屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 脱気筒って何?脱気筒についての基礎知識をご紹介

脱気筒って何?脱気筒についての基礎知識をご紹介

更新日:2020年7月29日

 マンションの屋上やベランダ、バルコニーなどに取り付けられている、金属の突起物。見かけた方もあるかと思いますが、一体何だろう、と疑問に思った方も多いと思います。実はこれは脱気筒と呼ばれるもので、特に最近普及し屋上や平らな屋根(陸屋根)では不可欠と言っても過言ではないものです。
 今回はこの脱気筒について詳しくご説明したいと思います。

屋上にある脱気筒 脱気筒

脱気筒とは?

 脱気筒とは、屋上の防水層と下地(コンクリートなど)の間に、雨や室内の湿気などで発生する水蒸気を外へ排気するための筒のことを指します。マンションなどの屋上の真ん中あたりについているステンレス製の筒で、一定の面積ごとに設置されています。隅っこではなく、真ん中に点々と設置されています。特に屋上コンクリート下地の目地の部分に設置されています。目地の凹みは排気経路として有利だからです。

脱気筒の役割

防水層の膨張 ステンレス製脱気筒

 屋上やベランダの下地というのは、日常の雨や屋内の湿気・水分を含んでおり、昼夜の温暖差や太陽の熱により水蒸気を発生します。この水蒸気が下地と防水層との間に発生してしまうと防水層の膨張や、シワの原因になってしまいます。防水層が膨らむことで下地との密着性が損なわれてしまうのです。そうなると防水層の耐久性が脆弱になり、雨漏りなどの原因となってしまいます。防水層の膨張はシート防水に限らず、ウレタン防水やFRP防水でも密着工法で施工した際に起こる現象です。そうならないように通気層を通し湿気を排気する脱気装置が必要となるのです。それが脱気筒なのです。
 ただ、防水層の膨れは施工時に手順を守り、脱気筒を設置していても起こりえます。膨れていることで即座に雨漏り被害を引き起こすかというとそうではありませんが、膨れ箇所が破断して、シートが破れてしまえばそこから雨水の浸入を許すことにもなるためいつまでも放置をすることはできない状態です。メンテナンスの時期が訪れているとお考え下さい。

防水工事の種類

脱気筒が設置される屋上やベランダ、バルコニーでは防水工事が欠かせません。防水工事にはいくつか種類があります。

・シート防水
 防水性のあるシートを敷く方法です。シートには塩ビシートとゴムシートがあり、どちらも耐用年数は10年以上と耐久性にすぐれており、安価なのも魅力です。シート防水の施工方法には密着工法と機械的固定工法があります。密着工法は、接着剤を使用して下地とシートを貼り付けます。風に強いというメリットがありますが、下地の影響を受けやすく、下地が割れるとシートも破れてしまう可能性があります。機械的固定工法は、下地とシートの間に通気シートをはさむ工法です。湿気や水分の通り道ができるので防水シートの膨れを防ぐことができます。

・FRP防水
 FRPとは繊維強化プラスチックと呼ばれるもので、私たちの身近なものによく使われています。FRP防水は塗膜防水の1つで、液状のものを流して防水層を作る為、シート防水のようにつなぎ目がないことが特徴です。FRP防水はとても強度が高い上に軽量であることからどんな場所でも使用することができます。一方で、費用が高いことがデメリットです。

・ウレタン防水
 FRP防水と同じ塗膜防水です。FRP防水に比べて費用が安いことや、伸縮性があるのが特徴で、防水層のひび割れのリスクを抑えることができます。一方、防水層が乾燥するのに時間がかかるため、工期が長くなってしまうことや職人の腕によって仕上がりが左右されることが弱点でもあります。

脱気筒の種類

 脱気筒の種類は大きく分けてステンレス製、アルミ製、塩化ビニール製の脱気筒があります。

1.ステンレス製
 ステンレスでできた脱気筒です。ステンレスは、鉄に10.5%以上のクロムが混ざり、非常にさびにくくなった鉄をステンレス鋼といいます。ステンレスはさびに強いだけでなく、耐熱性にも優れ、加工しやすいという点も特長です。

2.アルミ合金製
 軽さが特徴のアルミですが強度不足が難点とも言えます。そこで、アルミに強度を与えるために、ほかのさまざまな金属を融合させたのが、アルミ合金製の脱気筒です。腐食を防ぐ酸化被膜が剥がれないようアルマイト加工したものが一般的です。

3.塩化ビニール製
 塩化ビニール製の脱気筒です。ベース部が塩化ビニールで、キャップの部分はステンレス製です。塩化ビニールは耐久性に優れ、耐用年数は50年以上とも言われています。塩化ビニール製の脱気筒は塩化ビニールシートとの相性がよく、接着性が高まり防水性が向上します。

脱気筒の設置

脱気筒設置 ベランダへの脱気筒設置

 脱気筒を取り付ける個数は、施工方法や屋上の面積、脱気筒の製品仕様によってもさまざまですが、50~100㎡に1個程度で設置する場合が多いです。また蒸気が上に逃げるため、設置する場所は勾配の高い位置になります。

 しかし、たとえ脱気筒が設置されていても、自然環境にさらされる屋上は経年と共に防水層の劣化が進んでいきます。また、屋上面積の少ないマンションでは脱気筒が設置されていない場合も多く見受けられます。脱気筒を設置していないことで防水層の劣化が進行し、雨漏りの原因になってしまっていることもあります。特に築年数が長くなると膨れが発生しやすくなります。屋上などの大規模修繕工事やベランダの防水工事の際には、脱気筒を新設することをおすすめします。それは防水層の膨れの原因となる水蒸気を逃がすことで屋上の防水効果が長持ちし、建物の耐久性保持にも役立つためです。屋上やベランダなどは、長期間においてメンテナンスをする機会が少ない場所でもあるため、修繕する機会には、なるべく防水層の劣化を促進する要因を取り除くことが重要です。大規模修繕工事の際には、屋上のメンテナンスを行うよい機会ですので、防水層の修繕と共に脱気筒の設置をしましょう。

脱気筒設置の様子

脱気筒の設置 ウレタン防水材

 脱気筒を設置します。ここでは古い防水層に溜まった水蒸気を逃がすのが脱気筒の役目です。設置後床面にウレタン防水材を塗布していきます。

ウレタン防水2層目 トップコートを塗布 

 ウレタン塗膜防水の2層目を形成していきます。大きなへらで平滑にならしていきます。ウレタン塗膜防水によって2層の防水層が成形されました。紫外線を遮断するためにトップコートを塗布していきます。脱気筒の周辺を塗った後、床面も塗っていきます。

脱気筒設置完了

 マンションなどの広い面積の屋上では、湿気や蒸気などによる防水層の膨張を防ぐために、蒸気を逃がすため、脱気筒を設置いたします。一定間隔で複数設置することにより、蒸気を逃がし、防水層を長持ちさせる目的があります。マンションなど大規模修繕工事の際にはぜひ脱気筒を新設、もしくは交換してみてはいかがでしょうか。私達街の屋根やさんでは、こうした屋上の防水工事も承っております。是非一度お問い合わせしてみてください。

 記事内に記載されている金額は2021年02月02日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

防水工事で雨漏り防止!陸屋根・屋上のチェックポイント【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

防水工事は陸屋根・ベランダ・バルコニーに必須のメンテナンスです
防水工事は陸屋根・ベランダ・バルコニーに必須のメンテナンスです
 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      防水工事を行った現場ブログ

      2023/01/19 中原区上丸子にて軒天の天井材が落下。陸屋根からの雨漏りが原因であったため、屋上防水工事をご提案しました。

       中原区上丸子のお客様よりお電話をいただき、無料点検にお伺いしました。築30年程の陸屋根(屋上)がついているお住まいで、2階部分の軒天から天井材が剥がれ落ちてきたとのことで、補修をご希望でした。 写真の赤枠部分が被害箇所です。黒ずんだ軒天は元々の軒天で、そこに増し張りしていた天井材が剥がれてしまった...続きを読む

      2022/06/24 横浜市青葉区たちばな台でカバー工事後の天窓からの雨漏りを調査しました

      天窓からの雨漏り  横浜市青葉区たちばな台にお住まいのお客様より、天窓から雨漏りをしているので調査をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。 天窓の角の方から大きな雨の時にだけ水が垂れてくるとのことで、雨染みができている状態でした。天窓の寿命はおおよそ20年と言われており、2...続きを読む

      2022/05/28 横浜市青葉区市ケ尾町にて平屋造りのお住まいの破風モルタルが滑落しており早急な工事が必要な状態でした

       横浜市青葉区市ケ尾町にて、築30年以上経過した平屋造りにお住まいのお客様より、玄関横の樋の内側の外壁が崩れているので一度見てほしいと、私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。さっそく日程調整し現地調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大防止の為、ソーシャルディスタンスやこまめな...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      その他塗装
      築年数
      約25年
      使用材料
      ロンシール ニューベストプルーフ 塩ビシート防水 機械固定工法

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      現場ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる