代表的な屋根の形状と名称、特徴をご紹介 | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > ブログ > 代表的な屋根の形状と名称、特徴をご紹介

代表的な屋根の形状と名称、特徴をご紹介

更新日:2020年09月11日

 住宅街の街並みを眺めてみますと、屋根にはさまざまな形状があるのがわかります。しかしそれぞれの形状に、いったいどんな意味や役割があるのかまでは、なかなかご存じない方が多いかと思います。今回はこうした様々な形の屋根の名称と、その特徴、役割についてお話します。

1.切妻屋根

切妻屋根 切妻屋根

 一般的に言われる「三角屋根」がこの形状の特長です。構造がシンプルで施工もしやすく、最も普及しているタイプです。

メリット
 形状がシンプルなので工事が比較的簡単で費用が抑えやすく、トラブルが発生しにくいというメリットがあります。

デメリット
 妻側(屋根がかかっていない面)の外壁には、風や雨、日光が直接当たってしまい、劣化の進みが早いです。定期的に塗装メンテナンスを行わないと、雨漏りなどの不安があります。

 

2.片流れ屋根

片流れ 片流れ

 屋根が一面で構成される形状です。雨水なども片側に流れます。方角さえよければ太陽光を利用した発電パネルなどを設置し、効率のいい運用ができます。

メリット
 形状がシンプルで工事が簡単、防水上のトラブルも少ないです。屋根裏の空間を確保しやすいです。向きによっては太陽光パネルの設置もやすすいです。

デメリット
 屋根がかかっていない側の外壁は、風雨が直接当たり劣化しやすいため、こまめなメンテナンスを必要とします。また片流れ屋根では、一面に雨が集中してしまいますので、屋根材や塗料塗膜が傷みやすいです。

 

3.寄棟屋根

寄棟 寄棟

 屋根の4つ面が中央に寄せている形状の屋根です。棟を四方から中央に寄せているので寄棟といいます。屋根の総面積が同じでも2面の切り妻と比べて4面で支える寄棟は一面あたりの面積が小さくなるため、風圧に対しても強いのが特徴です。

メリット
 耐風性があり、台風や嵐に強い特徴があります。

デメリット
 切妻屋根と比べると4面の合わさり部分が多く、面の取り合いに雨漏りが発生するリスクがあります。きちんとメンテナンスをしておけば大丈夫ですが、維持費はやや高めになります。

 

4.方形屋根

方形屋根 方形屋根

 正方形の建物に多くピラミッドのような形状です。屋根の全ての面が同じ形になるのが特徴です。
メリット
 寄棟屋根と同様、4方向から支え合っているため頑丈な構造で、台風や嵐に強いです。

デメリット
 方形屋根の下になる部屋は、正方形に近い設計となるためデザイン上の制約があります。また全ての屋根面が三角形になるため、ソーラーパネルの設置には不向きです。

 

5.入母屋屋根の特徴

入母屋

 伝統的で最も格式が高い屋根の形状です。小さい切り妻に寄棟を合わせたような形状が特徴的です。

メリット
 日本の伝統的なスタイルで、和風の住宅に最適なデザインです。屋根裏の断熱性や通気性が高くなります。

デメリット
 屋根の形が複雑になるので、工事やメンテナンスが高額になり、定期的なチェックが必要です。

 

6.差し掛け屋根

差し掛け屋根 差し掛け屋根

 切り妻や招き屋根の頂点の位置をずらして合わせたような形状です。

メリット
 強風や突風に強く、屋根の間に採光窓を設けることが可能です。施工費が安く、屋根裏の断熱性や通気性も保てます。

デメリット
 屋根と外壁との間に雨漏り発生リスクが高くなるのでまめなメンテナンスが必要です。

 

7.越屋根

越屋根 越屋根

 換気、採光などの目的で設けられた、屋根の上に小さい二階部分を載せたような形状です。

メリット
 開口部が高い位置にあり、熱気や湿気を排気しやすいメリットがります。

デメリット
 構造が複雑で、やはり雨漏りが多発する傾向があります。

 

8.陸屋根

陸屋根 陸屋根

 勾配がなく平坦な形状で、陸屋根と呼ばれます。屋上を設けるのに最適な屋根の形状です。

メリット
 ベランダのように人が歩くことができます。積雪地域の場合は落雪対策をほぼ行わなくて済みます。

デメリット
 傾斜がないため、水が流れずに溜まってしまうため、雨漏りの危険性が高いです。定期的な点検が必要です。

 

9.結局どの形がいいの?

 上記でご紹介した形の他にも多くの種類があります。数ある形状の屋根の中で一番おすすめしたいのが「切妻屋根」です。屋根のトラブルで一番心配なのは雨漏りだと思います。雨漏りは屋根と屋根の接合部に隙間ができ、そこから雨が侵入して発生することが多いです。切妻屋根はシンプルな形状のため、接合部が少ないので雨漏りしにくい屋根と言えます。初期費用は片流れ屋根に比べると高くはなってしまいますが、今後のメンテナンスを考えるとコストパフォーマンスの高い屋根だと思います。また近年設置している方が多い、太陽光パネルも問題なく設置できます。
 リフォームで屋根の形状を変えることも可能です。屋根の形状を変えることでお家のイメージを変えたり、雨漏り対策ができます。しかし、屋根裏と呼ばれる屋根材の下の形状によっては希望する屋根にリフォームできない場合もあります。また屋根の形状によって固定資産税が高くなる可能性がありますので、十分に調べてから行動しましょう。
 屋根の形状はお家のイメージを決めます。しかし、デザインのみを重視して選んでしまうと、後々雨漏りなどの不具合が発生します。屋根を選ぶときはなるべく機能性を重視することをおすすめします。

 

屋根の形状によって必要なメンテナンス費用もかわります。私たち街の屋根やさんでは、屋根の形状に合わせたメン テナンスをおすすめしています。お住まいと長くお付き合いしていくにはどのようなメンテナンスが必要なのか、ご不安がございましたら一度、ご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2020年09月11日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

防水紙(ルーフィング)は雨漏り防止の要【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      防水工事を行った現場ブログ

      2024/05/21 ベランダ防水工事の重要性|防水層の劣化進行は雨漏り被害を招きます!

       物干し場や家庭菜園のスペースなど、日当たりの良いベランダは生活スペースとして幅広い用途として活用できます😊 しかし、そうした中で注意が必要なのが防水層の劣化です。 防水層の劣化は雨水の浸水に繋がり、それによる雨染みやカビの発生など大きな被害を招いてしまいます。 今回はベランダ防水工...続きを読む

      2024/04/24 FRP防水とは?トップコートの塗り替えが防水層の寿命を延ばします!

       屋上やベランダ、バルコニーなどに必須とも言えるのが防水工事です! ですが、一口に防水工事と言ってもウレタン防水やシート防水などその方法には種類があります(#^^#) その中でも、特に強靭な防水層を形成するFRP防水も防水工事の種類の一つです! 今回は、FRP防水の特徴・メリット・デメリットと併せて...続きを読む

      2024/04/18 陸屋根(屋上)は雨漏りが起きやすい!?雨漏り対策とメンテナンスのポイントを解説!

      陸屋根(りくやね)とは  陸屋根は建物の屋根の種類の一つで、斜面のある屋根と異なり、勾配の無い平坦な面を持つ特徴があります。 ビルなどでよく見られ、屋上と言われるとビルやマンションなどの建物を想像する方もいらっしゃるのではないでしょうか?  屋上のスペースを活用できるということか...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      その他塗装
      築年数
      約25年
      使用材料
      ロンシール ニューベストプルーフ 塩ビシート防水 機械固定工法

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!