のし瓦(熨斗瓦)の機能やメンテナンス方法を知ろう

HOME > ブログ > のし瓦(熨斗瓦)の機能やメンテナンス方法を知ろう

のし瓦(熨斗瓦)の機能やメンテナンス方法を知ろう

更新日:2021年02月12日

のし瓦とは屋根において数種類ある瓦の一種です。棟という屋根の頂上部分に使われている、平たく縦長な形をしている瓦です。
このページでは熨斗瓦がどのような用途で使われているか、また不具合発生のサインはメンテナンス方法をご紹介いたします。

のし瓦

のし瓦とはなんだろう?

のし瓦は熨斗瓦とも書き、どちらも同じ瓦を指す言葉です。屋根において棟部分はとくに雨水の侵入が心配される箇所ですので、それだけ侵入をしないための工夫があります。のし瓦は棟に落ちてきた雨水を棟内部に浸水させないように、湾曲した形になっています。それを更に積むことで防水性を高めています。

のし瓦 のし瓦を使った棟取り直し工事

 

のし瓦に見られるメンテナンスのサイン

のし瓦は積み上げる段数が多ければそれだけ棟が大きく見栄えもよくなります。しかし、その分棟の重さも増し、地震や強風による影響も大きくなってしまいます。
のし瓦がで一番多い問題はズレです。地震や台風などの自然災害によるケースもありますが、それ以外に棟瓦を固定するための銅線が外れたり切れたりしてずれることもあります。また、熨斗瓦の下には土が詰められていて、それを漆喰で表面を覆っていますが、漆喰が経年劣化で剥がれて中の土が出てきてしまうことがあります。そうなるとのし瓦や、その上の冠瓦の重さでずれたり、最悪棟が崩れるということにもなります。
他には瓦自体は非常に長持ちで、50年以上もつ場合もあります。しかし、強風時に飛来物があたったり、アンテナが倒れるなどのアクシデントによって割れてしまうこともあります。

メンテナンスのサインをまとめると
・ずれ
・ヒビや欠け、割れ
・漆喰の劣化、剥がれ
・棟自体の歪み

上記のような事象が見られた場合は早めに専門業者に確認してもらい、必要な処置を行いましょう。

棟の漆喰が剥がれている 地震によって棟瓦がずれている

のし瓦の不具合を放置するとこんなことが…

のし瓦がずれていたり割れている、漆喰などの剥がれ。このような症状がみられたにも関わらず放置した場合、多くのケースで雨漏りに繋がります。
放置といっても、屋根の状態はわかりにくいこともあり、普段の生活では気づかないことがほとんどです。よくあるのが隣の家の屋根を工事していた業者が気づいて教えてくれることですが、突然そう言われても、その業者にそのまま工事をお願いするのも考えものです。(中にはそれをきっかけに高額な工事をさせられるという事例もあるためです)
屋根の状態を常に健全に保つためには、定期的に屋根の状態を信頼できる専門業者に見てもらうことです。私達街の屋根やさんでは屋根の無料点検を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

のし瓦は割って施工します

 屋根に乗せる前ののし瓦を見たことがある方はいらっしゃるでしょうか?棟に乗せられている短冊形ののし瓦は、実は1枚の瓦を2枚に割って使っているのです。のし瓦の裏には線が入っており、簡単に綺麗に2枚に割ることができます。瓦割りパフォーマンスで使用されている瓦は、実は割れやすいのし瓦なのです。ちなみに、瓦と聞いて多くの方がイメージする屋根の斜面に使用されている一般的な瓦はとても硬く、素手で割るのは容易ではありません。
「なんでわざわざ1枚の瓦を2枚に割るの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。1枚ののし瓦を割って施行するにはいくつかの理由があります。

・大きさを合わせるため
瓦は焼き物ですので、全く同じサイズのものを作ることができません。最初から施工するときのサイズ(2枚に割った時のサイズ)で焼いてしまうと大きさにばらつきがでて、棟に隙間ができたり凸凹してしまうため、雨漏りや棟が崩れる原因となってしまいます。サイズをなるべく同じにするように1枚の瓦を2枚割って使用します。

・製造効率をあげるため
 施工時のサイズだと小さく、窯の中で瓦を焼きにくくなりますが、2枚をつなげた形だと2倍の数を焼くことができるので生産効率がアップします。

 

棟取り直し工事の様子

のし瓦のズレなどが見られた場合、部分的な修正が困難であれば一旦棟を解体して作り直す棟取り直し工事が必要になります。
のし瓦だけでなく、冠瓦や鬼瓦の状態が良ければ瓦は既存のものを使って積み直します。

棟取り直し工事 棟の解体 棟取り直し工事 のし瓦設置と漆喰

まずは棟を解体します(左写真)。使っている瓦を撤去し、使われていた土は土嚢袋などに入れておきます。
瓦はそのまま屋根の上に一時的においておきますが、傾斜のある屋根の上なので落下させないよう安定した場所に整理しておきます。
その後、清掃をした後、土台部分に土を詰め、のし瓦を設置します。棟をまっすぐに設置するために目安として糸張り、それにそってのし瓦をんで土台部分を作っていきます(右写真)。

棟取り直し工事 のし瓦を取り付け 棟取り直し工事 銅線で固定

二段目移行ののし瓦を積んでいきます。このとき、1段と2段は千鳥にして積まないと内部に浸水する危険性があります。3段目移行も千鳥で積み上げ、5段目まで積んだところで冠瓦を設置し銅線で固定しておきます(右写真)。

棟取り直し工事完了

鬼瓦の設置が終わり、最後に清掃をして棟瓦取り直し工事は完了です。
横から見るとのし瓦が千鳥で組んでいるのばわかると思います。のし瓦は段数が増えるほど、雨水の侵入を防ぐことができ、更には棟が大きくなるので見栄えも良くなります。屋根の装飾やデザイン性からのし瓦を多く積んでいるというお住いも多いのです。

 

漆喰のメンテナンス

のし瓦付近に漆喰が施されていますが、漆喰の耐用年数は10年程度となりますので定期的にメンテナンスをしていく必要があります。
漆喰のメンテナンスとしては、もともと漆喰が塗られている漆喰を剥がして新しい漆喰を詰める漆喰詰め直し工事があります。古い漆喰の上から新しい漆喰を上塗りする工法も見られますが、それでは短期間に剥がれてしまうこともあるため、漆喰詰め直し工事をおすすめします。

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年02月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

防水紙(ルーフィング)は雨漏り防止の要【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

陶器瓦 
【特徴】別名 釉薬瓦カラーバリエーションが豊富。瓦表面の釉薬がガラス質のため、透水性がなく色褪せも殆どありません。塗り替えの必要性は基本的にありません。【劣化の表れ】陶器瓦の表面はガラス質で仕上がってます。経年とともに、このカラス質に ヒビが入る事があり、陶器瓦の "白化(はっか)現象 "と呼ばれて…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 最近では台風や地震が頻繁に発生し、瓦屋根に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?  重くて堅固な瓦が地に落ちると、まず間違いなくその着地点の物を傷つけ、破壊してしまいます。 自分の敷地内であればまだしも、お隣に被害を及ぼしてしまった場合、問題が複雑化します。  頑丈で重い屋根材故に、適切…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      防水工事を行った現場ブログ

      2024/05/21 ベランダ防水工事の重要性|防水層の劣化進行は雨漏り被害を招きます!

       物干し場や家庭菜園のスペースなど、日当たりの良いベランダは生活スペースとして幅広い用途として活用できます😊 しかし、そうした中で注意が必要なのが防水層の劣化です。 防水層の劣化は雨水の浸水に繋がり、それによる雨染みやカビの発生など大きな被害を招いてしまいます。 今回はベランダ防水工...続きを読む

      2024/04/24 FRP防水とは?トップコートの塗り替えが防水層の寿命を延ばします!

       屋上やベランダ、バルコニーなどに必須とも言えるのが防水工事です! ですが、一口に防水工事と言ってもウレタン防水やシート防水などその方法には種類があります(#^^#) その中でも、特に強靭な防水層を形成するFRP防水も防水工事の種類の一つです! 今回は、FRP防水の特徴・メリット・デメリットと併せて...続きを読む

      2024/04/18 陸屋根(屋上)は雨漏りが起きやすい!?雨漏り対策とメンテナンスのポイントを解説!

      陸屋根(りくやね)とは  陸屋根は建物の屋根の種類の一つで、斜面のある屋根と異なり、勾配の無い平坦な面を持つ特徴があります。 ビルなどでよく見られ、屋上と言われるとビルやマンションなどの建物を想像する方もいらっしゃるのではないでしょうか?  屋上のスペースを活用できるということか...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      その他塗装
      築年数
      約25年
      使用材料
      ロンシール ニューベストプルーフ 塩ビシート防水 機械固定工法

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!