屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市鶴見区潮田町で雨漏り調査、バルコニーの雨漏りは気が付か.....

横浜市鶴見区潮田町で雨漏り調査、バルコニーの雨漏りは気が付かないことがあります

更新日:2021年2月7日

 雨漏りは室内に発生していなくても気が付かない箇所で発生していることがあります。横浜市鶴見区潮田町にお住いになられているT様のお宅より「家が老朽化してきているので見てほしい」とのことで調査にお伺いしましたが、気が付いていない箇所で雨漏りの形跡が見つかりました。バルコニーに関連した箇所からの雨漏りですが、外壁から突き出しているタイプのバルコニー(キャンチバルコニー)での不具合は、お住まになられている方でも気が付かない可能性がございます。新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数や重症者数が減ってきているように見えますが、まだまだ気が抜けません。街の屋根やさんでは、マスク着用やこまめな消毒・うがい、zoomを使用しての打合せなどの対策を、これからも続けて参ります。

バルコニーやベランダからの雨漏り

 

バルコニーやベランダから発生する雨漏りは気が付きにくい

バルコニーの上裏に異変 天井と壁が離れかかっております

 横浜市鶴見区潮田町T様のお宅の外壁から突き出しているタイプのバルコニー(キャンチバルコニー)では、突き出ている部分の天井材と手摺壁の外壁材が離れかかっている状態で見つかりました。塗られている塗膜だけで繋がっているようにも見えます。これはとても危険な状態です。本来は下地に固定されているはずの材料が離れかかっているのは、下地に問題がある可能性が高いことを意味します。何も問題が無いのにこのような状態になるはずがございません。バルコニーの内側のどこかから雨水が入り込んでいる可能性を探る必要ございます。

 

バルコニーの上裏と手摺壁が雨漏りの影響で離れかかっておりました

バルコニーの手摺壁に怪しい隙間 バルコニーの笠木に怪しい隙間

 横浜市鶴見区潮田町T様のお宅のバルコニーに通していただきました。バルコニーを内側から見てみると、床のモルタルはひび割れがおこっており、苔も多く付着しておりました。モルタルが床に使用されている場合は、モルタルの下に防水層が造られているため本来は雨漏りしないはずです。また手摺壁には隙間が出来ており、雨水が侵入した場合に雨漏りに繋がる疑いのある隙間でした。笠木と掃き出し窓の木枠の取合いにも、本来コーキングを打っておくべき隙間がありました。これらは全て雨漏りに繋がる危険性のある状態です。バルコニーの天井材と外壁材が離れ始めている原因を特定するためには散水試験がおすすめです。このように雨漏りは室内に発生していなくても気が付かない箇所で発生していることがあります。私達、街の屋根やさんでは、玄以不明な雨漏りに対しても対応しております。雨漏りでのお困りやお悩み、老朽化した建物の調査は、街の屋根やさんにお任せください。

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年02月07日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)

横浜市鶴見区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市鶴見区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市鶴見区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      横浜市鶴見区のその他のブログ

      2022/02/13 横浜市鶴見区東寺尾にてスレート屋根調査、強風の影響でいつのまにか棟板金が飛散し貫板が何も保護されておりませんでした

       横浜市鶴見区東寺尾にお住まいのK様より、近所の方に屋根が何かが外れているようだと指摘を受け、自分では屋根にも上がれず心配になられてしまい街の屋根やさんへ屋根点検調査のご依頼を頂きました。築20年程経過しているが、お住まいのメンテナンスはされていらっしゃらないとの事でした。さっそく現地調査にお伺いさ...続きを読む

      2021/11/16 横浜市鶴見区下末吉で調査した屋根はコロニアルNEOという屋根材が使われてました

      塗装を考えていた屋根はコロニアルNEOという屋根でした 横浜市鶴見区下末吉にお住まいのお客様より、築14年の屋根の塗装工事を検討しているので調査・見積りをお願いしたいとお問い合わせをいただきました。現地にお伺いしたところ、屋根にはコロニアルNEOという屋根材が使われてました。コロニアルにもコロニアル...続きを読む

      2021/10/26 横浜市鶴見区北寺尾にて調査した屋根はニチハのパミールという屋根材が使われていました

      パミールで葺かれた屋根  横浜市鶴見区北寺尾にお住まいのお客様より、築17年のお住まいの屋根のメンテナンスを考えているとご相談があり、現地の確認に伺ってきました。屋根塗装、もしくはカバー工事や葺き替え工事など、どのようなメンテナンスが適しているのかも相談に乗ってほしいとのことでした。&nb...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市鶴見区のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      18年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック
      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      25年
      使用材料
      ファインパーフェクトベスト(Jブラック)

      その他の施工事例一覧→

      雨漏り修理を行った現場ブログ

      2022/03/27 横浜市旭区今宿南にて軒天に茶色い染みが発生、原因は瓦棒葺き屋根特有の軒先の腐食からでした

       横浜市旭区今宿南にお住まいのお客様より、二階軒天の先端に雨染みのような茶色い染みがあるとの事で、屋根に異常がないかどうか点検してほしいと、私たち街の屋根やさんへご相談を頂きました。お話を伺いますと、築30年程経過しており屋根に関しては大きな修繕は一度もされた事がないようです。さっそく現地調査にお伺...続きを読む

      2022/03/5 横浜市青葉区美しが丘西にて天窓からの雨漏り調査を行いました

       横浜市青葉区美しが丘西にお住まいのお客様より、室内へ雨漏りしているとの事で雨漏り調査のご依頼を頂きました。お電話だけでは分かりにくい内容でしたのですぐに現地調査の日程調整をさせて頂き現地調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロナウィルス感染拡大防止の為、私たち街の屋根やさんではソーシャルディスタン...続きを読む

      2022/01/19 横浜市旭区本宿町にて雨漏り発生、原因はセメント瓦に施された間違ったラバーロック工法の影響でした

       横浜市旭区本宿町のお住まいのお客様より、訪問業者に屋根の事で指摘を受けてその場で見積ももらったが、当日いきなり来られて見積を出されても正しいのかどうか分からず、きちんとした所で一度屋根を見てほしいとなったそうで、今回私たち街の屋根やさんへ調査のご依頼を頂きました。 築30年程経過しているとの事でし...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨漏り修理を行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー
      施工内容
      雨樋工事
      築年数
      30年以上
      使用材料
      ガルバリウム鋼板製棟板金0.35mm厚

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる