屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 川崎市宮前区野川で銅線が切れている棟瓦をステンレス線で応急処.....

川崎市宮前区野川で銅線が切れている棟瓦をステンレス線で応急処置

更新日:2021年5月17日

 川崎市宮前区野川で屋根の修理作業をおこないました。

 棟瓦の固定がズレているという事を近所で工事をおこなっている業者さんに指摘されたという事でのお問合せでしたので、屋根の状況を調査に伺いました。

 スレート葺き屋根で塗装工事を数年前におこなっていそうで、棟には板金ではなく瓦が積まれています。冠上の瓦が1本乗せてある納め方で、中から銅線を穴に通して固定してあります。全ての棟瓦がズレたりしていないか1本1本確認していくと、1カ所銅線が無いところがありました。

屋根の状況を確認します

スレートの上に棟瓦 縛ってある銅線が切れています

 スレート葺き屋根に棟瓦が乗せてあります。一般的な棟板金とは違い屋根にボリュームが出ています。数年前に塗装した際には問題なかったそうですが、屋根の不具合を指摘されたそうです。

 1カ所銅線が綺麗ているところが有りました。棟瓦に穴が2カ所開いていてそこから銅線を外に出して固定するのですが、穴から銅線が飛び出していません。

銅線が切れています

 瓦が固定されていないので簡単にずらす事が出来ましたので、中の状態を確認します。外に飛び出した部分で銅線が切れてしまった様です。この様な納め方の場合、漆喰も若干固定の役目を持っていますが、基本的には銅線で固定する事になります。

 今回の様に銅線が切れてしまうと、前後の瓦と溝で噛み合わさってはいますが外れてしまえば屋根の上から瓦が落下する危険もあります。近年台風なども来ておりますので、対策はおこなう必要があります。

工事までの応急処置

ステンレス線で固定 棟瓦のズレが止まりました

 動線は細い為経年によって劣化して簡単に切れてしまいますので、今回は1カ所だけでしたが他にも同様の症状が出る可能性があります。

 全体的に直す事を考えて、今回は工事までのあいだ落下しない様にステンレス線を使用して瓦を固定する応急処置をおこないました。今回直した部分はしっかりと固定されましたが、他の所は今後心配になりますので早目の工事をお勧めしました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!
早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!
 近年は耐震性を考慮し軽量な屋根材を選ばれる、葺き替える方が非常に多い印象を受けますが、一方で重厚感、耐久性、断熱性等の高さから「やはり瓦屋根が良い!」という方も多いですよね。  和瓦・陶器瓦とよばれる瓦は吸水性が低いため塗装の必要性もなく、一定の周期でメンテナンスを行うことで半永久的に使用できると…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      川崎市宮前区のその他のブログ

      2021/11/19 川崎市宮前区野川で台風によって破損してしまった雨樋を火災保険で復旧工事

       川崎市宮前区野川にお住まいのお客様は、台風によって雨樋が破損してしまい補修工事をご検討されていました。自然災害による破損ですので、火災保険を使った工事をご希望されていました。今回、「保険の申請が通った」とのご連絡を頂きましたので、保険を適用した雨樋交換工事を実施しました。現地調査~工事が竣工するま...続きを読む

      2021/07/3 川崎市宮前区菅生で雨漏りしているトタン屋根を葺き替えで直します

       川崎市宮前区菅生で雨漏りの原因調査をおこないました。 最初の内は風を伴う大雨の時に雨漏りしていたそうですが、だんだん酷くなり天井の一部が脱落してしまう状態になってしまいました。 雨漏りの場合、室内に直ぐに現れる場合もありますが、なかなか室内に雨漏りとして出てこない場合があります。直ぐに出る場合は補...続きを読む

      2021/06/17 川崎市宮前区西野川のお住まいは、スレート屋根材が割れて欠落してしまっている箇所があり危険な状態でした

        川崎市宮前区西野川にお住まいのM様より、築13年が経過し、屋根がどんな状態か調査をしてほしいとお問い合わせを頂きました。現地にお伺いし、調査のため屋根に上らせていただくと、屋根材には苔が生えていたり、塗装の劣化により屋根材のスレート材の素地が剥き出しになってしまっているのが確認できまし...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      川崎市宮前区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      10年
      使用材料
      ポリカ波 色:スモークブラウン
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      使用材料
      スーパーガルテクト

      その他の施工事例一覧→

      棟瓦取り直しを行った現場ブログ

      2021/11/26 横浜市泉区下和泉で棟瓦の台風被害を調査しました

      歪んでしまった棟瓦 横浜市泉区下和泉にお住まいのお客様より今年の10月1日の台風で屋根が破損してしまったので状態を確認してほしいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。地上から見るだけでも屋根の棟部分が一部なくなってしまっていることがわかる状態だったので、今度は実際に屋根に登って詳しく見...続きを読む

      2021/10/25 横浜市栄区本郷台では剥がれた漆喰が雨樋を詰まらせ、棟取り直し工事が必要でした

       横浜市栄区本郷台にてお住いのお客様より、「雨樋が剥がれた漆喰によって詰まっていた」とのお問い合わせを頂きました。詰まってしまった漆喰はすでに知り合いの業者に掃除してもらったようなのですが、根本的な修理を行わなければまた同じことが起きてしまうとお考えになり、屋根のメンテナンスをご検討されたとのことで...続きを読む

      2021/09/13 横浜市泉区領家にてF型の洋瓦屋根を調査、棟瓦取り直し工事をご提案しました

       横浜市泉区領家にお住いのS様より、「訪問業者に屋根が浮いていると言われたので調査をしてもらいたい」と不安げなお問い合わせを頂きました。お話を聞くと屋根は陶器瓦であることが分かりましたが、和瓦か洋瓦かまでの判別がつきませんでしたので、さっそく現地調査へお伺いさせていただきました。固定釘の浮きや抜け ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟瓦取り直しを行った施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      40年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる