屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 波型スレート屋根に最適な屋根カバー工法をご紹介します

波型スレート屋根に最適な屋根カバー工法をご紹介します

更新日:2021年2月3日

波型スレートとは、名前の通り波のように凹凸がある屋根材を言います。波の大きさによって大波スレート、小波スレートとも分別されますが、用途としては一般住宅よりも工場や倉庫など大型の建物に使用されることが多いです。この波型スレートの屋根メンテナンスの方法の一つに屋根カバー工法があります。例えば工場などであれば屋根を撤去するとなれば工場のラインを停止する必要がでてきますが、屋根カバー工法であれば元の屋根を残す工法なので、そういった手間は不要になります。
工場だけでなく倉庫や商業施設など、工事によって営業にも影響が出ることを考えると、屋根カバー工法はそういった煩わしさがないためおすすめの工法と言えるでしょう。
このページでは波型スレートの屋根カバー工法の特徴や利点などについてご紹介いたします。

波板スレート

 

波形スレートとはどういう屋根材?

波形スレートはセメントと繊維を混ぜて波型の板状にした屋根材です。古くはアスベスト(石綿)を繊維として使用していましたが、人体へ悪影響があることから現在はアスベストに変わる材としてグラスウールやロックウールを使用しています。
大きな特徴としてメンテナンスをそこまで気にすることなく50年以上も保つ場合もあるほど耐久性が高いことです。また、耐火性にも優れていることや遮音性が高い、これだけの高スペックにも関わらず比較的安価な建材であることも大きな利点と言えます。その反面、汚れが付きやすいことや、古い波型スレートにはアスベストが使われているため、撤去・処分に費用がかかることが挙げられます。
大型倉庫や工場では不燃性であることは重要で、さらに遮音性の高さも内部での騒音を外に漏らさないという意味で相性がいい建材と言えます。

波板スレートの特徴 波板スレートを屋内から見た様子

 

波型スレートの屋根のメンテナンス

耐久性が高い波型スレートといえども、メンテナンスはやはり必要です。前項で50年以上もつという話をしましたが、それは定期的なメンテナンスを十分に行った場合で、一般的には25年程度で何かしらのお手入れをしていく必要があります。

・屋根塗装
汚れや苔の発生が目立ってきた場合は屋根塗装の時期と判断できます。とくに苔が発生してくると、水分の滞留時間が長くなるので、余計に劣化が進むことになります。塗装をしておけば撥水効果によって屋根の水はけがよくなり、屋根材自体がとても長持ちするようになります。その反面、塗装をしなければ時間とともに劣化が進み、当初の汚れや苔だけでなく剥離やひび割れなどに発展し雨漏りを引き起こすことになります。
屋根塗装は高圧洗浄を行い表面を整え、下塗りにシーラー等を塗布、さらに上から中塗り・上塗りと重ね塗りを行って仕上げます。

屋根塗装の様子(下塗り) 屋根塗装の様子(中塗り)

・屋根カバー工法と屋根葺き替え工事
屋根塗装では修復が厳しいほど屋根材が劣化した場合、新しく屋根を作る必要があります。屋根カバー工法は既存の屋根の上に新しい屋根をかぶせて作る工法で、廃材がでないため工期が短いといったメリットがあります。それに対して屋根葺き替え工事は、屋根材を撤去した上で新しく屋根を作る工事になります。

屋根カバー工法 屋根葺き替え工事の屋根材撤去の様子

・屋根材の部分交換
強風時などで飛来物が当たったことで割れてしまうケースがあります。また、一部分だけ劣化が進んでしまった場合などに部分交換を行います。屋根の全面交換よりもコストを抑えられることや、工期も短いといったメリットがありますが、経年劣化は部分的というよりも全体的に進む傾向があるため、雨漏りしている箇所だけ部分交換しても、短い期間で別の箇所が雨漏りするといったことにもなりかねません。ですので、事前の調査で劣化具合を確認し、必要であれば全面交換の屋根葺き替え工事や屋根カバー工法の検討をするようにしましょう。

波板スレートの部分交換 屋根材が欠けて光が漏れている

 

波型スレート屋根の屋根カバー工法の手順

 工場や倉庫のような大型の建物であっても屋根カバー工法のやり方は戸建てのお住まいとほとんど同じです。
 まずは、表面を平にするため、波型スレートを固定しているフックボルトが長い場合は先端を切り落とします。その後、新しい屋根材を乗せていくのですが、カバー工法は屋根を二重にするため屋根の重量が増すことから、軽量なガルバリウム鋼板の屋根材(金属屋根)を使うことがほとんどです。ガルバリウム鋼板は、金属にとって大敵である錆に強く、耐久性も高いことから屋根カバー工法以外にも屋根葺き替え工事でも人気のある屋根材です。屋根材は下から上に向かって施工していくのですが、これは上から流れてくる雨水が屋根材の結合部分に入り込まないようにするためで、屋根工事では基本となります。屋根材を設置し、最後に棟板金を付けたら工事完了となります。

 

波型スレート屋根と屋根カバー工法

波型スレート屋根では屋根カバー工法を行うことが多いです。その理由の一つはアスベストが含まれている屋根の場合は、撤去や処分に費用がかかるためです。特に波形スレートは大型な建物に使われることが多いので、その撤去・処分費は高額になります。それに加えアスベストが含まれているため費用はさらに高額になりますので、古い屋根をそのまま残す屋根カバー工法を行うことが多いのです。
また、もう一つの理由として建物内に影響の少ないことです。屋根カバー工法は屋根はそのままなので、屋内で作業をしている従業員の仕事への影響が少なくなります。屋根葺き替え工事であれば、屋根の撤去時に落下の危険があることから、建物内で作業ができないことや、商業施設であれば営業できないことにもなります。工事期間中も営業ができることは担当者にとっても好都合という理由からも屋根カバー工法を行うことが多いと言えます。
私達街の屋根やさんでは建物に必要な工事についてだけでなく、建物で働く方や営業スケジュールなども考慮したご提案が可能です。これから波板スレート屋根の工事をご検討の方はお気軽にご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2021年08月19日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用がお安…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。  こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる