屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市瀬谷区東野で傷んだスレート屋根の調査で危険な箇所が見つ.....

横浜市瀬谷区東野で傷んだスレート屋根の調査で危険な箇所が見つかりました

更新日:2021年2月25日

 横浜市瀬谷区東野にお住まいのH様より、お住まいのお庭に屋根材が落ちていて、雨漏りが心配なので見に来てほしいとお問い合わせを頂きました。現地でお話を伺うと、H様のお住まいの屋根は2年ほど前に屋根の塗装工事をしたばかりとのことでした。

屋根材が激しく傷んでいます

 調査のため屋根に上ろうと屋根に片足を乗せてゆっくり体重をかけると、ミシミシと音が鳴りました。場所によっては屋根材の傷みが激しく、屋根に上っての調査は更に屋根材を傷めてしまう可能性がありましたので、今回は場所を選びながら慎重に、できる範囲で調査をしていきます。

 

割れたスレートの上から塗装がされています

 上の写真は割れたスレート材を接着剤で補修し塗装を行ったと思われる箇所です。パッと見ただけでもしっかりとした補修とは言い難い状態です。ここまで傷んだスレートであれば、塗装をするのではなく屋根材を交換しておくことで後々問題が起こりづらくなるはずです。

 また、下の写真のように完全にスレートが割れて欠落している箇所もそのまま塗装が施されていたり、2年ほど前に行ったという塗装がすでに剝がれてしまっている箇所もありました。

スレートが欠落したままに塗装がされています 施したばかりの塗装が剝がれています

 

雨水は屋根材の下も通ります

 

屋根材のスレートとスレートの間に隙間があります 塗装が屋根材同士の隙間を埋めてしまっています 

 屋根に降ってきた雨水は屋根材の下を通る構造になっています。それだと雨漏りしてしまうのではと思われるかもしれませんが、左写真のように上と下のスレート材の間に隙間が空いていれば、そこから雨水は下へ下へと流れていきます。また隙間が開いていることで屋根材の下の換気も良くなります。右写真のように塗装がスレート材同士の隙間を埋めてしまっていると、屋根材の下に雨水が溜まりやすくなり、雨漏りの原因にもなります。H様のお住まいの屋根では、このような箇所がいくつも見られました。

 残念ながら屋根材の傷みが激しく、屋根の隅々まで見ることが出来なかったので、H様のお住まいのお庭に落ちていた割れたスレート材がどこの箇所のものかは確認することができませんでした。可能な限りで調査した結果をH様にお伝えし、屋根材自体の傷みが激しい為、次回のメンテナンスの際は既存の屋根材の上に新しい屋根材を取付ける、屋根カバー工法という屋根全体の工事をご提案させていただきました。

屋根カバー工法とは

 屋根カバー工法とは既存の屋根材の上に新しく軽い屋根材を被せる工法です。そのため屋根が二重になります。また、屋根を重ねて葺くということで重ね葺きという呼ばれ方もされています。

 屋根カバー工法のメリットとして、屋根葺き替え工事とは異なり解体工事が不要でほぼ廃材が出ないため、廃材処理費や解体工事費が節約できます。また工事期間も屋根葺き替え工事とは異なり短いため、人件費の節約にもなります。

 私達、街の屋根やさんでは、現地でしっかり点検と調査を行い、お客様のご希望に沿ったご提案をさせて頂きます。お住まいの屋根のことでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 なお、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、調査、点検は安心してお任せください。

 記事内に記載されている金額は2021年04月02日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。  こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市瀬谷区のその他のブログ

      2021/12/14 横浜市瀬谷区下瀬谷にてガイナで塗装した屋根の点検を行いました

      10年程前にガイナで塗装した屋根 横浜市瀬谷区下瀬谷にお住まいのお客様より、雨漏りを発見したので屋根の状態を確認してほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。お住まいは築26年を迎えるとのことで、今までに10年ごとに塗装によるメンテンナンスを行ってこられたとのことでした、使った塗料は...続きを読む

      2021/10/28 横浜市瀬谷区橋戸にて横殴りの強風により庇に使われていたポリカーボネート材が飛散、また樋も外れてしまっておりました

       「先日の強風で二階の庇のポリカーボネートが一枚飛んでしまった。他にも傷んでいないか見てほしい。」と横浜市瀬谷区橋戸にお住まいのI様より街の屋根やさんへご相談を頂きました。庇を取り付けてから15年程経過しているとの事で、その間特に何も異常はなかったとの事でした。さっそく現地にお伺いし、飛んでしまった...続きを読む

      2021/09/22 横浜市瀬谷区三ツ境にて天窓からの雨漏り発生、原因は経年劣化による本体の歪みや取合いのシーリングです

       横浜市瀬谷区三ツ境にて、室内に雨漏りしているので一度見に来てほしいと私たち、街の屋根やさんへご相談を頂きました。築年数30年前後とのお話で、数年前に中古物件として購入してお住まいになられていらっしゃるとの事でした。さっそく現地にお伺いさせて頂き、雨漏りの原因を特定致します。 新型コロナウィルス感染...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市瀬谷区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2022/05/24 横浜市都筑区池辺町にて調査した屋根はグリシェイドNEOという屋根材が使われていました

       横浜市都筑区池辺町にて調査した屋根はグリシェイドNEOという屋根材が使われていました。スレート屋根と一括りにされることが多いですが、スレート屋根にもメーカーや製品の違いがあり、さまざまな種類のスレート屋根が存在します。スレートの屋根の種類で向いているメンテナンス、オススメできないメンテナンスなども...続きを読む

      2022/05/20 横浜市神奈川区六角橋にてスレート屋根の調査を行いました

       横浜市神奈川区六角橋にお住まいのお客様より、屋根の劣化が気になるので調査をお願いしたいとご相談をいただき、現地調査にお伺いしてきました。別の業者さんにも見てもらったとのことですが、棟板金を踏んだ跡がありました。まともな業者さんなら踏まない部分です。 屋根を確認したところ、使われている屋根材はクボタ...続きを読む

      2022/05/9 横浜市港北区師岡町にてスレート屋根の点検をしました

       横浜市保土ケ谷区鎌谷町にお住まいのお客様より、築15年ほどの屋根の劣化が気になるので点検をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。早速屋根を拝見すると屋根材にコロニアルNEOが使われていました。コロニアルNEOはノンアスベスト屋根の先駆けの屋根材で、健康問題が解決された一方...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      32年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド 色:ミッドナイトブルー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる