西洋の屋根に使われる屋根材の特徴とメンテナンス方法をご紹介します

HOME > ブログ > 西洋の屋根に使われる屋根材の特徴とメンテナンス方法をご紹介し.....

西洋の屋根に使われる屋根材の特徴とメンテナンス方法をご紹介します

更新日:2020年12月14日

 西洋の建物によく使われる屋根には、現在日本でも使われる屋根材があります。日本で古くから使われてきた和瓦などがありますが、江戸時代末期にフランス人によって製造された洋瓦は現在においても多く見ることができます。洋瓦を使っているお住いは、それだけでお住まいの雰囲気に違いがあることから分かる通り、屋根材はお住まいの景観に大きな影響を与えるのです。また、洋瓦と一言でいっても大きく分けて粘土瓦とセメント瓦があり、それぞれ耐用年数やメンテナンス方法などにも違いがあります。このページでは西洋風な建物に使われる屋根の種類やメンテナンス方法をご紹介いたします。

西洋の屋根瓦

洋瓦の種類

・F形瓦
 平たい形状の瓦で、F形瓦のFはflat(フラット)のFです。この形状から平板瓦(へいばんかわら)とも言われますがどちらも同じ屋根材を表します。西洋風な建物にマッチするのはもちろん、一般的なお住まいにも使われモダンな雰囲気に仕上がります。F形瓦の歴史は古く鎌倉時代の屋根にも使われていたそうです。現在でも神社やお寺にも使用されています。
 F形瓦の中では更に種類があり、防災型のF形瓦もあります。瓦同士が組み合っているため、ズレにくく地震や台風などの強風にも強い特徴があります。他にも傾斜がゆるい緩勾配型のもの、ほとんどフラットな形状のものなどもあります。

西洋瓦のF瓦 西洋瓦のF瓦 遠目からの景観

・S形瓦
 S形瓦のSはspanish(スパニッシュ)からきており、スペインに由来しています。また、瓦の断面がS字になっているからこの名前がついたともいわれています。S形瓦が使われた屋根は凹凸の立体感が美しく高級感を感じさせます。歴史は大正時代からで現在に至っては改良されたものが使われています。色のバリエーションも豊富なため、カラフルな仕上がりにもできる特徴があります。

S形瓦 S形瓦 釉薬

混ぜ葺きで印象的な仕上がりに

 混ぜ葺きとは同じ形の瓦で数種類の色をつけて仕上げられた瓦を使った葺き方です。一般的に屋根の色は統一させることがほとんどですが、F形やS形の屋根には混ぜ葺き仕様にすることで独特の雰囲気になります。新築のやねに対しても色ムラなどの変色した瓦を配置することで、意図的に趣のある景観のお住まいになります。南欧風な雰囲気をお好みの方にはこの混ぜ葺き仕様がおすすめです。

混ぜ葺き 混ぜ葺き 遠目からの景観

洋瓦における屋根のメンテナンス

 屋根材に使われている材によって耐用年数が変わりますが、瓦に発生する問題として次のようなケースがあります。

・割れや欠け
 経年劣化だけでなく台風や地震といった自然災害でも割れや欠けが発生します。このような場合は屋根材の部分交換が可能ですが、古い建物の場合ですが同一の型の瓦の製造がすでにされていないこともあります。そういった場合は屋根材を交換するために屋根葺き替え工事が必要となります。また、割れや欠けが発生したことで雨漏りの危険もでてきます。基本的に屋根材の下には防水紙が設置されているため、屋根材で防げなかった雨水も防水紙があれば雨漏りはしません。しかし割れた衝撃や経年で防水紙が傷んでいる場合はすぐに雨漏りが始まりますので早急に補修が必要です。

瓦が割れて防水紙が露出している 強風による飛来物で瓦が割れている

 

・塗膜の剥がれや色あせ
 セメントタイプの洋瓦の場合は定期的に塗装をして保護をする必要があります。使用している塗料によって変わりますがだいたい10年を過ぎたことから塗膜は劣化が見られ、剥がれや色あせなどがでてきます。塗膜が劣化してくると撥水効果もなくなり、紫外線からの影響も強く受けることになるため、より劣化が促進します。このような状態が長く続くと表面だけでなく屋根材自体がもろくなって割れなどに発展しますので、洋瓦を長持ちさせるためには定期的な塗装をするようにしましょう。

色あせした屋根 苔が生えた屋根

 

・漆喰の剥がれ
 棟や外壁との取り合い部に使われる漆喰は10年程度で定期的に点検、必要であれば補修を行う必要があります。きれいに仕上げられた漆喰も年数が経つと変色して汚れが目立ったり、ひび割れ、さらには剥がれるといった問題がでてきます。漆喰が剥がれると棟などは積んだ瓦の重さで歪んだり崩れる危険がありますので早めに補修をする必要があります。

棟の漆喰が剥がれている 漆喰が劣化して剥がれている

 

 洋瓦のメンテナンスといっても粘土瓦の場合は40年以上もつ耐久性があるため、そんなに定期的にメンテナンスは不要と思われている方もおります。しかし、実際は瓦は長持ちするとしても、それ以外の漆喰や防水紙はそこまで長持ちするわけではありませんので、メンテナンスは10年程度で行っていくことが望ましいです。
 屋根の状態がどうなっているか確認する場合、どうしても屋根まで届くはしごが必要であったり、高所からの転落の危険もあるためご自分で行うのはおすすめしません。私達街の屋根やさんは無料にて屋根の調査を行っておりますので、長年屋根の状態をチェックしていないという方、またすでに屋根に不具合がある方はお気軽にご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2020年12月14日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

防水紙(ルーフィング)は雨漏り防止の要【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?
 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替える…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。  高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。  寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重み…続きを読む
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!
 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。 特に「住」、お家のことに関しては購入する際にかなりの金額を必要としますし、数十年に渡って維持していくのにも相当な費用がかかります。 また、お子様がいるご家庭では「学」にもお金が…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。  カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      防水工事を行った現場ブログ

      2024/07/8 陸屋根防水の重要性|シート防水が陸屋根防水に適している理由とは?

       一昔前、「陸屋根」はビル・病院というイメージが強かったですが、現在では一般住宅にも多く採用されています。 「日当たりが良い生活スペース」を得られる事は大きなメリットであり、一般的な屋根形状と比較してデザインに個性を演出する事が大きな魅力です(#^^#) しかし、陸屋根を採用される上で切っても切れな...続きを読む

      2024/07/7 塗膜防水とは?「ウレタン防水」「FRP防水」について詳しく解説!

      塗膜防水とは  塗膜防水とは、建物の屋上(陸屋根)やバルコニー・ベランダなどに防水性を持たせるために使用される防水方法の一つです。主に液体状の防水材を塗布し、乾燥・硬化させることで防水層を形成します。 液体状態で塗布するため、複雑な形状や凹凸のある面にも均一に塗布できるのが特徴です...続きを読む

      2024/07/2 相模原市緑区下九沢で雨漏りを起こしたバルコニーのシート防水を点検しました

      バルコニーの下の部屋で雨漏りを起こしている 相模原市緑区下九沢にお住まいのお客様より、バルコニー下の部屋で雨漏りを起こしており、いくつかの業者に見てもらったが原因がわからないので調査をお願いしたいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました。   雨漏りの原因は本当に様...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      施工内容
      その他塗装
      築年数
      約25年
      使用材料
      ロンシール ニューベストプルーフ 塩ビシート防水 機械固定工法

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!