームを行う場合に、垂木がどのような機能があり、種類やメンテナンスについて知っておくことが重要です。
このページでは垂木の働きやサイズによる違い、修理についてご紹介いたします。

垂木とは

 

 

 

垂木とはなんだろう

屋根の構造は、上から層になっており、一番上に屋根材、その下に防水紙、さらにその下にはには野地板が取り付けられています。これらを支えるための木材で、棟から軒先に向かって斜めに取り付けられているのが垂木です。
スレートや金属屋根材を設置する場合、屋根に固定するために釘やビスを使用します。台風などの強風で飛散したりずれたりしないように、強固に固定するには野地板を貫通させて、その下に取り付けられている垂木に打ち込んでいます。ですので、垂木は屋根を支えている最重要部分とも言えるでしょう。
ちなみに垂木に使われている漢字である「垂れる」と由来は、棟から軒先に向かって上から垂れるように取り付けられていることからです。

垂木の上から野地板を設置 野地板の上から防水紙を設置

 

垂木はどのように設置されているだろう

垂木は、棟から軒先に縦方向に設置しますが、その下に、今度は横方向に交わるような井形で組んでおり、それにより強度が増し、重量のある屋根でもしっかりと支えることができます。
また、軒先部分の外壁から突き出た垂木は、鼻垂木もしくは鼻と呼びます。この鼻垂木が露出していると風雨の影響を受けて破損の原因になることや、景観がよくないなどの理由もあり、鼻隠しという板を設置しています。

 

垂木の設置間隔

棟部分から縦に設置している垂木ですが、その間隔は455mmでの設置がルールになっています。しかし、在来工法や木造軸組工法の場合は303mmの場合もあるので注意が必要です。

 

 

垂木のサイズの違いについて

垂木と一言でいっても使用される屋根によってサイズに違いがあります。もちろん、棟から軒先までの長さに違いがあるのは当然ですが、垂木の断面部分の高さにも違いがあります。
通常の屋根の場合は幅45mmで高さ60mmですが、軒の出が長い屋根は幅は45mmで75mmという高さの材が使われます。また、屋根材自体が重量がある瓦の場合は、通常ですと幅60mm、高さは75mm、軒の出が長い場合は幅60mm、高さ100mmと使われサイズは様々です。

 

 

金属屋根やスレートなど、軽量な屋根の場合

通常の屋根 軒の出が長い屋根
幅45mm 幅45mm
高さ60mm 高さ70mm

 

瓦など重い屋根材の屋根の場合

通常の屋根  軒の出が長い屋根
幅60mm 60mm
高さ75mm 高さ75mm

 

屋根材を釘で固定するために正確に垂木に打ち付けるには

垂木は野地板や防水紙がすでに設置されている状態では、屋根の上から見ることはできません。しかし確実に垂木に釘を打ち付けられているのはどうしてなのでしょうか?
理由は垂木の設置は455mmという間隔で均等に設置されているのがルールですので、このルールに従うことで垂木の位置がわかるのです。
また、実際に釘を打ち込んだ時の感覚も、垂木でない箇所とでは手ごたえが違うのですぐに分かります。このように正確に垂木の位置を把握し、屋根材を設置するには専門的な知識が必要です。私達街の屋根やさんでは多くの施工実績があり、高い専門知識を持ったスタッフが対応させていただいますのでご安心ください。

 

垂木のメンテナンス方法

垂木は木材ですので、経年や水分の影響で傷んでしまいます。傷んでしまうその大きな原因の一つは雨漏りで、屋根材が欠けたり、ずれなどによって雨水が侵入すると、垂木が水分を吸って時間が経てば腐食してしまいます。また、もう一つの原因は積雪による重さです。関東近郊ではそこまで積雪はありませんが、使われている垂木サイズや築年数によっても違いますが積雪が60cm以上ある場合は雪下ろしをして屋根の負荷を軽減しなければ垂木が耐えられず破損する危険があります。

垂木が破損した場合の補修について

垂木を補修するには、屋根材や防水紙、野地板なども撤去しなければなりませんので、必然的に大がかりな工事が必要です。また、垂木自体を交換する場合は傷んだ垂木に添え木をして補強する「抱かせ」という方法が一般的です。

垂木が傷んでいる 垂木の補修

 

 

垂木の種類

 垂木は名前の通り木材なのですが、その材質もいくつか種類があります。材質によって特徴も様々です。

・杉
 1番使われているのが杉の垂木です。日本全国で植林されており、日本ではよく使われる木材です。まっすぐに育つので使いやすい、加工しやすいといった特徴があります。また、油分が少ないのでお住まいに使用するのに向いています。ちなみに割り箸も杉で作られています。

・米松
 アメリカから輸入する木材です。杉同様加工しやすく、木目も綺麗なのが特徴ですが、経年で黒ずみが発生してしまうこともあります。

・蝦夷松
 北海道に分布している蝦夷松は、加工しやすく軽量なのが特徴です。しかし、湿気の多い地域では劣化しやすいといった欠点もあります。

化粧垂木
 一般的なお住まいでは軒天材を張って垂木を見せないようになっていますが、垂木をあえて見せる化粧垂木というものがあります。お寺や神社でよく見られるのですが、化粧垂木は豪華で迫力のある印象を与えます。化粧垂木には耐久性があり、木目も美しい檜がよく使われるようです。

 

垂木は小屋裏から確認できます

私達街の屋根やさんでは現地調査時に屋根に上ることももちろんですが、垂木の傷みなどの確認については小屋裏まで確認させていただいております。小屋裏からは垂木が直接見ることができるので、屋根の上からでは分からない状態もしっかり確認できます。小屋裏を見ることで垂木の異常以外に野地板や母屋など屋根の構造部を確認でき、また雨漏りなどの染みや痕跡もチェックできます。
小屋裏へは押し入れの上から入れるケースが多いですが、場合によっては小屋裏にそのまま入れないこともあります。小屋裏の点検が必要な場合は、天井に開口部を作ることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

小屋裏から見た垂木 小屋裏の様子

 記事内に記載されている金額は2021年06月04日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

防水紙(ルーフィング)は雨漏り防止の要【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根の斜面を支える大切な役割を持つ「垂木」とは?サイズや基礎知識など垂木の重要性を詳しく解説します
 勾配のある屋根の斜面に縦向きに取り付ける木材を「垂木(たるき)」と言います。屋根を支える下地となる需要な部分で、傾斜がある屋根には必ず設置されています。 屋根にはいくつもの素材の種類があり、それぞれ重さが異なります。重い瓦もあれば、軽い金属屋根もあります。軒の出の長短もそれぞれの家で異なるでしょ…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      防水工事を行った現場ブログ

      2024/07/8 陸屋根防水の重要性|シート防水が陸屋根防水に適している理由とは?

       一昔前、「陸屋根」はビル・病院というイメージが強かったですが、現在では一般住宅にも多く採用されています。 「日当たりが良い生活スペース」を得られる事は大きなメリットであり、一般的な屋根形状と比較してデザインに個性を演出する事が大きな魅力です(#^^#) しかし、陸屋根を採用される上で切っても切れな...続きを読む

      2024/07/7 塗膜防水とは?「ウレタン防水」「FRP防水」について詳しく解説!

      塗膜防水とは  塗膜防水とは、建物の屋上(陸屋根)やバルコニー・ベランダなどに防水性を持たせるために使用される防水方法の一つです。主に液体状の防水材を塗布し、乾燥・硬化させることで防水層を形成します。 液体状態で塗布するため、複雑な形状や凹凸のある面にも均一に塗布できるのが特徴です...続きを読む

      2024/07/2 相模原市緑区下九沢で雨漏りを起こしたバルコニーのシート防水を点検しました

      バルコニーの下の部屋で雨漏りを起こしている 相模原市緑区下九沢にお住まいのお客様より、バルコニー下の部屋で雨漏りを起こしており、いくつかの業者に見てもらったが原因がわからないので調査をお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   雨漏りの原因は本当に様...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      その他塗装
      築年数
      約25年
      使用材料
      ロンシール ニューベストプルーフ 塩ビシート防水 機械固定工法

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!