屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 割れた瓦をくっつける補修方法や屋根全体のメンテナンスについて.....

割れた瓦をくっつける補修方法や屋根全体のメンテナンスについて

更新日:2021年9月8日

 瓦が割れてしまった場合、どのような対処が必要なのでしょうか?割れた箇所や範囲などによっても変わりますが、単純にくっつけることで耐久性などは十分問題ないのか?といった疑問もでてくると思います。このページでは割れた瓦の補修方法や、それに関わる屋根工事についてご紹介いたします。

割れた瓦をくっつける補修方法

瓦が割れた場合どのような問題があるか?

 屋根を構成する中で、瓦は一番外側に設置されている材です。そのため、常に雨水にさらされるだけでなく、昼夜の温度差、夏場には70度から80度となりますが冬は氷点下まで下がります。このような過酷な環境下において、常にお住まいを守っているのが瓦です。もし瓦が割れた場合はどうなるのでしょうか?

・雨漏り

 まず割れた箇所から雨水が侵入し、雨漏りに発展する危険があります。これは割れたことで、すぐさま雨漏りするというよりも、瓦の下の防水紙が健全であればすぐ雨漏りすることはありません。しかし、経年によって防水紙に穴が空いていたり、瓦が割れた状態で長い時間が経つと、紫外線や水分の影響で防水紙が傷んでしまい、結果として雨漏りしてしまうことになります。

・小動物による被害

 瓦が割れると、その箇所から小動物が入り込んでしまう可能性があります。鳥が巣を作ってしまうとその糞尿によって木部が腐食したり、異臭などの被害を受けます。また、卵や雛がいる場合は容易に巣を撤去することができないため、雛が巣立つまで待つしかないといったことになります。

・割れた瓦のズレや落下

 瓦は釘で固定されているものもあれば、釘は使わず瓦同士が組み上がって固定されているものもあります。しかし、瓦が割れてしまった場合は固定力が弱くなり、容易にずれたり場合によっては落下する危険があります。

鳥の巣 瓦の割れ

 

割れた瓦の補修方法

・テーピング

 防水ブチルテープを使って仮補修することができます。粘着性のテープで割れた瓦をくっつけるのですが、接着面やテープを貼り付ける箇所を綺麗に清掃した上で行います。比較的割れた箇所がばらばらになっていない場合は有効ですが、割れた箇所や欠けが複数のかけらになっている場合は瓦自体の差し替えを行う必要があります。また、テープによる補修はあくまで仮補修ですので、将来的には瓦の交換が必要です。

・パテを使った補修

 割れた箇所にパテを塗って接着する補修方法です。接着面の油分や異物を取り除き、そこにパテを入れて綺麗に整えるような流れで補修します。接着面の状態が悪いことや、あまりにも欠けが細かく複数に割れてしまった場合は容易にくっつけることは難しいです。テーピング同様に耐久性は落ちるため長く安心してお過ごしいただく上で瓦の交換を検討する必要があります。

・瓦の差し替え

 瓦は製品によってサイズが違うため、同じ形状の瓦の入手ができれば割れてしまった瓦を交換することが可能です。作業自体は特別な技術は必要なく、インターネットなどの通販で瓦を販売しているところから購入すればDIYでも可能です。しかしそれは釘を使わない昔ながらの瓦の固定であればで、F形瓦や防災瓦など釘を使ったり、瓦同士が連結して設置するタイプの瓦の場合は専門店へ施工を依頼するようにしましょう。

割れた瓦 割れた瓦の差し替え

 

瓦のガイドライン工法

 瓦は2001年に地震などの自然災害から屋根を守るため、新たに設けられた施工方法がガイドライン工法です。今までは釘で瓦を固定する本数が4枚について1本で固定していたものが、ガイドライン工法では2枚で1本になりました。また、旨の施工方法は湿式工法といって、棟の土台に土を使って施工する方法から、土を使わない乾式工法へとガイドライン工法では変更されています。棟に土が使われなくなることで、屋根の重量が軽くなることは、地震の揺れによる振幅が小さくなり被害もそれだけ軽減します。また、固定用の釘の本数が増えたことでは地震の揺れによるズレだけでなく、台風などの強風でも飛散しにくい強い屋根になります。

ガイドライン工法によって湿式の棟を乾式に交換 ガイドライン工法によって湿式の棟を乾式に交換 施工完了

※ガイドライン工法によって湿式の棟から乾式の棟に変更した棟取り直し工事です

 

瓦の割れを見つけたら

 まずは屋根工事専門店に点検を依頼しましょう。調査によって割れの原因が判明したり、最適な工事方法などもはっきりします。ご注意いただくこととして、ご自分で屋根に上って確認することは落下の危険があるため控えるようにしましょう。また、屋根に上り確認してもご自分では問題に対処したり、原因などがわからない場合がほとんどですので、無理せず専門家に任せるようにしましょう。私達街の屋根やさんでは瓦の割れ1枚からでも無料での調査、お見積りを承っております。小さな工事でもお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2021年09月09日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上
瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上
 近年建築されている住宅をみていると、瓦屋根のお住まいをほとんど見かけなくなったとしみじみ思います。代わりに多くのお住まいで施工されているのはスレート屋根材や金属屋根材等、薄く軽量な屋根材ばかりです。これらは住宅の耐震性を高める為の施工だと言われていますね。しかし屋根材を軽くしただけで住宅の倒壊を免…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      現場ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる